ユーキャンの作りおき料理コーディネーター講座とは?メリットや特徴など解説

料理・調理
リズ
リズ

作りおき料理は、基本を学び応用を実践することで、時短や節約になり、自身や家族の生活を豊かにできます。

一人暮らしの方でも共働きの主婦の方でも、それぞれのライフスタイルに合わせた作りおき料理があり、活用方法は様々です。

今回は、ユーキャンの作りおき料理コーディネーター講座についてご紹介します。

料理の得意不徳に関わらず、この講座でスキルアップを図ることができるでしょう。

作りおき料理コーディネーターとは?

資格・講座名費用(税込)学習期間
作りおき料理コーディネーター32,000円3ヶ月
リズ
リズ

作りおき料理コーディネーターは、それぞれの暮らしに合わせた美味しい作りおき料理の知識や料理法を身につけ、生活に役立てるための資格です。

作りおき料理は、毎日の時短になるだけでなく、味を染み込ませることでより美味しく出来たり、お惣菜の購入や外食の頻度を減らして、節約や健康管理にもつなげられます。

この資格を得るための講座で、作りおき料理の調理の上手なコツや、保存方法と衛生管理の正しい知識を学ぶことができます。

また、この資格を得るまでの過程で、作りおき料理のレパートリーを増やすだけでなく、自分で新たな献立を考える力がつき、自身や家族の生活をより豊かにすることができるでしょう。

公式ページ
>>「ユーキャン」の公式サイトはこちら

 

作りおき料理コーディネーターを取得するメリットは?

時短・節約できる

リズ
リズ

作りおき料理によって、忙しい毎日のおかずが簡単に作れるため時短になります。

また、一度に大量に作りおきすることができるので節約にもなります。

例えば、スーパーマーケットなどで売られている食材は量が多く、一人暮らしの人が一人分の食事を作るのは難しいでしょう。

作りおき料理の知識によって食材が無駄になることが少なくなります。

共働きの家族なら、メインや副菜を事前に作りおきしておくことで、家事にかかる時間が減り、家族団らんの時間を多く持てます。

レパートリーが増える

リズ
リズ

作りおき料理コーディネーター講座のテキストの他に、サブテキストのレシピ集で様々な料理に挑戦できます。

作りおきというと野菜などの副菜が多くなりがちですが、こちらにはメインのお料理の作りおきも多く掲載されています。

出来上がったものを冷蔵・冷凍保存するほか、下味冷凍のように下ごしらえをしてあとは焼くだけの状態で保存をするなど、お料理に合わせて作りおきの方法が載っています。

さらにレシピ集だけでなく、講座を通して献立を考える力が生まれるので、自然とお料理のレパートリーが増えるでしょう。

安心な料理ができる

リズ
リズ

料理をする時間がなかったり面倒に感じたりすると、自然と外食が増えてしまうものです。

外食ではなくても、一人暮らしでコンビニ弁当や冷凍食品ばかり食べたり、「あと1品」のためにお惣菜を買ってしまったりと、自身や家族の健康に心配な状況があるかもしれません。

また、作りすぎた料理の衛生管理や保存方法を知らず、せっかく作ったお料理をだめにしてしまうこともあるでしょう。

作りおき料理コーディネーターの講座の中で、正しい衛生管理と保存方法を学んで、家族の健康を考えたメニューを食卓に並べることができるようになります。

講座の特徴は?

体系立てて学べるテキスト

リズ
リズ

テキストはフルカラーで、写真やイラストがたくさん使われているため、楽しんで理解しやすい作りです。

作りおき料理を初めて作る方にも、やさしい言葉で順序立てて説明されており、応用も載っているのでどんな方もスキルアップができます。

講座修了で資格取得

リズ
リズ

講座を受講期間内に受講して、添削課題を提出し、検定試験で基準点をクリアすれば、「作りおき料理コーディネーター」の資格が認定されます。

検定試験は自宅で自分のタイミングでチャレンジでき、試験の予約をして試験会場に出かける必要はありませんので、家事や育児で忙しい方にも安心です。

すぐに使えるレシピ集

リズ
リズ

サブテキストのレシピ集には、「あと1品」に便利な常備菜のほか、メインのおかず、おやつ、その他たれやドレッシングなどのレシピが載っています。

完成品は、冷蔵して冷たいまま、あるいは温めなおして食卓に出すだけなのでとても簡単ですし、半調理品のように下ごしらえだけしていつでも出来立てを食卓に出すことができます。

また、半調理品をアレンジして別の料理にすることも可能で、メニューの幅が広がります。

学習の流れは?

基本を学習

リズ
リズ

テキストで様々な種類の作りおき料理、保存方法のコツや食中毒予防のための衛生管理、お弁当への活用術など、「作りおき」の基本を身につけます。

副教材のDVDでは、作りおき料理のポイントが実演で解説されており、さらに受講期間中はスマホやタブレット、パソコンでも視聴可能なので、動画を見ながら作りおき料理に挑戦できます。

ムリなく実践

リズ
リズ

応用編のテキストで、栄養バランスのとり方や献立作りのコツを学びます。

食材別の保存方法や冷凍術なども習得でき、例えば「3日分」「5日分」といったように、ライフスタイルに合わせて作りおきが実践できるようになります。

また、お弁当や離れて暮らす家族への活用といった応用も可能です。

この講座の標準学習期間は3か月ですが、受講開始から最大6か月の間、すべての指導サービスが利用可能です。

1日の学習時間は20分ほどからで、スキマ時間を利用してムリなく学べるカリキュラムなので、忙しい方にも安心です。

添削課題に挑戦

リズ
リズ

ユーキャンの「作りおき料理コーディネーター」講座は、一般社団法人FLAネットワーク協会の認定講座です。

「作りおき料理コーディネーター」資格の試験実施団体でもあるため、受講期間内にこの講座のすべての添削課題を提出して、検定試験で合格できれば資格を取得できます。

学習の途中で分からないことがあったら、メールや郵送で気軽に質問でき、講師や指導スタッフが一人一人の質問に答えてくれます。

作りおき料理コーディネーターはこんな人におすすめ!

手間をかけずに自炊したい人

リズ
リズ

仕事や家事や育児など、毎日忙しい中でも、ちゃんと食卓を整えたいという方に向いています。

作りおき料理は調理時間を節約したうえでしっかりと栄養バランスがとれており、さらに生まれた時間で家族との団らんを楽しんだりと、自由な時間が増えてより豊かな生活を送れるようになります。

レパートリーを広げたい人

リズ
リズ

お料理は好きだし時間はあるけれど、お料理がマンネリ化気味だなと悩んでいる方にも向いていると言えます。

作りおき料理自体のレパートリーも増えますが、例えば半調理品の応用で、1つの半調理品を煮る・焼く・蒸すなど、3つのお料理に変身させることができます。

また、こういった経験から、思いつく献立のメニューの幅が広がることでしょう。

食に関わる仕事をしている人

リズ
リズ

お料理教室の講師の方や家事代行のように、一般の方向けに食に関わる仕事をしている方にも向いています。

実際に自分の仕事の中で、料理を提供する際のメニューを考えるのに役立つだけでなく、この講座を通して学んだ正しい知識を伝えることで、より適切なアドバイスができるようになります。

お料理教室では、お料理だけでなく正しい保存方法や衛生管理を座学として行っても役立ちます。

家事代行サービスでは、今日の夕飯の献立だけでなく明日からの作りおき料理を準備しておけば、利用者の方にとても喜んでもらえるでしょう。

作りおき料理で豊かな生活を

リズ
リズ

作りおき料理コーディネーターの講座で、作りおき料理に関する知識を得たり実践したりすることで、時短にもなりますし節約もできます。

スキマ時間で少しずつ学ぶことができるので忙しい人にも安心ですし、食に関わる仕事をしている人も今後の仕事に役立つ知識がたくさんあります。

今よりも豊かな生活を送りたい方は、作りおき料理コーディネーター講座を受講してみてはいかがでしょうか。

公式ページ
>>「ユーキャン」の公式サイトはこちら