【マクロビに関する資格】人気のおすすめ通信講座5選を特徴・費用から比較

食育

スキマ時間にストレッチや運動をしたり、脂肪分の低い食べ物を食べたりして、健康に配慮した生活を送っている方は少なくありません。

そんな健康に関わるものの一つに「マクロビオティック」というものがあります。

ここではマクロビオティックとは何か詳しく解説するとともに、関連する資格についてもいくつか紹介していきます。

マクロビオティックって?

マクロビオティックは、一言で表すなら「健康的な取り組み」を指す言葉で、よく「マクロビ」という略称で呼ばれています。

精進料理などが盛んだった日本発祥の言葉とされており、明治時代の医者が考案した食養生の一つです。

また、具体的な意味としては、大きく分けて”思想”と”食事法”の二通りの意味を持ちます。

それぞれの意味について、詳しく見ていきましょう。

思想におけるマクロビオティック

マクロビオティックには、食生活についての考え・思想が明確に定められています。

その思想においてキーワードとなるのが、身土不二・一物全体・陰陽調和という3つの四字熟語です。

まず身土不二は仏教用語の一つで、マクロビオティックでは「身体と地元(住んでいるところ)を切り離すことはできず、地元の食材を食べれば健康を保つことができる」という意味を持ちます。

要するに地産地消をすることで健康的な身体を築いていく考え方であり、マクロビオティックだけでなく、自然環境にも応用できる思想と言えます。

一物全体は、「一つの食材すべてを食べる・利用する」という意味です。

これはそのまま”食材を無駄にしない”との解釈もできますが、マクロビオティックでは「食べ物を丸ごと食べれば、エネルギーをバランスよく摂取できる」という考え方として伝えられています。

最後の陰陽調和は、東洋に伝わる伝統的な思想の一つです。

「地球ないし宇宙に存在する万物は陰と陽のエネルギーによって構成されている」という考え方で、マクロビオティックの場合はこれを食べ物に置き換えて考えていきます。

例えば、夏には冷えたスイカやかき氷などの冷たい食べ物が食べたくなったり、冬にはスープなど温かい食べ物を食べたくなりますよね。

これを陰陽調和を用いて説明すると、スイカなどの冷えた食べ物は”陰”、逆にスープなど温かい食べ物は”陽”と分けることができます。

これらの食べ物の”調和”を保つことがこの思想の本質で、わかりやすく言えば「陰と陽の中間にある食材を摂取しましょう」ということです。

どちらにも属さない中間的な食材のことを「中庸」と表現します。

食べ物の陰陽を記した表なども存在するので、詳しく知りたい方は調べてみるのも良いでしょう。

マクロビオティックの食事法

一般的にマクロビオティックと聞くと、どちらかと言えば”食事法”として認知している人も多いのではないでしょうか。

食事法と言っても明確な決まりなどはなく、前述した思想に準拠していれば、マクロビオティックにおいて正しい食事法だと言えます。

定番の食事法として挙げられるのが、「玄米・野菜を中心に食べる(玄米菜食)」というものです。

マクロビオティックでは基本的に肉やお菓子類は食べない方が良いとされており、”ヘルシーな食事”が理想となっています。

特に玄米は中庸に位置する食べ物で、マクロビオティック実践の初歩として玄米を推奨していることも珍しくありません。

元々は食養生に考案された思想ですから、健康的な食生活の構築と合わせて、肥満改善やダイエットなどを目的に始める方も多いです。

1. マクロビオティックセラピスト

スクール名金額(税込)学習期間
キャリカレ41,800円4ヶ月

一般財団法人JADPが認定する資格が「マクロビオティックセラピスト」です。

マクロビオティックに関する知識を証明する資格として代表的であり、キャリカレの講座を受講し学び終えた方に受験資格が与えられています。

マクロビオティックの思想は社会全体において応用できるものも多く、教室を開いたりレストランを開業したりする方も少なくありません。

また、健康的な食生活に関する知見を得られることから、福祉や医療などの業界でも活躍できます。

公式ページ お申込みをする前に!
>>『マクロビオティックセラピスト』の通信講座を資料請求する(無料)

 

2. マクロビオティックA級・S級

スクール名金額(税込)学習期間
たのまな198,000円12ヶ月

マクロビオティックA級・S級は、マクロビオティックに関する学習課程を示すための資格です。

国際食学協会の国際マクロビオティックアカデミーによって認定されている資格で、A級が入門、S級では専門課程の知識を得ることができます。

A級では基本的な知識・技術を学ぶことができ、マクロビオティック初学者の方でも安心して始められるようになっています。

一方でS級は、A級合格者に受験資格が与えられているもので、管理栄養士など”栄養のプロフェッショナル”と同等かそれ以上の知識・技術を習得することが可能です。

将来的に開業や食に関するプロを目指している方は、S級の取得をしておくのが良いでしょう。

公式ページ お申込みをする前に!
>>『マクロビオティックプログラム』の通信講座を資料請求する(無料)

 

3. マクロビオティックコンサルタント

スクール名金額(税込)学習期間
フォーミー33,000円1ヶ月

一般社団法人JAFA認定の資格が「マクロビオティックコンサルタント」です。

マクロビオティックの基礎知識をはじめ、陰陽調和など中核となる思想・理論についての知識を深めることができます。

マクロビオティックに関する知識を身につけたい方におすすめの資格だと言えます。

また、勉強はもちろん、受験もインターネットを通じて行えるため、時間の無い社会人でも余裕を持って資格取得を目指すことが可能です。

公式サイト
>>『マクロビオティックコンサルタント』の公式サイトはこちら

 

4. マクロビオティックマイスター

日本安全食料料理協会によって認定されている「マクロビオティックマイスター」は、マクロビオティックの中でもより実践的な内容への理解を示す資格です。

マクロビオティックの語源をはじめ、その歴史や特徴、実践時の注意点などを詳細に理解している必要があります。

マクロビオティックに留まらず、美容や健康に興味のある方からも人気の資格です。

受験資格などは特にないものの、出題される問題のレベルが少し高めなので、初学者がいきなり受験して簡単に合格できるものではありません。

受験するにしても、しっかりと試験対策を欠かさないようにしましょう。

公式サイト
>>『マクロビオティックマイスター』の公式サイトはこちら

 

5. マクロビソムリエ

マクロビオティックマイスターと同様、マクロビオティックの思想を実践的に活用するのが「マクロビソムリエ」という資格です。

日本インストラクター技術協会によって認定されており、マクロビオティックの知識のみならず「食事に実践できるレシピ」に関する理解度も求められる資格となっています。

マクロビソムリエでは具体的なマクロビオティック料理のレシピを知ることができるため、将来的に料理教室やレストランを開業したい方にとっては非常に有力な資格になると言えるでしょう。

また、在宅受験なので気軽に受験できるのもメリットです。

公式サイト
>>『マクロビソムリエ』の公式サイトはこちら

 

マクロビオティックの資格を取得してみよう

マクロビオティックは美容や健康、ダイエットなど身近な目的にも応用できる思想です。

専門的な資格も複数存在しており、同時に試験対策の勉強ができる通信講座・スクールも多くあります。

そのため、初学者の方でもマクロビオティックとは何かを手軽に勉強することが可能です。

勉強した後はそのまま資格を取得し、マクロビオティックの講座や料理教室などを始めてみるのも良いでしょう。

人気の食育資格ランキング

食育インストラクター

服部幸應先生が監修

・服部幸應先生が監修
・分かりやすいDVD教材
・子供の食生活に活用できる
講座料金:39,900円(税込)
食育アドバイザー

食育を初めて学ぶ人向け

・1日わずか15分の学習!
・手軽に作れる人気のレシピ集
・食育学を総合的に学べる
講座料金:39,600円(税込)
食生活アドバイザー

人気のある食育資格

・食育の基礎を幅広く学べる
・日常生活にすぐ活かせる
・多くの有名人が取得している
講座料金:39,000円(税込)