上級食育アドバイザーとは?資格の取得方法・特徴・おすすめな人など

食育

健康な毎日のために欠かせない体調管理。

運動をしたり、睡眠を改善したりと方法はたくさんありますが、その中でも食事は特に重要だと言えるでしょう。

そんな食事の大切さを、栄養や食材の成分などの知識をもって伝えていけるのが上級食育アドバイザーという資格です。

子どもの健やかな成長からお年寄りの元気な毎日まで、あらゆる年代をサポートできます。

この記事では、近年注目の集まる上級食育アドバイザーの資格について解説していきます。

上級食育アドバイザーとは?

上級食育アドバイザー資格取得講座
スクール名キャリカレ
目指せる資格上級食育アドバイザー
料金(税込)28,600円
(分割 月々1,380円〜)
学習期間3ヶ月
学習方法テキスト・映像講義・添削課題
試験会場在宅
資格試験筆記試験
難易度2.5

上級食育アドバイザーとは、端的に表現するなら「食育の専門家」と言えるでしょう。

そもそも食育とは、健全な食生活を送るための知識と、バランスの良い食を選択する力を育むことです。

さまざまな食べ物が溢れている現代ですが、知識がなかったり、外食で済ませようとすると栄養素の偏った食事になってしまいます。

そんな食生活を長く続けると、健康を害してしまう可能性もあるでしょう。

そこで、専門的な栄養学の知識を持ち、食育について人々にわかりやすく伝えるスキルを持つ上級食育アドバイザーの出番です。

食育の推進担当として、子どもからお年寄りまで幅広い年代に食の大切さを伝える役割を期待されています。

資格の取得後は、個人でセミナーの開催や料理教室の開講など、さまざまなフィールドで活躍できるでしょう。

公式ページ お申込みをする前に!
>>「上級食育アドバイザー」の通信講座を資料請求する(無料)

 

学習するメリットは?

年代別の食事について理解できる

当然のことですが、健康に過ごすために必要な食事や栄養は、成長ステージや年代により大きく異なります。

それぞれの年代ごとに適した食事を学ぶことができるので、バランスを考えた食卓メニューを組み立てられることはもちろん、外食をする際のメニュー選定の指針にもなるでしょう。

まずは、自分と家族の健康を食事でサポートできます。

症状に合わせた食事の知識が身につく

風邪をひいたときや季節の変わり目での体調不良など、何を食べたら良いのか悩むこともあると思います。

上級食育アドバイザーを学習すれば、こうした際の適切な食事の知識も身につきます。

栄養のある食事を正しく取ると、体の不調も早く取り除くことができるでしょう。

栄養の知識も習得できる

上級食育アドバイザーは、食育アドバイザーよりも専門的な栄養学を学べます。

そのため、三大栄養素や五大栄養素などの基礎理論が理解できるだけでなく、人に細かく教えることもできるようになるのです。

科学的な根拠に基づいていますから、もちろん説得力も抜群。

セミナーや料理教室などを開講する知識を習得できますよ。

食の大切さがわかる

毎日3食食べていると、その大切さやありがたみは薄れてしまいがちです。

しかし、食事は健康に長生きするために欠かせないものです。

知識をつけていくうちに、「食べたものが自分の体をつくっている」ということを改めて実感できるでしょう。

食材選びの観点も変わってくるはずです。

講座の特徴は?

3ヶ月で身につく

上級食育アドバイザーの資格取得には専門的な栄養学の知識が必要となります。

かなり難しそうな学習内容に思えますが、効率を考えて組まれたカリキュラムにより3ヶ月で修了が可能です。

まとまった学習時間の確保が難しい人や、とにかく早く専門スキルを身につけたい人にもピッタリの講座となっています。

理解しやすいテキスト

3ヶ月で修了できるといっても、教材の内容が難解ではなかなか学習も進まないものです。

しかし本講座のテキストには、サクサク理解が進む工夫が散りばめられています。

専門用語は読みやすい文章とイラストを駆使して解説されており、調理テクニックもポイントごとに写真がついていて実践も安心です。

はじめての方でも、抵抗なくスラスラ学ぶことができるでしょう。

スマホから質問できる

対面での講座ではない分、学習中のサポートも充実しています。

わからないことが出てきたら、スマホで専任講師に質問が可能です。

手軽かつスムーズに解決できるので、学習が滞ることもありません。

疑問をしっかりつぶして、安心して学習を進められますよ。

学習のカリキュラムは?

栄養学を学ぶ

まずはじめの1ヶ月で、すべての土台となる食の基礎理論について学んでいきます。

三大栄養素をはじめ、摂取エネルギーの適量や年代ごとに適した栄養、消化や吸収といったからだの働きまで網羅したカリキュラムです。

バランスの良い食事を考案するための基本を理解しましょう。

症状に合わせた栄養の取り方を学ぶ

2ヶ月目は、初月よりも細かな内容を学んで実践力を磨いていきます。

食材や食品ごとに含まれる栄養やその効能、病気の症状にあわせた栄養摂取など、イベントの際に人に教えたり、質問に答えたりすることを想定したカリキュラムとなります。

食育活動のノウハウを学ぶ

3ヶ月目は、今まで学んだ知識を使った応用編となり、実際にアドバイザーとして活躍するために必要な知識を習得していきます。

具体的には、企画の立て方や集客方法、季節に合わせた食事などのイベント開催におけるノウハウなどが中心です。

食育の推進を担うアドバイザーとして活躍するための、最後の仕上げとなります。

こんな人におすすめ!

食べることが好き

食に関心があり、楽しく食事ができる人なら、無理なく学習できるでしょう。

より専門的な知識を身につけることで、食品の美味しさの秘密や季節に適した料理などがわかり、自分の食の世界が広がります。

取得後も、日々の生活にずっと活かせる資格です。

人と話すことが好き

上級食育アドバイザーは、学んだ知識を活かし、食の大切さを人々に伝えていく役割も期待されています。

そのため、人と話すことや誰かに教えることが好きな人であれば、取得後もセミナー開催や料理教室などを開いて活躍できるでしょう。

資格を活かして仕事をしたいと考えている

上級食育アドバイザーは、食育のプロを証明する資格です。

この資格を持っていることで、転職や独立・開業にも役立つでしょう。

カリキュラムにはイベント開催のノウハウ学習も組み込まれていますので、将来のために活かしたい、手に職をつけたいという人にもおすすめです。

上級食育アドバイザーに関連する食育の資格は?

食育アドバイザー

食育アドバイザー資格取得講座
スクール名キャリカレ
目指せる資格食育アドバイザー
料金(税込)28,600円
(分割 月々1,380円〜)
学習期間3ヶ月
学習方法テキスト・映像講義・添削課題
試験会場在宅
資格試験筆記試験
難易度2.0

食育アドバイザーの資格の特徴は?

食育アドバイザーは、食育に関しての知識はもちろんですが、健康な体のために適している栄養バランス、安全な食材の見分け方など、家庭での食事にすぐに活かすことができる資格です。

同じ食育関係の食育インストラクターの資格とは違い、階級がないため食の資格への挑戦が初めてという人も気軽にチャレンジできる資格です。

食育アドバイザーが取得できる通信講座は?

食育アドバイザーの取得には、キャリカレの通信講座がおすすめです。

食育アドバイザーの指定講座となっているため、修了すれば受験が認められます。

キャリカレ独自のカリキュラムで、効率よく学習ができ、なんと最短3ヶ月での修了が可能です。

テキストはフルカラーなので、食べ物のことをよりわかりやすく学ぶことができます。

映像では魚の目利きなど、実際に見てみないとわかりにくいようなことが学べ、すぐに実践して生活に活かすことができます。

専属サポーターがついており、何度も無料でアドバイスを受けることができます。

身近に感じられるので、とても頼もしい存在になります。

3ヶ月で修了する必要はなく、最大700日受講できるので、自分のペースで取得が目指せます。

公式ページ お申込みをする前に!
>>「食育アドバイザー」の通信講座を資料請求する(無料)

 

食育インストラクター

食育インストラクター養成講座
スクール名がくぶん
目指せる資格食育インストラクター
料金(税込)39,900円
(分割 月々3,500円〜)
学習期間6ヶ月
学習方法テキスト・映像講義・添削課題
試験会場在宅
資格試験課題提出
難易度2.0

食育インストラクターの資格の特徴は?

そもそも食育とは、食に関する知識を教育し、広めていくことです。

食育を受けることで、健康に合っている食べ物を選ぶことができるようになり、健全かつ健康な食生活を送ることができるようになります。

また、人が知識を得たり道徳を学んだりする場合、その大前提として健康であることが大切です。

そのため、食育は知育・徳育・体育の基礎となっています。

食育インストラクターとは、食に関しての知識を正しく持ち、広めていき、調理現場でのリーダーシップを取ることができるようになる指導者の資格です。

5つの階級に分かれており、そのうち一番下のプライマリーは在宅で取得することが可能です。

4級からは、会場で試験を受ける必要があります。

食育インストラクターが取得できる通信講座は?

食育インストラクターの通信講座のおすすめは、がくぶんが実施している「食育インストラクター養成講座」です。

推進校の認定があるので、資格取得に直結していることも魅力

服部幸應氏が監修・指導をしており、栄養に関することはもちろんですが、マナーや文化など、食に関するあらゆることを学ぶことができます。

テキストでの学習や個別の添削を受けることもでき、ドラマ仕立てになっているDVDでわかりやすい学習ができます。

講座を通して学んだ知識をすぐ活かすことができるレシピがついてくるのも嬉しいですね。

公式ページ お申込みをする前に!
>>「食育インストラクター」の通信講座を資料請求する(無料)

 

食生活アドバイザー

食生活アドバイザー講座
スクール名ユーキャン
目指せる資格食生活アドバイザー
料金(税込)39,000円
(分割 月々3,300円〜)
学習期間4ヶ月
学習方法テキスト・添削課題
試験会場全国主要都市に設置
資格試験筆記試験
難易度3.0

食生活アドバイザーの資格の特徴は?

健康に過ごすためには、食生活の改善はもちろんですが、生活リズムなどもトータルで見直す必要があります。

そのためのアドバイスができるのが食生活アドバイザーです。

ダイエットや肥満など、食に関する悩みがある人に助言をすることもできる資格です。

食を安全や消費など色々な面から見つめ、より健康に過ごすための方法を学習します。

各世代に合った栄養を考えた料理ができるようになるので、仕事はもちろん、実生活で実践できることも多いです。

2級と3級があり、同時受験も可能です。

学習すると、食をもっと楽しめることができるようになります。

ここがポイント!

※食生活アドバイザーは在宅では資格を取得できません。

食生活アドバイザーを学習できる通信講座は?

食生活アドバイザーの取得には、ユーキャンの通信講座がおすすめです。

初心者でもわかりやすいと評判のメインテキストは2冊で完結するようになっており、4ヶ月で2級・3級の同時受験が可能です。

ちょっとしたスキマ時間を利用して勉強できるような副教材や、講師に分からないところを質問できるサービス、パソコン・スマホでできるWebテストなど、学習を続けやすい工夫が満載です。

4ヶ月でできなくても、12ヶ月はサービスを受けられるので、自分のペースで進めることができるのも魅力です。

公式ページ お申込みをする前に!
>>「食生活アドバイザー」の通信講座を資料請求する(無料)

 

食育メニュープランナー

食育メニュープランナー養成講座
スクール名たのまな
目指せる資格食育メニュープランナー
料金(税込)22,000円
学習期間6ヶ月
学習方法テキスト・添削課題
試験会場在宅
資格試験レポート提出
難易度2.0

食育メニュープランナーの資格の特徴は?

子どもたちへの食育はもちろんですが、高齢化社会となっている現在、

  • 生活習慣病
  • メタボリックシンドロームのための対策
  • アンチエイジング・美容

などの分野でも、改善の第一歩となるのが食です。

そのため、確実な知識がある食のスペシャリストが必要となっています。

それが食育メニュープランナーです。

食育メニュープランナーが取得できる通信講座は?

食育メニュープランナーの資格取得におすすめなのは、ヒューマンアカデミーのたのまな講座です。

この講座では、栄養学や食文化はもちろんですが、調理法や食育メニューの勉強まで幅広い食の学習をすることが可能です。

プロの知識・技術を身に着けることができるので、管理栄養士・調理師などの国家資格を持つ人のスキルアップにも繋がりますし、普段の生活の食をもっとよくしたいと考えている人にもおすすめの講座です。

公式ページ お申込みをする前に!
>>「食育メニュープランナー」の通信講座を資料請求する(無料)

 

食の知識を伝え、人々の健康を守る資格

上級食育アドバイザーは、高度な専門知識を活かし、食の大切さを人に伝えることのできる資格です。

学んだことは自分のスキルアップのためだけでなく、周囲の人々やこれからの社会を担う子どもたちのためにもなります。

そういった意味で、社会的に意義のある資格と言えるでしょう。

今後もますます注目される食について、この機会に詳しく学んでみてはいかがでしょうか。

まずは資料請求から!

資格講座の資料を取り寄せてみませんか?

資格・通信講座のサイトから資料を取り寄せることが可能です。

実際に合うか合わないかを確認する方法として、それぞれの講座を資料請求して比較することをオススメしています。

講座を申し込む前に、まずは自分に合うかどうかを確認してみてはいかがでしょうか?

資料請求ページ お申込みをする前に!
>>「食育」に関する通信講座を一括で資料請求する(無料)