維持費や更新料が必要ない食育の資格はあるのでしょうか?【知恵袋】

食育

食育の資格を取得した後、維持費や更新料が必要な場合はあるのでしょうか?

リズ
リズ

実際、ほとんどの資格が維持費・更新料が必要ありません。

今回は、『維持費や更新料が必要ない食育の資格はありますか?』という質問に対して、費用がかかる資格かからない資格を紹介します。

質問内容:「維持費や更新料が必要ない食育の資格はあるのでしょうか?」の回答

維持費・更新料が必要ない資格

リズ
リズ

初心者におすすめの食育に関する資格としては、食育インストラクター・食育アドバイザー・食育メニュープランナーなどが挙げられます。

この3つの資格については取得後に維持費などの費用が発生することはありませんので、安心して資格習得にチャレンジしてみてください。

ここがポイント!

いずれもNPO法人や財団法人が主催する資格で、通信講座の終了後に申請または自宅で試験を受けることにより、それぞれの資格取得が可能です。

取得のために必要な費用は通信講座の受講費用が20,000円~49,680円、資格認定または資格試験のための費用が3,000円~12,000円となっています。

食育アドバイザーとは?資格の取得方法・講座の内容・受講者の声など紹介
毎日の食事は、健康な体を作るために欠かせないものです。それは大人も子供も同じこと。食育とは、食事を通して感謝の心を忘れないようにすることであったり、マナーを守ったりと学ぶことがたくさんあります。そんな食育に関する、食育アドバイザーという資格が話題になっているのをご存知でしょうか?そこで今回の記事では、食育アドバイザーの資格について、分かりやすく解説していきます。
食育インストラクターって?資格・難易度・通信講座の特徴・受講者の声など解説
食育インストラクターは、メディアで人気の服部幸應先生が監修をしている講座です。食育アドバイザーと同じくらい有名な食育資格なので、初めて食育を学ぶ人にとってはオススメの講座。また、料理研究家で人気の和田明日香さんも取得していることでも有名です。
食育メニュープランナーの資格って?講座内容・費用・活躍できる場面など。
食育メニュープランナーは、ヒューマンアカデミー『たのまな』の初心者向け食育講座です。費用が安いので、食育を学ぼうと考えている人にはオススメの通信講座でしょう。こちらの記事では、『講座内容』『6つの学習ステップ』『活躍できる場面』を紹介していきます。

維持費・更新料が必要な資格

リズ
リズ

維持費・更新料が必要な資格としては、フードアナリストが挙げられます。

フードアナリストはお店の内装やサービス、料理などを適切に評価する資格であり、タレントの真鍋かをりさんが取得したことでも有名です。

フードサービスの分析や評価を行うスペシャリスト資格として1級から4級までが設定されており、養成講座または通信講座の受講後に試験に合格することで取得できます。

ただし、日本フードアナリスト協会への登録入会金として16,200円、また年会費として10,800円の支払いが必要になりますので、取得した知識を仕事に活用したい人などには、おすすめの資格だと言えるでしょう。

まずは資料請求から!

資格講座の資料を取り寄せてみませんか?

資格・通信講座のサイトから資料を取り寄せることが可能です。

実際に合うか合わないかを確認する方法として、それぞれの講座を資料請求して比較することをオススメしています。

リズ
リズ

講座を申し込む前に、まずは自分に合うかどうかを確認してみてはいかがでしょうか?

資料請求ページ お申込みをする前に!
>>「食育アドバイザー」の通信講座を資料請求する(無料)

>>「食育インストラクター」の通信講座を資料請求する(無料)

>>「食生活アドバイザー」の通信講座を資料請求する(無料)

>>「食育メニュープランナー」の通信講座を資料請求する(無料)