Tech Kids Schoolの継続学習コースとは?特徴・カリキュラムなど

プログラマーの需要が高まっていることもあり、プログラマーを育成するスクールも増えています。

将来ゲーム開発を行うプログラマーに憧れる子供も多くなっているので、プログラミングスクールに通わせようか悩んでいる親御さんもいるのではないでしょうか。

今回は人気のプログラミングスクール、Tech Kids Schoolの継続学習コースについてご紹介していきます。

Tech Kids Schoolとは?

Tech Kids Schoolは、2013年に設立されたプログラミングスクールです。

小学生にプログラミング学習の機会を提供しており、これまでに3万人以上の生徒を指導してきた実績があります。

教えているのは、プログラミングの知識や技術だけではありません。

表現力や設計力などを身に付けられるカリキュラムを組み、様々な分野で活躍できる人材の育成に力を入れています。

 

Tech Kids Schoolのコースの特徴は?

IT企業が運営

Tech Kids Schoolは、IT企業が運営するプログラミングスクールです。

スマートフォン向けのゲームや様々なインターネットサービスを開発するサイバーエージェント社が運営しているため、現場でも通用する本格的なプログラミングスキルを身に付けることができます。

プログラミングに馴染みのない小学生向けの初歩的な内容を学べるコースから、C#やSwiftなど現場でも使用される本格的なプログラミング言語を学べるコースまで用意されています。

本格的なスキルを学べる

ゲームやアプリを開発する時は、様々なプログラミング言語やツールが用いられます。

授業ではプロも使用しているプログラミング言語やツールが用いられるため、本格的なスキルが身につくでしょう。

実績も豊富

Tech Kids Schoolは、様々なプログラミングコンテストで表彰されるほどの生徒を輩出してきた実績があります。

卒業生の中には、社会課題を解決するための実用システムを開発している方や有名企業のCEOが絶賛したプログラマーもいます。

ただプログラミングスキルを学ぶだけではなく、将来様々な分野で活躍できる力を身に付けることができるスクールです。

Tech Kids Schoolの学習のカリキュラムは?

エントリーステージ

エントリーステージは、小学1年生を対象としたカリキュラムです。

パソコンを扱ったことがない子供でも、操作に慣れながらプログラミング学習を始めるための基礎力を磨ける内容になっています。

学習で使われるScratchというツールはプログラミング言語を用いる必要がないため、初心者でも無理なく学習を進められるでしょう。

様々な色のブロックを組み合わせてプログラミングを行うツールとなっており、知識がなくても楽しみながらプログラミングがどういうものかを学べます。

ジュニアステージ

ジュニアステージは小学2年生を対象としたカリキュラムで、QUREOというツールを使用しながら学習を進めていきます。

QUREOはプログラミング言語を使わずにゲーム制作ができるツールで、ゲーム開発を行いながら実践的なプログラミング能力を身に付けることができます。

プログラミングの基礎知識だけではなく、ゲーム開発を進めるために必要な様々な能力を身に付けていくカリキュラムです。

300以上のオンラインレッスンが付属されていますので、授業の復習や予習を自宅で行うことができます。

ファーストステージ

ファーストステージは小学3年生以上を対象としたカリキュラムで、QUREOを用いてプログラミングスキルを学んでいきます。

ジュニアステージと同じツールを使用したカリキュラムですが、小学3年生以上が対象でより実践的な内容となっています。

プログラマーは自分のアイデアを実現するために何が必要になるのか、論理的に考える力が必要です。

QUREOを使ってゲーム制作を行いながら、自分が作りたいと思うゲームのアイデアを実現するための力を身に付けることができます。

セカンドステージ

セカンドステージは、ファーストステージを受講した生徒を対象にしたカリキュラムです。

iPhoneのアプリ開発とUnityを学ぶコースに分かれています。

iPhoneコースでは、iPhoneアプリを開発する時に必要になるXcodeというツールが用いられます。

XcodeはAppleが開発したツールで、Swiftというプログラミング言語を用いてiPhone用のアプリを開発することができます。

実際にアプリを開発しながら、本格的なプログラミング言語を学習するコースです。

Unityコースは、3Dゲームを開発するために必要になるUnityというツールとC#というプログラミング言語を学習するコースとなっています。

3次元での重力の影響、物の動き、衝突判定などの物理演算に関することも学習できます。

UnityとC#を扱えるようになれば、クオリティの高いゲームを開発できるようになるでしょう。

Tech Kids Schoolのコースの費用は?

Tech Kids Schoolは、1回120分間の授業を月3回行っています。

受講にかかる費用は、教材費が月2,200円(税込)、受講料が月20,900円(税込)です。

パソコンを持っていない人にはレンタルも行っており、月4,400円(税込)で借りることができます。

支払いはクレジットカード決済のみの対応です。

Tech Kids Schoolはこんな人におすすめ!

ゲーム開発に携わりたい子供

将来はプログラマーになって、色々なゲームを開発したいと思っているお子さんにおすすめのスクールです。

Tech Kids Schoolは、ゲーム開発の現場で使われているツールやプログラミング言語を学ぶことができるコースが豊富に用意されています。

SwiftやC#などゲームやアプリの開発に欠かせないプログラミング言語を用い、自分で実際にゲームを開発しながらスキルを身に付けることが可能です。

ゲーム開発がどういうものなのか、どんなスキルが必要になるのかを授業を通して知ることができます。

基礎知識はもちろん、実践的なことも学べるカリキュラムですから、将来プログラマーになるための本格的なスキルを身に付けられるでしょう。

子供のスキルを磨きたい人

子供に様々な分野で活躍できるスキルを身に付けさせたいと考えている親御さんにもおすすめのスクールです。

プログラミングのスキルは、ゲーム開発だけではなく様々な分野で役立ちます。

スマホやパソコンが普及し、アプリは身近なものになりました。

ゲームはもちろん、手軽にお買い物ができるアプリや役立つ情報を提供してくれるアプリなど、様々なアプリが開発されています。

アプリは生活に欠かせないものになっていますので、アプリ開発を行うためのスキルを身に付けておけば将来きっと役に立つでしょう。

自宅でプログラミングを学ばせたい人

自宅でもプログラミングスキルを学ばせたいという方にもおすすめです。

Tech Kids Schoolはスクールでの授業だけではなく、オンライン学習システムも導入しています。

自宅での予習や復習はもちろん、解説動画を見ながら子供が1人で学習を進めることができます。

周りの生徒を気にすることなく、自分のペースで学習を進められるのは大きな魅力です。

授業で開発しているゲームをUSBメモリーに保存して持ち帰り、自宅で開発を続けることもできますよ。

本格的なプログラミングを学びたい人におすすめのスクール!

Tech Kids Schoolは、本格的なプログラミングスキルを学ぶことができるスクールです。

プロの現場でも使用されるツールやプログラミング言語を用いた実践的なカリキュラムが組まれています。

大手のIT企業、サイバーエージェント社が運営の信頼できるスクールですから、ぜひ子供にプログラミングスキルを学ばせてみてはいかがでしょうか。