Scratch(スクラッチ)って?出来ること・学べること・評判など解説!

2020年からプログラミングが小学校の必修科目となり、教育機関や保護者からも注目を集めています。

そんな中でも特に知名度の高いプログラミングの一つがScratchで、プログラミングの基礎を理解するために塾で学ぶのはもちろん、授業に取り入れている小学校も数多くあります。

今回の記事では、そんなScratchの特徴やできることなどについて紹介していきます。

Scratchとは?

Scratchはアメリカのマサチューセッツ工科大学で開発されたプログラミング言語です。

8~16歳向けにデザインされたプログラミングということもあり、スクリプトを組んでプログラムを実行するだけでなく、視認性の高いGUIを使って様々なことができる点が大きな特徴となっています。

ここがポイント!

Scratchは初心者でも挑戦しやすいように、命令文が書かれているブロックをつなげていくだけでプログラミングができるようになっています。

ブロックの順番を変えたり、ブロックに書かれた命令をより複雑に制御できるように設定したり、新しいブロックを追加したりすることでプログラミングの書き換えができるため、制作や修正が容易です。

作ったプログラミングはすぐに動かすことができるため、失敗した部分を即座に見つけ、修正することができます。

ブロックに書かれている言語も日本語なのでわかりやすく、考えていた通りに実際に動くのか確認もしやすいため、パズルをしている感覚でプログラミングのセンスが身につくでしょう。

すぐにプログラミングを試せるように様々な素材が同梱されているので、アニメーションやプレゼンテーション、ストーリー、ゲームなどをブロックを組み合わせるだけで作り上げていくことが可能です。

 

Scratchって簡単なの?

プログラミングというと、馴染みのない言語をテキストで打ち込んでいくというイメージを持たれがちですが、Scratchは元々小学生以上の子供を対象として作られたこともあり、見た目も操作もわかりやすい点が魅力です。

命令や複雑な指示は一つずつカラフルなブロックに記されており、それをドラッグアンドドロップする(マウス等で引っ張ってつなぐ)ことにより、プログラミングを行います。

ブロックは指示する種類によって8色に色分けされて、ジグソーパズルのように形が決まっており、命令文として意味を成す組み合わせでなければつなげることができません。

そのため、文法や階層を意識することなくプログラミングができます。

ひらがなばかりの指示語にすることもできるため、漢字が読めない小さい年齢の内からプログラミングに挑戦することも可能です。

このブロックで、動きや見た目、音、ペン、制御、調べる、演算、変数を指示することで、簡単にプログラミングが行えます。

ボタン一つでデバッグモードが開いて動作確認ができるため、分からないなりにいじってみることでどんどんプログラミングの基礎が身につきます。

Scratchは複雑な制御もできるように多くの機能が用意されていて、ブロック遊びの感覚で試行錯誤をしながらいろいろなものを作成可能です。

思ったように動作しなかったときにはプログラミングをバグフィックス(修正)しなければなりませんが、一文字ずつ綴りや文法を調べなければならないスクリプトとは異なり、ブロックの差し替えだけで事足ります。

作成中のミスを少なくしつつ、修正も簡単に行えるという点で、初心者にもやさしいプログラミングです。

Scratchで出来ることは?

Scratchは、使い方次第で様々なことができます。

例えば、スプライトというキャラクターや道具の絵柄や音声ファイルを用意し、スプライトを動かして音を流せばアニメーションやゲームの作成が可能です。

スプライトは自分で作ることもできますし、配布されているファイルやScratchに付属しているファイルを使うこともできます。

画面やメッセージをクリック、または時間差で自動的に変更することにより、プレゼンテーションやストーリーの表現をすることも可能です。

さらに、Scratchの公式サイトでは、自分が作った作品を公開することもできます。

オンラインでつながっているユーザーがその作品を見たり動かしたりして評価や意見をすることで、さらに洗練されたプログラミングができるようになるでしょう。

また、このサイトではリミックスツリーと言って、あるユーザーが作った作品を改造してアップロードできるようになっています。

多くのユーザーが手を入れることで、自分では思いつかなかったアイデアを得られることも少なくありません。

Scratchで学べることは?

Scratchは遊び感覚でプログラミングをすることで、フローチャートの考え方や論理的思考力が自然に身につきます。

そして、ブロックを利用したプログラミングで物足りなくなったら、より複雑な指示が出せるスクリプトによるプログラミングへと移行できるため、文法や階層も意識できるようになります。

プログラミング言語はいくつもありますが、これらの能力や知識は他の言語でも共通して役立つものです。

スクリプトを見るとプログラミングでよく使われる英単語も自然と身について行きますので、語彙も広がります。

段階を踏んでより高度なプログラミングに挑戦する過程で、創造力や問題解決力も養われるでしょう。

Scratchの評判は?

Scratchは世界各国で使用されていますし、国内でも多くの子供がゲームやアニメーションづくりを楽しんでいます。

実際にScratchに触れた子供たちの意見を見ると、簡単なプログラミングから始められるので達成感を得られやすく、さらにリミックスツリーなどで多くのユーザーと意見交換ができるため、楽しみながらプログラミングを学んでいるケースが多く見つかります。

頑張って作成した作品を高く評価されるとモチベーションの向上にもつながりますし、意見や評価を見るとさらに完成度の高い作品を作ろうと発奮するものです。

ツールそのものだけでなく、ユーザー同士の交流がしやすい点も利用者から高評価です。

一方、他のユーザーの作品を見て学べる点も評判が良い一因となっています。

プログラミングの基礎を学んでも、一から自分で何かを作ろうとするとどのように指示を出せばよいのか思いつかないものです。

リミックスツリーではソースそのものが公開されているため、気になる作品を見て学ぶことで、プログラミングのセンスを養うことができます。

Scratchがおすすめな子供は?

Scratchはパズル感覚でプログラミングができるため、興味があるならば幅広い年代の子供におすすめできます。

プログラミング経験がなくても、ゲームやアニメーションづくりに興味を持っているなら挑戦してみるとよいでしょう。

すでにプログラミングをある程度理解しており、自分のスキルをもっと磨きたいという子供には、リミックスツリーを利用した意見交換がぴったりです。

インストールさえ済ませればオフラインでもプログラミングができますし、知名度の高い言語で調べればいくらでも情報が手に入りますので、興味はあるけど習い事として通うことができない人独学でプログラミングに挑戦してみたい人も是非試してみましょう。

まとめ

このように、Scratchは始めやすさと機能性の高さ、使い勝手の良さなどのバランスが優れており、子供から大人まで楽しくプログラミングをすることができる言語です。

利用者が多く汎用性が高いので情報が集めやすく、ブロックを使ったプログラミングに飽きたらスクリプトに挑戦することもできるなど、長く使い続けられる点も魅力です。