ほめ育てアドバイザーとは?資格の取得方法・特徴・料金など

育児

子どもは、叱って育てるよりもほめて育てるのが良いとされています。

ですが、正しくほめないと自己肯定感を高めるどころか我儘を助長してしまいます。

そこで役立つので、ほめ育てアドバイザーという資格です。

ここでは、ほめ育てアドバイザーの特徴や資格取得方法などについて詳しくご紹介します。

ほめ育てアドバイザーとは?

資格・講座名金額(税込)学習期間
ほめ育てアドバイザー39,600円3ヶ月

ほめ育てアドバイザーは、ポジティブな思考の子どもに育てるための叱り方やほめ方を実践するスペシャリストです。

単にほめて甘やかすのではなく、子どもが間違ったことをした時には適切に対処します。

マニュアル通りのほめ方や叱り方ではなく、子ども一人一人の個性に合わせた適切な声掛けを行い、個性を伸ばせるのが特徴です。

適切に対処することで、子どもの行動を変えることもできます。

また、ママさんにも寄り添い、前向きで自己肯定感のある楽しい育児が行えるようアドバイスします。

公式ページ お申込みをする前に!
>>「ほめ育てアドバイザー」の通信講座を資料請求する(無料)

 

学習するメリットは?

ほめ育てアドバイザーの学習をするメリットは色々ありますが、その中でも次の3つが代表的です。

子どもが前向きになる

ほめ育てアドバイザーの学習では、テストで100点を取ったという結果を褒めるのではなく、毎日コツコツ勉強して問題を解けるようになったという工程をほめることを学びます。

そのため、努力が認められたことにより子どもが「もっと頑張ろう」とモチベーションを高め、前向きに考えられるようになるでしょう。

また、努力が良い結果に結びついたことから自己肯定感が増し、自分を好きになることができます。

このように、子どもがポジティブになれる育児ができるようになるのがメリットです。

子どもに協調性が備わる

ほめ育てアドバイザーの学習では、子どもを尊重することを学びます。

その結果、子どもは認められたという感覚を得られ、ルールに則った模範的な行動ができるようになるでしょう。

そして、柔らかい言葉で話す、怒鳴らないなど、大人自身がお手本となるべき言動を心がけるよう学ぶため、子どももそれを真似て敵対心のない協調性のある子どもに育ちます。

子育てを楽しめるようになる

ほめ育てアドバイザーの学習をすると、状況に合わせてどのように対処すればよいのかわかるため、育児に対する不安がなくなります。

ほめ方に迷いがなくなりますので、コミュニケーションが上手にでき、子育てを楽しめるようになるのがメリットです。

講座の特徴は?

キャリカレのほめ育てアドバイザー講座は、初めての人でも学びやすいよう色々な工夫が凝らされています。

その中でも、次の3つが主要な特徴になります。

効率的なカリキュラム

ほめ育てアドバイザー講座は、まずは教材や映像講義で学び、次に重要項目を専用ノートに書きだし、確認問題を解くという3つの工程で進めていくのが特徴です。

インプット・アウトプット・知識の定着という効率的なカリキュラムなので、着実に知識を身につけることができます。

スラスラ学べる教材

ほめ育てアドバイザー講座の教材は、リアリティのあるモデルファミリーを題材にしていますので、共感性が高く内容がより頭の中に入りやすくなっています。

難しい心理学用語や専門的な内容もわかりやすく解説されていますので、育児や心理学などの予備知識がなくても理解できます。

また、映像講義もテキストと連動しているため、わかりにくい部分は映像講義を見て理解できるでしょう。

知識だけでなくアドバイスの方法なども学べる教材となっていますので、アドバイザーとしての知識も培うことができます。

質問は何度でも無料

テキストや映像講義でわからない箇所は、専任講師に質問することが可能です。

質問の回数は制限されていないため、些細なことでも納得できるまで質問できます。

スマホから簡単に質問できるので、スピーディーに疑問を解決できるでしょう。

他にも、専任講師からの応援メールが届くなど、学習のモチベーションを保つためのサポートも行われています。

学習のカリキュラムは?

ほめ育てアドバイザー講座の学習のカリキュラムは、1日20分の学習で3ヶ月で修了できるように組まれています。

しかし、最長700日まで無料サポートを行っていますので、必ずしも3ヶ月で修了しなければいけないわけではありません。

自分のペースで学習することができるので安心ですね。

ほめ方のポイントを学ぶ

1ヶ月目は、自我に働きかけるほめ方を学びます。

心理学理論のほか、ポジティブな言葉を使う、子ども自身を丸ごとほめるなど、ほめ方のメソッドが学習内容です。

1ヶ月目はほめ育ての基礎として、子どもと自分自身の心やほめ方のメソッドを理解することを目指します。

場面に応じた手法を身につける

2ヶ月目は、行動に働きかけるほめ方を学びます。

正の強化を活用して良い行動を引き出したり、目標行動に近づけるためにタイミングよくほめたり、叱る時のコツなどを学習します。

声掛けの内容やタイミングを考慮し、適切なほめ育てができることを目指していきましょう。

年齢や性格に合わせた声かけを習得する

3ヶ月目は、年齢や家庭環境などに合わせた適切なほめ方、叱り方、励まし方の学習です。

また、困った時の向き合い方のほか、アドバイザーとしての心得も学習します。

全てのカリキュラムを修了すると、ほめ育てアドバイザーの資格試験を受けることができます。

こんな人におすすめ!

出産予定・育児中の人

ほめ育てアドバイザー講座に向いている人は、妊娠中、育児中、もしくはこれから子どもを持ちたいと考えている人です。

子どもが自己肯定感を高め、自分らしく振舞えるような育児ができますので、初めての子育てに不安を感じている人も自信を持てるようになります。

教育現場で働いている人

幼稚園や保育園など、子どもの教育現場で働いている人にもおすすめです。

ほめ育てアドバイザーの資格は、幼児教育分野においてアドバンテージとなります。

就職や転職が有利になるほか、キャリアアップにも利用することができるでしょう。

アドバイザーとして活動したい人

また、子育てのアドバイザーとしてキャリアをスタートさせたい人にもおすすめです。

ほめ育てアドバイザーという肩書を活かして、育児中の人に向けてセミナーを開いたり、講演を行うこともできます。

子どもの良い気質を伸ばそう

ほめ育てアドバイザーの講座は、ママさんにとって道標となる様々な知識が学べます。

通信講座ですから、子育て中の人も仕事がある人もスキマ時間を活用して学習可能です。

子どもの良い気質を伸ばしたい、問題行動を起こした時に適切な対処がしたいという人は受講してみてはいかがでしょうか。

公式ページ お申込みをする前に!
>>「ほめ育てアドバイザー」の通信講座を資料請求する(無料)