知育レクリエーションインストラクターとは?資格の取得方法・特徴・料金など

育児

子どもの成長をサポートする資格に、知育レクリエーションインストラクターというものがあります。

子どもにとって遊びであるレクリエーションを通じて、様々な分野の成長を促す専門家です。

ここでは、知育レクリエーションインストラクターの資格について、特徴や取得方法、取得するのにかかる料金を確認していきましょう。

知育レクリエーションとは?

資格・講座名金額(税込)学習期間
知育レクリエーションインストラクター42,900円3ヶ月

知育レクリエーションとは、子どもの知性と感性を成長させるための教育です。

子どもが大人になるために必要とされる、社会性や課題を解決する能力を高めることを目的とします。

幼児教室や受験で必要とされる学力にはあまり重点を置いていないのも特徴で、あくまでも人としての成長を促すことが目的です。

そして、知育レクリエーションインストラクターは、幼児期の能力や指導に関する知識を持ち、子どもが大人になるための土台を築くサポートを行う際に活かせる資格です。

公式ページ お申込みをする前に!
>>「知育レクリエーションインストラクター」の通信講座を資料請求する(無料)

 

学習するメリットは?

知育レクリエーションを学ぶと、子どもの知育に貢献できるようになります。

特に言葉や形、常識など、5つの要素に関する子どもの能力を高められる可能性が高いです。

そして、特別な道具や場所が必要ないレクリエーションを習得することができます。

したがって、身の回りにある道具や環境を活用して、手軽かつ効率的に子どもの成長をサポートできるようになれるのがメリットです。

講座の特徴は?

1日2ページで身につく

キャリカレの知育レクリエーションインストラクター講座のカリキュラムは、実践に必要な知識と技術が凝縮された仕様となっています。

そして、知育に関する基礎から実践、応用に至るまでを順序良く学んでいくことができます。

初めは基礎から学んでいくため、知育に関する知識が全くない人でも問題はありません。

標準的な学習期間はおよそ3ヶ月が目安ですが、必要な情報が厳選されているため、1日2ページの学習を続けるだけで身に付きます。

そのため、一度に大量の学習をするのが苦手な人や、忙しくて学習時間があまり確保できない人でも続けやすいでしょう。

初学者にもわかりやすい教材

講座で使用するテキストは、幼児教育や知育レクリエーションの基本など、幅広い内容が学べるような内容となっています。

そして、概論と詳細の2部で構成されていて、最初に概論で全体を把握してから詳しく学んでいく形です。

まず概論で自身が理解できない部分を把握してから、詳細でそれを解決するという流れになるため、より深い理解がしやすいでしょう。

また、基本的には文章で記載されていますが、必要に応じてイラストや写真も使われるため、初心者の人でもわかりやすい工夫がされています。

さらに、詳しい実践法を把握した方が良い部分はスマートフォンを使って動画で確認することも可能です。

テキストにはスマートフォンで読み取れるアイコンが記載されていて、わからない部分があれば専用アプリで読み取ることですぐに質問することができます。

親の疑問や悩みを解決できる

知育レクリエーションでは、健全な成長をサポートするために子どもに向き合うことが大切です。

しかし、それだけではなく、親と向き合うことも重要視されます。

キャリカレの講座では、副教材を使用して、親と共有すべきことや親と向き合うための方法を学ぶことも可能です。

学んだ知識を活かして、親によくある疑問や悩みを解決したり、家庭をより良い方向に導いたりするインストラクターを目指すこともできるでしょう。

学習のカリキュラムは?

考え方を学ぶ

1ヶ月目では、まず知育レクリエーションの基礎となる考え方を知っていきます。

現代の教育環境は具体的にどのようになっているのかといったことから、幼児期の教育の重要性に至るまで、知育に関する幅広い知識を習得可能です。

知育のために大人ができることや、どのような計画を立てるとより効果的な知育ができるのかといったことがわかるようになるでしょう。

レクリエーションを実践する

1ヶ月目で基礎を学んだら、2ヶ月目では具体的に実践するレクリエーションの方法を学習します。

ものの名前を覚えるための復唱トレーニングや、図形を把握する目的で記号の書き取りをさせるといった方法です。

全部で6つのステップに分かれていますが、基本的に身近にあるものを活用するだけで実践できるレクリエーションとなっています。

そのため、家庭や教育現場など、色々な場所で実践することもそう難しくはありません。

応用スキルを身につける

3ヶ月目では、身に付けた基礎と実践力を応用する方法を学んでいきます。

基本的には、屋外に出て実践するものと季節に合わせたレクリエーションの2通りです。

屋外のレクリエーションでは、感受性を高めるために立ち止まって周囲を確認する散歩法や、セミを使って好奇心を高めるための方法などを学びます。

季節のレクリエーションはお月見やお正月といったイベントに関するものです。

3ヶ月のカリキュラムを修了すると、知育レクリエーションインストラクターの試験を受けることになりますが、試験は在宅でも受けられます。

こんな人におすすめ!

幼児教育に携わりたい人

知育レクリエーションで学んだ内容は、主に教育現場で活用することができます。

そのため、将来的に幼児教育の仕事に就きたいと思っている人や知育教室の開校を考えている人におすすめと言えるでしょう。

また、親のサポートを行うための内容もカリキュラムに含まれているため、直接子どもに関わるのではなく、セミナーなど親を通じて間接的に知育サポートを行いたい人にも向いています。

さらに、すでに保育所など知育に携われる環境にいる人にもおすすめです。

講座で子どものことをより深く理解できるようになると、知育環境で発生した問題解決に繋がることもあるでしょう。

自分の子どもの教育に活かしたい人

知育レクリエーションに関する知識や技術は教育現場だけでなく、日常生活でも活用可能です。

そのため、自身の子どもの感性と知性をレクリエーションによって高めたいという人にもおすすめです。

基本的にレクリエーションの効果は幼児期に期待できるものですので、タイミングが合わなかったということにならないよう、早めに資格を取得しておくことをおすすめします。

幼児教育の専門家に

適切な大人のサポートは、子どもの健全な成長を促します。

そして、幼児期の知育は将来的な成長の基礎を作れる可能性が高いため、幼い内に知性や感性を高めておくことは非常に大切です。

幼児教育の専門家になりたいのであれば、知育レクリエーションインストラクターの資格取得を考えてみてはいかがでしょうか。

公式ページ お申込みをする前に!
>>「知育レクリエーションインストラクター」の通信講座を資料請求する(無料)