児童英語インストラクターとは?資格の取得方法・学習するメリットなどを紹介

育児

現代の日本では、公立小学校での英語授業必修化を始めとして、子どもの内から英語を学ばせることが重要視されています。

そんな子どもの英語教育に携われる資格として、児童英語インストラクターというものがあります。

では、その児童英語インストラクターの具体的な特徴や、資格取得のためにかかる費用、学習するメリットなどを確認していきましょう。

児童英語インストラクターとは?

資格・講座名費用(税込)学習期間
児童英語インストラクター49,500円4ヶ月

児童英語インストラクターは、幼児から小学生までの子どもを対象に英語を教える専門家です。

英語教育に限らず、児童教育の知識やスキルも持っているのが特徴で、子どもの興味を引き出しながら指導をすることができます。

そんな児童英語インストラクターの資格を取得するためには、指定されたカリキュラムを修了した上で、試験に合格する必要があります。

キャリカレの講座は指定カリキュラムに該当しているので、この講座を受講すれば最短4ヶ月で受験資格を得ることが可能です。

資料請求ページ お申込みをする前に!
>>「児童英語インストラクター」の通信講座を資料請求する(無料)

 

学習するメリットは?

子どもの教育に役立つ

児童英語インストラクターの講座で習得した知識やスキルを活用すると、子どもに英語の基礎や実践力を身に付けさせることができます。

学習カリキュラムには、子どもに英語への興味を持たせる指導方法も含まれるため、子どもに英語学習が楽しいと感じさせることもできるでしょう。

そんな児童英語インストラクターのノウハウは、自身の子どもが園児や小学生だった場合、家庭で英語を教える際に活かせます。

他にも、自身の子どもだけでなく、友人や親戚の子どもに英語教育ができる機会があるかもしれません。

仕事に活かせる

児童英語インストラクターの資格は、子ども向けの英語教室で活用することが可能です。

子どもに英語を教えるのは誰でもできることではないため、英語教育と児童教育の両方を学んだ児童英語インストラクターは重宝されるでしょう。

また、資格を活かして、自ら英語教室を開校するという手もあります。

もちろん英語教室以外でも、子ども向けの英語教材を作っているメーカーや、児童英語を専門的に取り扱っている出版社でも活かせるかもしれません。

そんな幅広い仕事で活用できる点が、児童英語インストラクターのメリットです。

講座の特徴は?

初学者でも無理なく学べる

児童英語インストラクターの講座は、英語教育に関する知識が全くない人でも、無理なく受けられるように工夫してあります。

使用するテキストは、イラストが積極的に使用されています。

英語教育でネックとなりがちな発音も、イラストを参考にすることで学びやすくなるのです。

テキストでは、子どもの年齢に合わせた指導法から、具体的なトレーニング方法に至るまで、細かく解説されています。

そんな内容を順を追って習得していくことで、最終的には色々な指導スタイルが身に付くでしょう。

映像講義でスキルも身につく

児童英語インストラクターの講座では、テキストだけでなく、映像による講義も受けられます。

テキストごとに付属するDVDには、学年に応じた4つのレッスンを現役講師が実演している様子が収録されています。

実際に指導しているところを見ることで、自身が指導するイメージもわきやすいでしょう。

また、英語学習では正確な発音を教えることが大切です。

DVDにはその発音を教える際に活用できる、フォニックスという学習法も収録されています。

アメリカやイギリスの教育現場でも使われているフォニックスを習得できると、効率的に発音を教教えられるでしょう。

さらに、子どもが楽しく学ぶための歌であるチャンツも収録されています。

レッスンプランももらえる

児童英語インストラクターの講座では、全部で10回の添削指導が受けられます。

そして、添削を提出するたびにレッスンプランがもらえます。

レッスンプランには、具体的な指導内容や使用する道具などが細かく記載されているため、資格取得後に実際に英語の指導をする際に、そのまま使用することが可能です。

自身でレッスンプランを作成する場合でも、参考になるでしょう。

学習のカリキュラムは?

基礎を学ぶ

1ヶ月目ではまず、児童に英語教育を行うための基礎学習です。

児童英語インストラクターとして欠かせない最低限の知識を始めとして、理想とする英語講師像や、小学校で行われている英語教育の実情も学びます。

また、フォニックスや文法など、一部の学習法も1ヶ月目で習得していきます。

語彙について学ぶ

普段英語にあまり触れることがない子どもは、英語の語彙がほとんどありません。

そのため、まずは身近な出来事を英語で表現し、語彙を増やせるようにトレーニングさせることが大切です。

児童英語インストラクター講座の2ヶ月目では、その語彙力アップトレーニングの方法を習得していきます。

日本語をそのまま英語に言い換えるだけでなく、アルファベットから語彙を思い浮かべたり、連想ゲームで語彙を増やしたりする方法が身に付く内容です。

パラフレーズを習得する

英語の中には、子どもには理解しにくい表現もあります。

そのため、講師がわかりやすい言葉に言い換えてあげることが大切です。

その言い換えをパラフレーズと呼び、児童英語インストラクター講座の3ヶ月目で習得していきます。

テクニックを身につける

最後の4ヶ月目では、子どもに英語指導をするためのテクニックを習得します。

基本的には、子どもを飽きさせることなく学習を継続し、楽しませるためのテクニックです。

DVDに収録されているチャンツを学習に取り入れる方法もここで身に付けます。

また、学習する状況がしっかり設定できているかを確認するミニテストが実施されます。

そうして、全部で4ヶ月のカリキュラムを修了すれば、児童英語インストラクターの資格試験が受けられるようになるのです。

キャリカレは協会から認定を受けているため、カリキュラムを修了さえしていれば、在宅で試験を受けられます。

こんな人におすすめ!

自分の子供に英語を教えたい人

児童英語インストラクターの資格は、自身の子どもに英語を教えたいと考えている人におすすめです。

将来的に子どもが高い英語力を身に付けるために役立つでしょう。

また、講座で楽しく効率的に学習する方法を身に付けておけば、小さな子供でも飽きずに取り組めるはずです。

英語教育に携わりたい人

そして、仕事として英語教育に携わりたいという人にもおすすめできます。

児童英語インストラクターで身に付けた知識やスキルは、英語教室を始めとする幅広い場面で活用することが可能です。

また、活用できるのは教育現場だけに留まらないため、単純に子どもと英語の両方に携わる仕事がしたいという人も、取得を考えてみても良いかもしれません。

子どもの英語教育に役立つ

子どもの吸収力は非常に高いため、効率的に英語を学ばせるのであれば、子どもの内から英語教育を始めることが望ましいです。

そして、児童英語インストラクターの資格は、その子どもの英語教育に活かせます。

英語教育に携わりたい、自身の子どもの英語力を高めたいと考えている人は、児童英語インストラクターの資格取得を考えてみましょう。

資料請求ページ お申込みをする前に!
>>「児童英語インストラクター」の通信講座を資料請求する(無料)