conecoとは?子供用GPSの機能・conecoの特徴・口コミなど紹介

当記事はPR広告が含まれております

小学生になると学校への登下校など子供だけで行動する機会が増えるため、子供用GPSを持たせようと考える親御さんも多いでしょう。

しかし、GPSにも色々な種類があり、どれが良いのか判断するのが難しいですよね。

ここでは、子供用GPSとして評価の高いconecoの機能や特徴などについて詳しくご紹介しますので、選ぶ時の参考にしてください。

本記事に関する補足

・本記事はManapが独自で制作したものですが、当サイトを経由してサービスの利用があった場合、掲載企業から紹介手数料を受け取ることがあります。ただし、紹介手数料の有無が本記事の順位や内容に影響を与えることはありません。また、コンテンツ制作については、コンテンツ編集ポリシーに沿って、読者の皆様に役立つ情報提供を心がけております。

conecoとは?

形式携帯型
更新頻度最短1分
子供からの通知機能あり
バッテリー容量620mAh
防水性能IPX3
通信エリアDocomoLTE
初期費用19,800円(税込)
月額利用料480円(税込)
※契約当月は無料
2年利用した場合の想定費用30,840円(税込)

conecoは、カー用品の製造・販売事業を展開する株式会社カーメイトが販売している子供用GPSです。

子供用GPSであることから携帯性にも考慮し、GPS端末本体は縦4センチ×横10センチほどの小型になっています。

カバンのフックに引っかけたり、ポケットの中に入れたりなどして、小さな子供でも負担なく持ち運ぶことができます。

使用する利点としては、スマホ画面から子供の居場所を簡単に知り、行動を見守れることがあげられます。

子供が使用することを考慮して、GPS本体には非発火型バッテリーが使用されているため安心して持たせることができます。

また、生活防水仕様となっており、少しぐらい水に濡れても壊れません。

シンプルで扱いやすいデザインなので、未就学児でも簡単に使いこなすことができます。

 

conecoの機能は?

メッセージ機能

conecoの優れた機能としては、メッセージ機能があげられます。

子供の位置情報を受信するだけでなく、お互いにメッセージを送信することもできるため、双方向のコミュニケーションを取ることができます。

スマートフォンから親がメッセージを送ると子供が受け取り、登録した定型文を選び返信して意思の疎通を図ることができます。

スマートフォンを持たせなくても、お迎えが遅れるなど必要なメッセージが送れるので便利です。

位置情報探索

conecoは子供が現在どこにいるのかというリアルタイムの位置情報が分かるだけでなく、どういう経路でそこにたどり着いたのかも知ることができます。

過去の移動履歴も記録されているため、逐一チェックしていなくても子供の行動パターンを把握することができます。

最長1年前まで遡って確認できるなど、位置情報記録の保有期間が一般的な子供用GPSよりも長めに設定されているのも魅力です。

エリア通知

自宅や学校、習い事など事前にエリアを設定しておけば、そのエリアに到着したらスマートフォンに通知が届くシステムとなっています。

学校に到着した、習い事に到着したなどとわかるため、無事に目的地に着いたかヤキモキする必要もありません。

また、アプリを開けていなくても、エリア通知は受信できます。

のりもの通知

電車やバスなどの乗り物に乗った際にも、親のスマートフォンに通知が届くシステムが確立されています。

徒歩から乗り物移動になった時は「乗り物で移動しています」というメッセージが送られてくるため、乗り遅れずに電車/バスに乗れたことを確認できます。

conecoの特徴は?

複数人で利用可能

一般的な子供用GPSは、見守りができるのは1人までというものが多くなります。

しかし、conecoは最大4人で見守ることができるため、両親だけでなく祖父母や兄弟など家族全員で子供の居場所を把握することができます。

4人全員がメッセージの送受信ができるので、家族で分担して子供の行動を見守ることが可能です。

キャリアの縛りなし

conecoは、キャリアの縛りなく利用できるのも特徴です。

Android搭載スマートフォンとiPhoneのどちらにも対応しているので、GPSサービスを利用するためにキャリアを変更する必要もありません。

ただし、対応機種はiOS11以上、Android6.0以上となっているため、スマートフォンのモデルによっては使用できないこともあります。

conecoを購入する前に事前確認しておきましょう。

アップデートにも対応

conecoは新しい機能が追加されたり、改善されたりするなど、常に進化を続けています。

しかし、アップデートをするだけでそれらの機能を使えるようになるため、新機能が追加されるたびに新しく端末本体を購入し直す必要もありません。

一度購入すると、新機能をアップデートしながら長く使うことができます。

conecoの微妙なところは?

本体価格が高い

conecoの微妙なところとしては、本体価格が高めであることがあげられます。

位置情報を確認できるだけのシンプルなGPSではなく、メッセージの送受信ができるためどうしても値段設定が高くなってしまうのです。

子供からも定型文でメッセージが送れるよう、本体に選択ボタンや送信ボタンなどが搭載されているのも価格が高くなっている理由です。

利用休止ができない

また、夏休みなどで1ヶ月ほどGPSを使わない場合でも、休会することができないのも微妙なところとしてあげられます。

一時的であっても使用をストップする場合は退会するしかありませんが、再開する場合は同じ端末の再使用はできず、新規で購入することになります。

短期間の休止なら退会して端末本体を再購入するよりも、休止期間中のサービス料金を払い続ける方がお得です。

バッテリー持ちは短め

そのほか、バッテリーの持続期間が短めであるのも微妙な点としてあげられます。

メッセージの送受信の回数や位置情報の更新間隔によっても異なりますが、平均して4日に1度のペースで充電が必要です。

シンプルな機能の子供用GPSの場合、1ヶ月に1回程度の充電で良いものもあるので、少し面倒に感じるかもしれません。

conecoの料金体系は?

conecoの料金体系は、GPS端末本体の購入とサービス料金になります。

GPS本体は19,800円(税込)で、サービス料金の月額は480円(税込)です。

GPS端末本体はカーメイトの公式オンラインストアのほか、楽天やAMAZON、PayPayモールなど主要なオンラインショッピングサイトで購入することができます。

サービス料金はクレジットカードでの決済となり、Visa、MasterCard、JCBなど主要なカードに対応しています。

conecoの口コミは?

お迎えが遅くなった時に連絡できて助かります。また、急にお願いしたい事をメッセージできるので便利です。
1年生の娘が一人でバスに乗ってスイミングスクールへ通う際に、バス内で寂しくないようにメッセージのやりとりでコミュニケーションをとっています。『音が出るからお友達に見られるんだよな〜』と言いつつも、嬉しそうにしています。親も子も、確かな安心材料になっています。
習い事がいつ終わるか分からないので、買い物に出かけると、習い事が先に終わってしまい、子供を待たせてしまうことが多くありました。子供からメッセージを送ってもらえると車を路駐することなく子供を乗せられるので便利だと感じています。

https://www.carmate.jp/coneco/

conecoはこんな親子におすすめ!

conecoはメッセージの送受信ができるため、単に位置情報を知るだけでなく子供と相互コミュニケーションが取れるGPSを求めている人におすすめです。

スマートフォンを持たせなくても、簡単なメッセージを送り定型文から返事が得られるので便利です。

また、GPSを長期的に使いたい人にもおすすめです。

conecoは機能性が高く本体も高めの価格設定となっていますが、アップデートしながら常に最新機能で使い続けることができます。

そのため、2年以上の長期で使用したい人に向いているでしょう。

その他のおすすめ子供用GPSは?

soranome

形式携帯型
更新頻度最短1.5分
子供からの通知機能あり
バッテリー容量700mAh(最長1週間)
防水性能IP55
通信エリアDocomo4G/LTE
初期費用初期事務手数料:3,300円(税込)
端末代金(一括):9,020円(税込)
端末代金(分割):605円(税込)×24回
※2022年4月現在
月額利用料539円(税込)
2年利用した場合の想定費用25,256円〜(税込)

「soranome」は株式会社グローバルコネクションが提供している子供用GPS端末です。

39gの端末は防水機能に加え、最大1週間持続するバッテリーを搭載。

カラーバリエーションも4色用意され、子供の好みに合わせることが可能です。

さらに端末には「SOSボタン」が搭載され、3秒長押しするか5秒以内に3回押すことでSOS通知を行いますので、緊急時の場合にも安心です。

また「soranome」はスマートフォン1台で最大4つの端末を登録できます。

加えて子供が塾などの指定したエリア進入時の通知も10件登録できます。

したがって「soranome」は子供が多い家庭や習い事が多い家庭に最適な端末です。

 

まとめ

conecoは親が子供の位置情報を確認するだけでなく、メッセージを送ったり受け取ったりしてコミュニケーションを取ることもできます。

小さいうちからスマホを持たせるのは賛否両論ありますが、メッセージ送受信機能付きのGPSなら、スマホを持たせずとも必要な情報を伝えることができます。

小さい子供がいるなら、conecoを活用してみてはいかがでしょうか。