シニアピアカウンセラーとは?講座の特徴・学習のカリキュラム・おすすめな人は?

介護福祉

コミュニケーションの基本は会話です。

しかし相手のことを深く理解するためには、相手の属性や年齢に合わせた聞き方を意識する必要があります。

高齢化社会の日本で、高齢者に寄り添い心の内を聞くスペシャリストとして注目されているのが、シニアピアカウンセラーと呼ばれる人達。

その資格を持っている人達は、どのようなことをしているのでしょうか。

シニアピアカウンセラーって?

スクール名金額(税込)学習期間
キャリカレ39,600円3ヶ月

シニアピアカウンセラーは、高齢者との関わり方や会話の仕方に関するスキルを持った、傾聴のスペシャリストです。

傾聴とは、ただ話を聞くのではなく、耳、目、心を傾けて、真摯な姿勢で相手の話を聴くコミュニケーション技法のことを指します。

特に高齢者を対象としているシニアピアカウンセラーは、これからの高齢化社会に必要な人材として注目されているのです。

高齢者の孤独を癒す

シニアピアカウンセラーが使っているのが、シニアピアカウンセリング(高齢者傾聴)と呼ばれる技法です。

約30年前に生まれた比較的新しい技法で、日本でも近年注目されるようになってきました。

このシニアピアカウンセリングは、高齢者が陥りやすい「孤独」を癒やすことに重点を置いています。

高齢化と核家族化が進んだ結果、日本では急速に独居老人が増え、孤独に悩む高齢者が増えているのです。

一人暮らしをしていれば当然誰かと話をする機会は減り、高齢者は孤独と不安を抱えることになります。

家族と同居していても孤独とは縁を切れないケースも多く、世代の違いから悩みや不安を理解してもらえず、かえって孤立感を深めてしまうことも多いです。

会話スキルが重要

孤独を抱える高齢者にとって、「話を聴いてもらう」ことは非常に大切な行為です。

傾聴ボランティアという存在や、介護サービスに「お話相手」というメニューが含まれていることからも、如何に重要なのかが分かります。

また、高齢者の中には認知症を患っている人もおり、そうした人と適切なコミュニケーションを取るにはきちんとした会話スキルが必要になります。

そのスキルが、シニアピアカウンセリングなのです。

公式ページ お申込みをする前に!
>>「シニアピアカウンセラー」の講座を資料請求する(無料)

 

学習するメリットは?

高齢者との信頼関係を築ける

孤独感が強い高齢者は、心が通じ気持ちを聴いてもらえる人との会話を求めています。

講座で学んだスキルを活かして会話することができれば、相手はなかなか明かせなかった胸の内や悩みを打ち明けることができるでしょう。

そうすれば、高齢者側は自然と安心感や満足感を抱くようになります。

そうした中でコミュニケーションを続け、相手の気持ちを理解することができれば、しっかりとした信頼関係を築くことができるのです。

誰とでもコミュニケーションが取れるようになる

この講座では、

  • 話し相手を無条件に受け入れ本人の人格を本質的に認める「受容」
  • 積極的な姿勢で話を聴き相手の気持ちを理解する「傾聴」
  • 話し手の気持ちを自分も感じる「共感」

の三つを基本とした傾聴技術を身に付けることができます。

この基本的な技術は、いろいろな年代の人とのコミュニケーションに活かすことができます。

高齢者だけに限らず、誰とでも円滑なコミュニケーションを取れるようになるのです。

介護や医療の現場で武器になる

高齢者と関わる機会の多い人にとって、高齢者と適切にコミュニケーションが取れるスキルは非常に有用です。

親族の介護をしている人や、介護や医療の現場で働いている人にとって、シニアピアカウンセリングの技術は非常に役立つことでしょう。

もちろん、仕事に活かす場合はスキルアップにも繋がります。

講座の特徴は?

わずか3ヶ月で知識が身に付く

どんなに熱意があっても、学習期間が長くなるとどうしても続けていくのが難しくなるもの。

この講座では、3ヶ月という短期間でスキルを身につけることができます。

仕事が忙しい人や、1から勉強を始めるという人でも、無理なく学習を進めていくことができるでしょう。

わかりやすさにこだわった教材

「単に話を聴くだけ」と考えがちですが、シニアピアカウンセリングの学習内容には専門的な内容も多く出てきます。

専門知識に翻弄されて学習が進まなければ元も子もありません。

しかしキャリカレでは、「わかりやすい」を大切に開発されたテキストと映像講義で、しっかり理解を深めていくことが可能です。

スマホを使った質問システムなど、分からない点を解消する仕組みもしっかり備わっています。

実習で実践力も付けられる

どんなに机の上で勉強しても、本当にスキルが身に付いているのか不安になってくるものです。

講座では実践力を身につけることにも力を入れており、高齢者の相談に返事を書くという形で業務を体験できる実習が用意されています。

実習内容は、経験豊富なプロのカウンセラーが徹底的にチェック指導してくれるため、現場で活かせる実践力を身につけることができます。

学習のカリキュラムは?

基本技能を理解する

まずは最初の1〜2ヶ月を使って、シニアピアカウンセリングの基本的な知識と技能を学びます。

「聞く」ことと「傾聴」は何が違うのか、コミュニケーションや関係作りにおいてどのような技術が必要なのかなどを、良い例・悪い例の双方から身につけていきましょう。

実践力を修得する

最後の3ヶ月目では、実践力を伸ばしていくことになります。

介護の現場でよく見られる会話例を見ながら、適切な対応方法や声のかけ方、表情や声のトーンなどを修得しましょう。

また、いろいろな事例を知ることで、高齢者の置かれている現状や陥りやすい問題を理解し、現場に立ったとき瞬時に判断するためのスキルも身につけていきます。

こんな人におすすめ!

介護の現場で働いている人

シニアピアカウンセラーは、介護の現場で働いている人におすすめの資格です。

例えば老人ホームは、自宅での生活が困難な人を対象にしている施設で、介護需要が多くあります。

そこで暮らす人と家族のように心を通わせることができれば、相手の不安を解消し生活を豊かなものにすることができるでしょう。

もちろん、デイサービスを利用している人や、自宅で介護を受けている人とのコミュニケーションにも役立ちます。

自宅介護の場合、高齢者本人だけではなく家族の信頼も得ることで、よりよいサービスを提供することができるようになるのです。

医療の現場で働いている人

医療の現場で働いている人にもおすすめの資格です。

病気を抱えている人は、健康な人よりも心の問題を抱えやすくなります。

そうした不安に理解を示し話を聴くことで、相手の心の負担を軽くすることができるのです。

いろいろな悩みを聴いてもらうことで、将来に前向きになり治療に積極的に取り組めるようになるでしょう。

これからの社会に必要とされる技能

シニアピアカウンセラーは、高齢者とのコミュニケーションに関するスペシャリストです。

不安や孤独を抱える高齢者の話を聴き心に寄り添うことで、相手を癒やすことができます。

介護や医療の現場で、今後ますます活躍していくことでしょう。

公式ページ お申込みをする前に!
>>「シニアピアカウンセラー」の講座を資料請求する(無料)