介護レクインストラクター®&認知症予防レクインストラクターとは?

介護福祉

介護レクインストラクターや認知症予防レクインストラクターという資格をご存知でしょうか。

高齢者が楽しみながら生活の質を向上できるよう、サポートすることができる資格です。

ここでは、介護レクインストラクターと認知症予防レクインストラクターについてご紹介していきます。

介護レク&認知症予防レクとは?

資格・講座名金額(税込)学習期間
介護レクインストラクター&認知症予防レクインストラクター31,900円3ヶ月

介護レクリエーションとは?

年齢を重ねるにつれて体が動かしにくくなることで、できることが減り、人生の楽しみが減ってしまうと感じてしまう方は少なくありません。

できることが減ってきた中でも、高齢者の生活における楽しみや意欲を引き出すための活動をするのが介護レクリエーションです。

「体に不自由な面があってもやりたい」という意欲を叶えるためのサポートを行い、年齢を重ねても自分らしく過ごせるよう支援しています。

認知症予防レクとは?

認知症予防レクとは、名前からもわかる通り、認知症を予防しながら実施するレクリエーションのことです。

介護レクリエーションの中でも、認知症予防に特化することで、やりたいことを楽しみながら認知症にかかりにくい環境を作っていくことに繋げます。

体の状態によってできることには違いがありますので、高齢者の状態に合わせた活動ができるようにサポートするのも介護レクリエーションにおける大切な役割の1つです。

公式ページ お申込みをする前に!
>>「介護レクインストラクター&認知症予防レクインストラクター」の通信講座を資料請求する(無料)

 

学習するメリットは?

すぐに現場で役立つ

介護の職場で働いているとき、レクリエーションの時間に何をしたらいいのかわからず困ってしまう方は多くいます。

しかし、介護レクリエーションを学ぶことで、レクの内容に困るという心配を減らせるでしょう。

レクの目的や効果を理解することで、状況に合わせてさまざまなレクリエーションを提案できるようになります。

目的別や効果に合わせたレクの知識は、すぐに介護の現場で役立つでしょう。

高齢者と円滑なコミュニケーションが取れる

介護の職場で働いている方の中には、高齢者とのコミュニケーションがうまくいかないと悩んでいる方もいるでしょう。

この講座では、高齢者の体調や感情など、さまざまな状況について学ぶことができます。

学んだ知識を活かすことで、高齢者の状況に合わせた会話がしやすくなるでしょう。

円滑なコミュニケーションで高齢者の心をつかむことで、介護の仕事が今よりも楽しめるようになるかもしれません。

さまざまなタイプの高齢者がいますから、相手に合わせた対応ができるように知識を得ましょう。

自分自身の評価アップにつながる

介護レクリエーションや認知症予防レクリエーションは、スキルを持っている介護スタッフの数がまだ多くありません。

これから注目されている資格であっても、まだまだ広がっていないのが現状です。

そのような環境の中で資格を取得しておくと、周りのスタッフから頼られて職場における自分自身の評価アップにも繋がります。

評価がアップすることで給料がアップする可能性もありますので、収入を増やしたい場合にもおすすめです。

講座の特徴は?

1日20分で学べる

キャリカレの講座の特徴の1つが、短い時間でも学習可能だという点です。

働きながら学習をしたい場合、まとまった勉強時間を確保するのが難しくなります。

そこで、キャリカレでは1日20分で学習できるように工夫されています。

短い時間で要点をしっかりと学習できるように工夫されていることで、1日20分でも基礎から実践まで幅広い知識を身につけていくことができるのです。

自分の好きなタイミングで学習ができますので、ライフスタイルに合わせた形で勉強が進められます。

わかりやすいテキスト

介護レクリエーションは専門用語も多いことから、難しいというイメージを持ってしまう方も多くいます。

そこでキャリカレの講座では、未経験の方でも無理なく学習できるように、読みやすい文章だけではなく、イラストも交えて解説することでわかりやすさを追求しています。

文字だけではなくイラストでも学ぶことで、知識として定着しやすくなるのです。

注意点や効果も含めてレクリエーションを学ぶことで、資格を取得するだけではなく実践で役立つ知識が得られるでしょう。

スマホから質問OK

初めて学習する分野だと、不明な点を講師に質問しながら進めたいと考える方もいるでしょう。

そのような方でも講座を利用しやすいように、キャリカレではスマホから気軽に質問ができる環境が整えられています。

学習中の疑問であれば、専任講師に無料で質問に答えてもらうことが可能です。

質問の回数に制限はありませんので、気になった箇所や疑問点を気軽に質問して学習を進められます。

気になる部分はその都度解決しながら、介護レクリエーションの理解度を高めていきましょう。

学習のカリキュラムは?

介護レクリエーションの考え方を学ぶ

カリキュラムで最初に学習するのが、介護レクリエーションの考え方になります。

概要とその意義を知ることで、これから何を学んでいくのか把握した上で学習を効果的に進めていくことが可能です。

また、高齢者の心と体の変化を学び、介護レクリエーションで何を大切にするべきかも学んでいきます。

高齢者に合わせた対応ができるように必要な知識を得ていきましょう。

実践方法を身につける

介護レクリエーションは知識を得るだけではなく、実践法を学んで現場で活かしていけるようにすることが大切です。

実際にどのようなレクリエーションの例があるのか知りながら、どのような点に注意したらいいのか学んでいきます。

活動前の声かけや事前のリハーサルで安全性を確認することの大切さを把握し、実践で使える知識として介護レクリエーションを身につけていきましょう。

認知症向けのレクリエーションを習得する

高齢者の数が増えるにつれて、認知症患者の数も年々多くなっています。

このような状況下においては、認知症患者向けのレクリエーションについて学ぶことも必要です。

認知症の症状に合わせた適切なレクリエーションを学んでいきます。

こんな人におすすめ!

高齢者が楽しみながら生活の質を落とさずに過ごせるサポートをしたいと考えている方は、介護レクリエーションの資格に適しています。

講座は1日20分の勉強で学習できるように作られていますので、勉強時間を多く確保できない方でも気軽に利用できるでしょう。

また、教材やカリキュラムも工夫されているため、難しい勉強は苦手という方でも学習しやすくなっています。

興味がある方が気軽に勉強できるのが本講座の特徴の1つなので、まずはチャレンジしてみる姿勢が大切です。

高齢者のサポートができるようになる資格

介護レクリエーションは、高齢者の生活の質を落とさないようにサポートしていくものです。

高齢者それぞれの状態に合わせたレクリエーションが求められますので、さまざまな知識が求められるでしょう。

キャリカレの講座を利用して学習することで、効率よく介護レクリエーションに必要な知識を学べます。

興味が湧いた方はぜひチェックしてみてください。

公式ページ お申込みをする前に!
>>「介護レクインストラクター&認知症予防レクインストラクター」の通信講座を資料請求する(無料)