キャリカレの介護福祉士講座って?費用・特徴・おすすめな人など解説

介護福祉士とは、介護に関する知識と技能を習得していることを証明する国家資格です。

高齢化に伴ない、介護福祉の専門職である介護福祉士のニーズが高まっています。

しかし、「介護福祉士には憧れるけど、国家資格だから難しそう」とお悩みの方はいませんか。

そんな方は、サポートやサービスが充実した「キャリカレの介護福祉士講座」を受講しましょう。

介護福祉士とは?

介護系唯一の国家資格

介護福祉士は、介護福祉が必要な方に対してソーシャルケアの中核的な役割を担う介護のスペシャリストです。

似た言葉に「介護士」がありますが、「介護士」は介護に従事する人の総称として使われます。

一方で「介護福祉士」は、介護に関する資格の中では唯一の国家資格であり、その資格を有した人だけが「介護福祉士」を名乗ることができます。

少子高齢化の影響を受けて、介護福祉士の存在はますます重要視されていて、その活躍に大きな期待が寄せられています。

資格取得のメリットは大きい

介護福祉士は、特別養護老人ホームや身体障害者療護施設、医療機関等で勤務しており、利用者の身体介護や生活支援、チームマネジメント等の仕事に従事しています。

介護職唯一の国家資格であることから、専門的な知識や技術が必要とされる看護師の業務補助やチームリーダーとしてのスタッフ管理が期待されています。

現在介護士として勤務している方も、介護福祉士の資格を取得することで、

  • 給料が上がる
  • キャリアアップにつながる
  • 利用者からの信頼を得られる

など、多くのメリットがあります。

講座の特徴は?

介護福祉士合格指導講座
スクール名キャリカレ
料金(税込)37,400円
学習期間4ヶ月
学習方法テキスト・Web一問一答
添削問題・過去問・試験対策
割引制度
教育訓練給付金
就職支援
おすすめ度4.2

介護福祉士の資格を取得したい方には、キャリカレの通信講座がおすすめです。

キャリカレの通信講座には、3つの魅力的な特徴があるため、初めて通信講座を受講する方にも安心です。

不合格の場合は全額返金

万が一試験に合格できなければ、受講料が全額返金されます。

これは、合格に絶対の自信があることの表れと捉えることができます。

全額返金制度があれば、初めて国家試験に挑戦する方でも不合格のリスクを恐れることなく挑戦することができます。

合格したら2講座目が無料

検定試験に合格した場合、100を超える人気講座の中から1講座無料で受講することができます。

しかも、「2講座目無料サービス付きの対象講座」を続けて受講することで、2講座目無料サービスは何回でも利用が可能です。

お得に講座を受講して、W資格の取得で就職や転職を有利に進めたり、関連講座を学んでさらなるキャリアアップを目指したりしましょう。

1年間の長期サポート

スマホからでも気軽に質問サポートが受けられて、専門の講師陣が質問に回答してくれます。

何度でも無料で質問ができるので、疑問があったらすぐに解決することができます。

疑問をそのままにしないことで、学習効果は高くなります。

学習サポートだけではなく、アフターフォローも充実しているのもキャリカレの魅力です。

国家資格を取得したものの、転職や就職が思うようにいかないこともあります。

そんな困った時でも、ノウハウを持ったスタッフが、あなたの要望に沿ってサポートをしてくれます。

 

学習に使う教材は?

教材は、出題範囲を網羅するだけではなく、出題傾向を分析して、重点分野に絞った構成になっています。

介護福祉士の試験は出題範囲が広いため、重点分野に絞った学習が合格への近道になります。

初心者でも取り組みやすい構成と分かりやすい内容になっているため、学習が苦手な方にも安心です。

テキスト

3冊のテキストがあります。

出題頻度の高いポイントに絞って構成されているため、短時間で効率的に学習をすることができます。

解説も充実しているため、理解の促進につながります。

Web一問一答

繰り返し学習に最適なWeb対応の「一問一答」は、質問に対して正誤を解答する問題です。

繰り返し学習をすることで、知識の定着や解答スピードの向上につながります。

Webに対応しているため、時間や場所を選ばずにスマホから学習できるのも魅力です。

添削問題

「添削問題」を解いて提出することで、専任講師に採点してもらえます。

プロの講師が一つひとつ添削をし、間違いは丁寧に指導してくれるため、理解を深めることができます。

スマホから送信できる「WEB添削」なら、最短で翌日には添削指導を受けることもできます。

過去問・試験対策

試験問題の傾向がわかる直近4年分の「過去問題」と、本番と同じ形式で構成された「試験対策問題」があります。

実際の問題を解くことで、試験に慣れたり、時間内に解く力を身に付けたりすることができます。

テキストで学んだことをアウトプットすることで、さらに理解を深めていきましょう。

学習のカリキュラムは?

たった4ヶ月で国家試験に一発合格できるように、試験を熟知した講師が監修したカリキュラムが組まれています。

現在お仕事をしている方でも、無理なく学習することができるため、転職を考えている人にもおすすめです。

1ヶ月目

「人間と社会&介護の基本」について学習します。

出題難易度が高い福祉制度について、法令や行政の取り組みと関連させながら正しく理解するステップです。

介護福祉士の基本理念や介護サービスの概要、社会保障制度について学ぶことができます。

2ヶ月目

「生活支援とこころとからだのしくみ」について学習します。

コミュニケーション技術や生活支援技術、介護過程等、要介護者を支援していく上で必要な技術と知識を習得していきます。

試験でも出題数が多く、現場ですぐに活用できる実践的な技術が盛り込まれているため、しっかりと理解をしておきましょう。

3ヶ月目

「発達と老化・認知症・障害の理解&医療的ケア」について学習します。

認知症や医療ケア等についての専門的な知識を習得するステップです。

認知症の影響や障害の種類など、専門的な知識が身に付いていないと解けない問題が多いため、しっかりとした知識の定着が必要です。

4ヶ月目

「過去問題・試験対策問題」に取り組みます。

実際の試験問題に取り組ことで、合格する力を付けるステップです。

問題の意図を読み解いたり、試験時間のペース配分を考えたりしながら問題を解いて、試験に慣れておくことが大切です。

間違えた問題はテキストで復習して、確実な知識を習得しましょう。

こんな人におすすめ!

介護福祉士は、介護に携わっている人ならぜひ取得しておきたい国家資格です。

現在、介護職に従事している人は、資格取得を目指してみましょう。

また、介護福祉士には、介護職の中核を担うリーダー的な役割も期待されているため、利用者だけではなく、利用者のご家族や担当医、看護師などの多くの人とのコミュニケーションが必要になります。

そのため、「人と関わるのが好き」「思いやりの心がある」「コミュニケーション力が高い」「調整力がある」などの特徴を備えた人が介護福祉士に適しています。

ただ、年齢も学歴も性別も関係なく受験することができ、将来性のある職業ですので、少しでも介護に興味がある方は介護福祉士に挑戦してみてください。

介護福祉士を目指すなら、資格のキャリカレ

高齢化に伴い、介護福祉士のニーズはますます高まっています。

介護職唯一の国家資格である介護福祉士は、ソーシャルケアの中核として活躍が期待されており、社会になくてはならない職業のひとつとなっています。

確実に合格したい人も、転職に不安がある人も、サポートやサービスが充実した「資格のキャリカレ」の通信講座を受講して、介護福祉士の資格を取得しましょう。