女性がマイカーを選ぶときのポイントは?おすすめの人気車種も紹介

ライフスタイル

住んでいる地域や仕事内容、家族構成によっては、マイカーを所有し、日常的に運転をする女性も少なくありません。中には、マイカーを購入しようかどうか迷っている女性もいるでしょう。

そこで、この記事では女性がマイカーを所有するメリットやデメリットと合わせて、選び方のポイントとおすすめの車種について解説します。

ステマ規制に関する対応

本記事はManapが独自で制作したものですが、当サイトを経由してサービスの利用があった場合、掲載企業から紹介手数料を受け取ることがあります。ただし、紹介手数料の有無が本記事の順位や内容に影響を与えることはありません。また、コンテンツ制作については、コンテンツ編集ポリシーに沿って、読者の皆様に役立つ情報提供を心がけております。

マイカーを持つメリットは?

送り迎えが楽にできる

1つ目のメリットは、家族の送迎が楽にできるという点です。特に、自宅が駅から離れた場所にある場合、バスを待ったり歩いたりするよりも、短時間で駅まで移動できます。雨天など天気が悪いときにも、ほとんど濡れずに済みます。

小さな子どもを送迎することがある場合、チャイルドシートやベビーシートを装着しなければなりませんが、マイカーならばつけっぱなしにできます。時間を効率よく使えるため、マイカーがあるととても便利です。

また、家族が病気になったときにも安心です。特に、子どもの場合、夜間に具合が悪くなることもあります。夜間はバスや電車の本数が少なく、タクシーがなかなか見つからない時間帯がありますが、マイカーがあれば時間帯を選ばずに病院へ連れて行けます。車ならば、移動の際に家族以外の人と接触することがほとんどないため、感染症対策にもなるでしょう。

このように家族がいる家庭では、マイカーを所有していると普段の送迎だけでなく、いざというときの移動にも役立つのです。

買い物がしやすくなる

次に挙げられるのが、買い物がしやすくなるという点です。特に、郊外に住んでいて、大きな商業施設が駅から離れた場所にある場合、マイカーがあるだけで買い物に行く時間を短縮できます。もちろん、雨天の日にも買い物しやすくなります。

また、お米やトイレットペーパーのような重たいものやかさばるものを購入するときに、マイカーがあるととても便利です。一人では持ちきれない量の荷物を持ち帰れるので、まとめ買いができ、買い物の回数を減らすことや節約にもつなげられます。

旅行などで行動範囲が広がる

そして、3つ目のメリットは、旅行などで行動範囲が広がることです。例えば、駅やバス停から離れたところにある観光名所にも気軽にアクセスできます。時間を気にせずに移動できるため、効率よく観光名所を回ることもできるでしょう。

旅行では、おみやげなどを購入するため、行きよりも帰りのほうが荷物が多くなりがちです。しかし、マイカーならば荷物が増えてしまっても気になりません。特に、小さな子どもがいる家庭ほど旅行の際の荷物は増える傾向があるため、マイカーがあると旅行しやすくなります。

マイカーを持つデメリットは?

それでは、マイカーを持つデメリットとはどのようなものでしょうか。

具体的に、次の2つが挙げられます。

維持費が掛かる

マイカーを所有する上で考えなければいけないのが、維持費です。新車で買おうとすると軽自動車でも100万円を超えるのが一般的です。中古車だと車両を取得するときの費用を抑えられますが、車検の期間が短かったり、重量税が高くなったりするケースもあります。また、毎年自動車税と自動車保険の支払いがあるほか、2~3年に一度の割合で車検を通さなければなりません。

このほかに、ガソリン代や日々のメンテナンスの費用がかかります。エンジンオイルやバッテリーなどは、走行距離に応じて交換が必要になります。

また、冬に雪が降るエリアでは、冬はスタッドレスタイヤに履き替えるのが一般的です。関東地方でも、路面の凍結によるスリップ事故を避けるため、冬にはスタッドレスタイヤを装着する人も多いです。

さらに、自宅に車庫がなければ、毎月駐車場代を払って駐車場を借りなければなりません。

マイカーを所有する際には、持つだけでもお金がかかるということを知っておく必要があります。

交通事故のリスク

マイカーを所有する際に注意しなければならないこととして、交通事故のリスクが挙げられます。あおり運転や飲酒運転による事故のニュースも聞きますが、交通事故の多くはそのような危険な運転によるものではなく、ちょっとした運転操作のミスや確認不足によって起こるものがほとんどです。

安全運転に徹しているベテランドライバーであったとしても、車を運転する以上、交通事故に巻き込まれるリスクはゼロではありません。

しかし、マイカーを所有して定期的に運転することで、運転に慣れることができます。運転に慣れることで、適切な確認や状況判断ができるようになるため、交通事故のリスクを下げられるかもしれません。

女性がマイカーを選ぶときのポイントは?

それでは女性がマイカーを選ぶ際には、どのようなポイントを重視すると良いのでしょうか。

小回りが利く車

女性の場合、日々の買い物や送迎など、近距離を移動する際に車を使うことが多いです。街中を運転する機会が多くなりそうならば、小回りが利く車を選ぶと良いでしょう。

小回りの利く車とは車体がコンパクトで小さな車のことです。車体の小さな車は、狭い道を通るときやほかの車とすれ違うときにも神経質になることが少なく、駐車も楽に行うことができます。

また、駐車場などで家族を乗り降りさせたり荷物を積み込んだりするときにも、ほかの車にぶつかるリスクを下げられるため、安心です。運転に慣れない人や、初めてマイカーを持つ人にも運転しやすいという特徴があります。

車高が高い車

運転に慣れない人や、初めて運転をする人には、車高が高い車のほうが視野が広がるため、運転しやすいです。目線が高くなることで、ほかの車や外壁などとの距離感がつかみやすくなるため、運転技術の向上にもつながります。

最近では、コンパクトカーでも車高が高いものも出ているため、小回りと視界の広さを両立することが可能です。

軽自動車は避ける

初めてマイカーを買うときには、軽自動車は避けたほうが無難でしょう。軽自動車は運転しやすく、維持費が安くなる傾向があるのですが、万が一交通事故が起きたときに、大けがをしたり命を落としたりするリスクが上がります。

軽自動車は車体が軽いため、衝突したときの衝撃で車が横転しやすく、それが大けがや命を落とすことにもつながってしまいます。軽自動車を避けたほうが、万が一事故が起きたときに命を落とすリスクを下げられるのです。

安全な車を選ぶポイント3つ

マイカーを選ぶ際には、交通事故のリスクを下げられる車を選ぶのがおすすめです。

特に、運転に慣れないうちは次のようなポイントを重視すると良いでしょう。

運転アシスト機能が充実した車

1つ目のポイントは、運転アシスト機能が充実している車です。その代表が、「クルーズコントロール」です。「クルーズコントロール」とは、高速道路でアクセルを踏まなくても一定の速度で車を走らせてくれる機能のことです。

前方に車があるときには、それを検知してスピードを落としてくれます。この機能があると、アクセルを踏みっぱなしにしなくてよくなります。長距離を運転する際の疲労軽減につながるため、運転を楽にこなすことができるでしょう。

駐車アシスト機能が充実した車

日々、車を運転することが多いなら、駐車アシスト機能が充実している車を選ぶと良いでしょう。車体の後ろにカメラがついていて、目視だけでなくモニターで見にくいところを確認しながら駐車できます。

駐車場の線と、車体との間隔を表示する機能があれば、車体が大きく横幅が広い車であっても駐車しやすくなります。また、縦列駐車をする際のアシスト機能がある車もあり、縁石などに乗り上げたりぶつかったりするリスクを低減できます。

安全装置が搭載されている車

3つ目のポイントは、安全装置が搭載された車を選ぶことです。近年、アクセルペダルとブレーキペダルの踏み間違いによる交通事故が起きていますが、そのような事故を避けるため、誤発進抑制制御機能を備えた車があります。

また、急に車が減速したときや、障害物や歩行者にぶつかりそうになったときに警告音を出して運転者に警告する機能や、それでも運転者が反応しないときにブレーキをかけてくれる機能などを備えた車もあります。

安全装置はあくまでも運転をサポートするもので、あれば事故が絶対に防げるというものではありませんが、運転者の確認不足などを補ってくれるため、事故のリスクを抑える効果が期待できます。

女性におすすめの人気車種3選

女性におすすめの車種はどのようなものでしょうか。

車種と人気の理由を紹介していきます。

1.スライドドア車

スライドドアとは、後方のドアがスライド式になっている車です。自動ドアになっているものもあり、荷物が多く、両手がふさがっていたとしてもドアの開閉ができます。

スライドドアは、買い物などで荷物が多くなりがちな人や、小さな子どもがいる人におすすめです。子どもが勢いよくドアを開けて、隣に停車していた車にぶつけてしまうという事故を防ぐことにもつながります。

2.SUV

SUVとはスポーツ用多目的車のことで、「Sport Utility Vehicle(スポーツ・ユーティリティー・ビークル)」の略語です。軽自動車やコンパクトカーと比べると車体が大きくなりますが、車高が高いため、見晴らしがよく運転しやすいのが特徴です。

移動のときに荷物が多くなりがちな人は、乗車スペースと荷物入れが一緒になった「ハッチバックスタイル」の車を選ぶと、車内を広く使えます。

3.電気自動車

短距離の移動がほとんどで、維持費を抑えたい人には電気自動車がおすすめです。自宅に充電装置をつければ、夜間の電気料金が安い時間に充電をすることで、費用を抑えることが可能です。

また、補助金や減税の対象となるため、購入後の維持費を安くできます。ガソリンスタンドと比べると数は少ないですが、商業施設や高速道路のサービスエリアなどにも充電スタンドが増えてきています。

日常的に乗りやすい車を選ぶのがおすすめ

女性がマイカーを利用する場合、家族の送迎や買い物など、近距離利用のケースが多い傾向です。そのため、日常的に使いやすい車種を選ぶようにしましょう。

また、維持費や交通事故のリスクを抑えることも大切です。

自動車の中には、維持費の軽減や交通事故のリスクを下げられる機能を持つものもあるため、検討してみると良いでしょう。