Webマーケティングが学べるオススメの人気スクール6選!特徴など比較

IT・Web
リズ
リズ

インターネットを使うことが日常になっている現在、Webマーケティングという仕事が注目されています。

企業で活躍している人もいれば、副業として仕事をしている人もいます。

また、フリーランスでできる仕事でもあるため、働き方が多様化している今だからこそ、学ぼうとしている人がたくさんいるのです。

Webマーケティングはどんな仕事なのか、Webマーケティングを学べるのはどんなスクールなのか、チェックしていきましょう。

Webマーケティングって?

Webマーケティングとは、インターネット上のWebサイトやSNS・アプリなどを活用したマーケティングを行うことです。

自社で販売している製品・サービスに興味を持ってもらい、売上に結びつくように様々な施策を計画します。

会社員としてWebマーケティングの仕事をしている人も多くいますが、フリーランスでも収入を得ている人が多くいます。

転職もしやすく年収も高いため、Webマーケターを目指す人がどんどん増えているのです。

Web広告市場は2023年度に約2.8兆円まで拡大すると予測されており、人手不足になることも予想されます。

特に戦略を組み立てることのできる人材が不足しているため、今後Webマーケティングの学習をする上で参考になっていくでしょう。

仕事の内容は?

SEO

リズ
リズ

SEOとは、インターネットでキーワードを検索したときに、結果画面で上位に表示されるようなコンテンツを作成する仕事です。

検索結果の上位に出ることで、よりアクセス数を増やすことができるため、売上の増加にも繋がります。

1番身につけたいスキルなのですが、実はスキルを身につけるための方法が確立していません。

そのため、SEOを学べるスクールも少なく、独学で学ぶことも難しいのです。

リスティング広告

リズ
リズ

GoogleやYahoo!などの検索エンジンを利用して調べものをしているという人はたくさんいます。

そんな人が目にするよう、指定キーワードの検索結果画面に広告を出すのがリスティング広告です。

クリックしたことがあるという人も多いのではないでしょうか。

その広告からWebサイトへ導き、売上に結び付けていきます。

キーワードごとに予算が設定されており、予算次第で広告効果が変動します。

ただ予算を上げればいいというわけではなく、限られた予算の中でどれほどWebサイトの閲覧数を増やせるかがポイントとなってきます。

運用担当者は分析スキルだけではなく、経験も必要です。

ディスプレイ広告

リズ
リズ

一般のWEBサイト・大手のWEBメディアの広告枠に広告を出します。

インターネット上で広告を見かけたことのある人はほとんどでしょう。

その広告をクリックすることで自社サイトへアクセスできるため、売上に繋げることもできます。

また、ディスプレイ広告の場合、画像や動画で広告を載せることができるため、より商品やサービスの魅力を伝えやすいという点もメリットです。

より魅力的な広告を作るための知識・技術が必要となります。

SNS広告

リズ
リズ

近年、SNSを利用して自分から情報発信したり、情報を得ることが多くなっています。

そんなSNSにも広告が出ていて、それがSNS広告です。

具体的にはFacebook・Instagram・TwitterなどのSNSに広告を出し、興味を持ってもらうことを目的としています。

投稿と一緒に広告が掲載されており、クリック・タップすることで自社サイトへと導きます。

各SNSで広告の商品の内容や入稿方法・効果測定方法が違うため、まずは各SNSの使い方や広告管理画面の操作方法を覚えることが最優先となります。

ディスプレイ広告と同じように、画像や動画での広告配信も可能です。

平均年収は?

リズ
リズ

Webマーケターを目指す人にとって気になるポイントの1つが年収です。

ただ、Webマーケターにも企業に勤める会社員の場合とフリーランスの場合があるため、それぞれ紹介します。

会社員の場合

リズ
リズ

会社員のWebマーケターの平均年収は、約550万前後となっています。

日本の30歳の平均年収は450万ほどとなっており、平均年収よりも多く稼げることがわかります。

また、ブログ・アフィリエイト・ライティング業務などの副業で年収を増やしている人も多く、+αの収入を得ていることが多いのも企業のWebマーケターの特徴です。

フリーランスの場合

リズ
リズ

一方、フリーランスのWebマーケターの場合は、年収1000万を超えている人も多いです。

ですが、フリーランスなら誰でも年収1000万を稼げるわけではありません。

企業で働いている間の経験やWebマーケティングスクールなどで得た知識・技術が元になり、フリーランスでやっていけるようになります。

ある程度の実績がないと成り立たない仕事でもあるのです。

1.デジプロ

リズ
リズ

デジプロは、動画講義と対面講義を組み合わせて学ぶWebマーケティングスクールです。

仕事に直結するスキルを身につけることができるため、人気を集めています。

また、人気の理由はそれだけではありません。

一度入学しても1週間の全額返金対応サービスがあるため、自分に合っているスクールかどうか試すことができます。

学費の分割払いにも対応しており、月々約2万円で学習が可能です。

短期集中で学べる

リズ
リズ

デジプロの講座は、2ヶ月間で40時間の超集中講座となっています。

学べるのは、リスティング広告・Google広告・Yahoo広告などのWebマーケティングに欠かせないスキルから、データ分析・Excelなど、結果をまとめるための方法まで学ぶことができます。

Webマーケティングの現場でよく使われる技術を学べるので、転職活動でもアピール可能です。

学習方法は、まず直接講義までに動画で事前予習をします。

あらかじめ基本的な知識を頭に入れておくことで、直接講義もスムーズに理解できるでしょう。

直接講義は現役Webマーケターからの指導を受けます。

動画講義で基礎知識を身につけ、直接講義でWebマーケティングのノウハウを学ぶと考えるとイメージしやすいのではないでしょうか。

パーソナルトレーナーがつく

リズ
リズ

Webマーケターから学ぶことができるのはノウハウだけではありません。

学習が継続できるよう、パーソナルトレーナーとして1人1人をWebマーケターが担当します。

チャットでいつでも質問でき、回数も無制限です。

担当のWebマーケターならではの回答もあるので、Webマーケター目線の考え方が身につくでしょう。

卒業後も質問できるよう、サポートプランもあります。

Webマーケターとしての活動をずっと見守ってくれるスクールです。

 

2.マケキャン by DMM.com

リズ
リズ

マケキャン by DMM.comは、有名企業のDMM.comが運営しているWebマーケティングスクールです。

未経験でも実力を身につけられるよう、実務に基づいた未経験特化型カリキュラムで学習を進めていきます。

現役のWebマーケターが講師となり指導を行います。

効率的なハイブリッド学習方式

リズ
リズ

学習方法は、平日はオンライン動画・教材で学習を進め、週末は東京都内で対面講義を受けます。

オンライン動画講義での授業と、実践的なワークが主体となったスクールでの対面授業のハイブリッド学習方式で、短期間でも実践的なスキルを身につけられます。

平日はオンライン、休日は対面という反転授業の仕組みを取り入れたカリキュラムで、学習効率が最大限までアップするのです。

受講開始から2ヶ月間は、基礎から応用までを講義で集中的に学びます。

知識を身につけた3ヶ月目からは、その知識を活かし、広告代理店で働いているWebマーケターと一緒にグループワークを行います。

グループワークを通して、卒業後に即戦力になれる力を身につけられるでしょう。

サポートも充実

リズ
リズ

サポート体制も充実していて、キャリア形成のためのカウンセリングや転職サポートなど、しっかりしたサポートが満載です。

卒業後もサポートを受けられるのは嬉しいですね。

 

3.TechAcademy・WEBマーケティングコース

リズ
リズ

TechAcademyのWebマーケティングコースは、1人では学習が進まないという人にぴったりのコースです。

なんとパーソナルメンターが1人1人を担当し、学習をサポートしていきます。

週2回マンツーマンでメンタリングを受けることができ、定期的にサポートを受けることで、学習へのモチベーションも上がるでしょう。

実践しながら学べる

リズ
リズ

学べるのは、サイト分析・出稿プランニング・管理画面オペレーションなどの実践的な内容です。

それだけではなく、Google AnalyticsやGoogle 広告なども学び、実際に仕事にも活かせることを経験していきます。

学習期間内に、サイト分析・広告出稿プランの作成・運用のオペレーションができるのもTechAcademyの特徴です。

Webマーケティングを実践することで、実際に仕事としてWebマーケティングをする場合に即戦力になることができるでしょう。

 

4.WEBMARKS

リズ
リズ

WEBMARKSは、数少ないSEOを学ぶことができるスクールです。

しかも、初心者・未経験でも確実に技術を身につけられる講座となっています。

気になる学習カリキュラムは、毎週2~3時間の動画コンテンツ+αの配信と、実践型添削課題です。

少しの時間で学ぶことができるよう、わかりやすくまとめられているため、忙しい人でも取り組みやすいでしょう。

サポートも充実

リズ
リズ

現役WEBマーケターへの質問はもちろん、実際にWebマーケターとして仕事をするようになってからも案件獲得サポートを受けることが可能です。

また、企業へのアピールに使える、Webマーケティング資格のGAIQやWeb解析士の取得サポートなどもあります。

オフライン交流会もあるため、現在活躍しているWebマーケターから話を聞けるのも嬉しいポイントですね。

安心の全額返金保証

リズ
リズ

講座選びでは自分に合っているかどうかが最も重要です。

WEBMARKSでは、後悔のない選択ができるよう、30日間受講して自分に合わなかったり、満足できなかった場合には全額返金保証がついています。

1ヶ月のお試し感覚で受講できるため、合うかどうか不安に感じている人でも安心ですね。

 

5.ADREX MARKETING ACADEMY

リズ
リズ

ADREX MARKETING ACADEMYとは、完全個別対応のWebマーケティングスクールです。

一斉授業のスクールでは叶わない、自分の状況に合わせた学習が可能です。

広告運用に特化

リズ
リズ

Webマーケターには幅広い知識が必要ですが、ADREX MARKETING ACADEMYでの学習で全てのスキルを習得できるわけではありません。

しかし、講座が終了してもどんどんスキルのレベルを上げていけるような、運用型広告をメインにWebマーケティングの土台作りを行っていきます。

Google広告認定資格にも対応しており、講座終了前に受験ができ、就職・転職活動でアピールできます。

効率的に合格するための虎の巻がプレゼントとなるので、最短での合格も可能です。

学習状況に合わせたサポート

リズ
リズ

サポートも万全の体制を整えています。

通常は8週間の学習期間を想定していますが、進捗状況や習熟度によってリスケジュールをしたり、再フィードバックを行い、確実にスキルを身につけられるようになっています。

フィードバックの回数も無制限なのが嬉しいポイントです。

また、転職支援・フリー活動支援も行っています。

職歴書添削・面接対策はもちろんですが、求人紹介も行っており、理想の就職を叶えてくれるでしょう。

フリーの仕事の支援も行っているので、自分の希望する仕事のスタイルのサポートをしてもらえます。

 

6.Wannabe Academy

リズ
リズ

Wannabe Academyは、実務特化型のカリキュラムでWebマーケティングの勉強ができるスクールです。

Webマーケティングを学習する上で重要なのは実務経験と考えており、受講期間中にGoogleアナリティクスのレポート作成やGoogle広告・Facebook広告の運用を実際に行っていきます。

通学でもオンラインでも学べる

リズ
リズ

通学コースの場合は最大9名の少人数制で授業を行うため、わからないことは徹底的に指導を受けることができます。

それに、何回でも補講を受けられるので、受講期間中は何回でも学び直しが可能です。

昼間だけではなく21時からも授業を行っているので、仕事でどうしても帰りが遅くなってしまうという人でも通学ができるようになっています。

オンラインコースでは自宅で好きな時間に学ぶことができ、わからないところがあればチャットワークで10時〜22時は相談が可能です。

Google広告認定資格も取得でき、試験対策カリキュラムも用意されています。

実務経験を積める

リズ
リズ

講義を受けるだけではなく、希望者は受講後に提携クライアントを担当し、課題の発見をしたり改善プランを提案する実務研修ができます。

Webマーケティングの業務を実際に行いながら学習することで、職務経歴書に実務経験有りの記入ができるようにもなります。

就職・転職活動で経験を強みにしていきたい人におすすめです。

 

まとめ

リズ
リズ

Webマーケティングスクールと一言で言っても、それぞれのスクールの強みは様々です。

Webマーケティングという分野において、何を学びたいのか、何を自分の力にしたいのかを決めておくと、スクール選びもスムーズに進むのではないでしょうか。

また、住んでいる地域や仕事などの理由で、通学が叶わない場合の学習方法があることも重要です。

オンラインでの学習でも同じようにサポートが受けられるスクールなら、安心して学習を進められます。

気になるスクールがあったら、まずは無料相談をしてみましょう。