ユーキャンの仕事で使えるエクセル入門講座とは?メリット・特徴など紹介

ビジネススキル

会社の業務で使われる表計算ソフトの代表が、マイクロソフト社から販売されているエクセルです。

営業職や事務職といったほとんどの職種で使われているソフトの一つですが、エクセルの基本的な操作方法を習得していれば、業務効率化に役立ちます。

ここでは、通信教育講座のユーキャンが提供している、「仕事で使えるエクセル入門講座」について、詳しく説明していきます。

仕事で使えるエクセル入門講座とは?

資格・講座名費用(税込)学習期間
仕事で使えるエクセル入門講座19,000円1ヶ月

ユーキャンで学習できる、エクセルの基本的な操作を習得するための講座には多くの種類がありますが、その一つが「仕事で使えるエクセル入門講座」です。

基本操作を動画形式で録画した教材DVDが4枚、教材として送付される他、補助的なテキストとガイドブックも付属しています。

専用サイトでの動画を視聴しつつ、エクセルを起動しながら操作を覚えていく形式ですが、提出を伴う添削形式のテストがないタイプの通信講座となっています。

標準的な学習期間は1ヶ月ですが、最長3ヶ月まで、エクセルの基本操作を収録した動画視聴ができる点が特徴です。

教材費および送料に加え、消費税込で19,000円かかりますが、月あたり1,980円で10ヶ月の分割払いも用意されています。

コンビニンスストアや銀行での支払いが可能な他、インターネットでの申し込みに限り、クレジットカードでの一括払いも利用できます。

公式ページ
>>「ユーキャン」の公式サイトはこちら

 

学習するメリットは?

作業効率が上がる

エクセルの主な機能に、入力した数値データをベースとして計算する機能がありますが、関数を使うと計算自体が格段に効率化されます。

加えて、表やグラフを作成できる上に、並び替えもできる等、数値化されたデータを見やすくする機能も備わっている点が大きな特徴です。

仮に、1つの表に100個以上の数値データがあったとしても、表内の数値データをまとめて計算できる関数を使えば、一瞬で解答となるデータが表示されます。

「仕事で使えるエクセル入門講座」では、数式の入力と表およびグラフの作成に加え、簡易的なデータベース管理方法を習得できるため、作業効率が上がります。

仕事でアピールになる

営業職や事務職といった職種では、業務上エクセルの操作が必須となるため、エクセルが使えないと、採用時に不利に働いてしまいます。

加えて、エクセルの操作自体が、社会人の基礎スキルとみなされているため、中途採用のみならず、新卒での採用にも大きな影響を与えてしまう可能性が高いです。

裏を返せば、特に新卒採用では、エクセルの基本操作ができる点を、会社側にアピールできるようになります。

また、パソコン操作に精通している人材が少ない中小企業では、エクセルの基本操作を事前に習得していれば、中途採用でも即戦力となる可能性があります。

仕事で使えるエクセル入門講座の特徴は?

動画で見ながら学べる

「仕事で使えるエクセル入門講座」は、エクセルの起動や終了といったごく簡単な基本操作からスタートします。

専用サイトに収録されている動画も「どのように動かしていくのか」といった視点に沿った形での、解説がなされています。

通信講座という性質上、講師による操作方法の直接指導は受けられないものの、マンツーマン指導に近い形式の講座が受けられる点が特徴です。

独学での学習が不安な人であっても、安心して受けられる講座と言えます。

時短スキルも身に付く

計算だけでなく、表計算やグラフの作成に加え、データベースの管理もできるエクセルですが、全ての機能を使うには、膨大な時間がかかってしまいます。

「仕事で使えるエクセル入門講座」では、多くの機能のうち、業務でも即時使える機能に限定した上で、実践的かつ効率的な操作方法のみを学習できる点が特徴です。

膨大なリストを参照しながらの加減乗除による計算や、表内にある数字を元にしたグラフ作成等、効率的な時短スキルにより、日々の業務に対する作業効率が向上します。

1ヶ月で短期速習

「仕事で使えるエクセル入門講座」は、データや数式の入力と表やグラフの作成、複数のシート操作やデータベース管理まで、多くの内容を網羅しています。

こういった多くの機能を、実務で役立つ操作方法に絞る形で、エクセルの基本操作に関する内容を、1ヶ月という短期間で習得可能です。

これまでエクセル操作を学習していたが、なかなか身につかず敬遠していた人でも、動画の併用にて、すぐにエクセルの基本操作を身につけられます。

学習の進め方は?

動画講義

「仕事で使えるエクセル入門講座」は、専用サイトでの動画を見ながら実際にパソコンを操作して、エクセルの操作を身につけていくタイプの通信講座です。

ユーキャンの受講生専用サイトである、「学びオンラインプラス」への事前登録が必須ですが、講座開始後3ヶ月間は、専用の動画が閲覧できます。

テキストに記載されている内容を解説する形ですが、「実践的な操作方法」かつ「実際にどうやるのか」という点を抑えながら解説しているため、初めてでも苦痛なく学習可能です。

1本あたり15分前後と、スキマ時間で学習しやすいスタイルとなっている点も、大きなポイントと言えます。

問題演習

動画を見て、実際の操作方法を一通り理解した後は、教材として送付された学習用ファイルを用いて問題演習を解きます。

動画の内容をベースとしつつも、実務に沿った内容が出題されるため、問題演習を解き終わった後は、実際の仕事現場で使えるようになります。

一度問題を解いた後でも、学習した内容が身についているか確認できる仕組みを採用しているため、しっかりとしたスキルが確実に身につけられる点が、大きな特徴です。

添削による直接指導は受けられないものの、繰り返し問題を解いていくうちに、エクセルの基本操作を習得していく感覚を得られます。

模範解答

問題演習の解答と学習した内容を確認する方法は、模範操作を紹介している動画閲覧がメインです。

操作内容を詳しく丁寧に解説するため、手だけでなく目や耳からも情報を吸収できます。

20年以上の間、エクセルを使った研修での経験が豊富な講師が解説を行うため、プロのスキルが手軽に身につけられます。

わからない点があれば、繰り返し視聴できるため、無理なく集中的にスキルを習得できる点が、大きなメリットです。

こんな人におすすめ!

「仕事で使えるエクセル入門講座」をおすすめしたい人は、エクセルの操作に自信がない人、インターネットを活用して短時間で学習したい人です。

動画での講義が中心ですが、「どのように操作していくのか」という視点に沿った形での、わかりやすい解説が観られます。

また、実際に操作しながら進めていける他、わからない点があれば、繰り返し動画を見ながら学習できる点も大きな特徴です。

エクセルの基本操作を身につけたいものの、忙しくてまとまった学習時間が取れない人でも、1本あたり15分前後の動画を観る形で、短時間での学習ができます。

いつもより早起きして、あるいは就寝前等、自分の好きなペースで、エクセルの基本操作を習得できる点がポイントです。

まとめ

ユーキャンが提供する「仕事で使えるエクセル入門講座」は、数式の入力や表およびグラフ作成、データベース管理といったエクセルの基本操作を学習できる通信講座です。

わかりやすい解説込の動画を観ながら、実際にパソコンを操作する形で、実践的なエクセルの操作方法を身に着けられます。

また、1本あたり15分程度に収められた解説動画により、短時間でエクセルのスキルを習得できるようになります。

公式ページ
>>「ユーキャン」の公式サイトはこちら