スタケン宅建講座とは?特徴・カリキュラム・教材・口コミなど紹介

不動産・建設

宅建は「宅地建物取引士」の略称で、国家資格です。

不動産業界の人や資格に興味のある人なら、一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。

宅建試験に合格すると、宅建士として不動産売買などの際に顧客に専門的な説明ができるようになります。

そこでこの記事では、宅建試験の学習が自宅でできるスタケン宅建講座について、講座の特徴やカリキュラムなどを詳しくご紹介します。

スタケン宅建講座とは?

資格・講座名費用(税込)学習期間
スタケン宅建講座テキストなし:13,200円
テキストあり:16,280円
3〜6ヶ月

スタケン宅建講座は、オーナーズエージェント株式会社が運営するオンライン通信講座です。

「スターカレッジ資格検定講座」がスタケンの正式名称で、「スターカレッジ」は運営会社が提供する不動産会社向けのeラーニング教育システムです。

スタケン宅建講座は2017年に開設され、不動産コンサル企業の強みを活かしたカリキュラムとコンテンツで宅建に最短合格できるとしています。

主にパソコンとスマホを使った学習ができ、テキストを使っての学習も可能です。

コミュニティーボードを利用して、他の受講者と情報交換もできます。

講師は、GIC不動産管理株式会社 代表取締役社長の渡邊宏先生です。

公式ページ
>>「スタケン宅建講座」の公式サイトはこちら

 

スタケン宅建講座の特徴は?

スタケン宅建講座はスマホで学習できるので、いつでも何度でも動画講義を見返して自分のペースで学習できるのが特徴です。

また、講師が受講者と一緒に参考書を読み進める「テキスト活用型講義」を採用し、宅建の勉強が初めてでも⺠法や宅建業法、税法といった法律も理解しやすくなっています。

動画講義はテキストに沿って解説されており、動画講義を見てテキストを読み返すことで苦手な分野の克服が可能です。

人件費や撮影の内製化、広告宣伝費の縮小などによるコストの削減で、低価格なのに高品質な講義を実現しています。

宅建に合格して運営会社の規定を満たしていれば、申請者全員に支払った金額が全額返金される特典もついています。

スタケン宅建講座のカリキュラムは?

スタケン宅建講座のカリキュラムは、「テキストを動画で覚える」ことにフォーカスしているので初心者にもわかりやすくなっています。

最初に宅建試験の傾向と対策を理解してから、個人に合った学習時間を設定します。

一般的に宅建に合格するのに必要な学習時間は、約200時間から300時間です。

この時間を1日に何時間勉強できるのかから逆算して、学習にどれぐらいの期間が必要なのかを割り出します。

1日の学習時間もスキマ時間を活用して、朝、昼、夜とバランスよく配分します。

知識のインプット・アウトプット

8月ごろまでは動画を見てからテキストを読み返したり、テキストを読んでから動画で理解度を深めたりしながら宅建試験に必要な知識をインプットして行きます。

そのあと過去問を解いてアウトプットします。

アウトプットの順番は確認テストとして一問一答の問題を解き、次が本番と同じ四択形式の問題を解く実践テストです。

スタケン宅建講座では、出題される問題の7割から8割は焼き増し問題だと分析しており、過去問を多数解いて「ひっかけパターン」を訓練すれば試験対策ができるといっています。

このインプットとアウトプットを最低でも3回行うことで、記憶が定着します。

模試で試験対策

9月、10月になったら試験の直前対策を始めます。

予想模試はその年の出題傾向を反映させるため、7月ごろから利用可能です。

法改正問題は模試でしか解くことができません。

問題をプリントアウトして、時間を計りながら実際の試験同様に行うことが推奨されています。

まだリカバリー可能な9月ごろのチャレンジが適切です。

問題を解く順番を考え、時間配分の目安を必ず作るよう指導されています。

総復習は、点数を伸ばすための学習です。

弱点を重点的に攻略し、宅建業法など配点が多い分野や暗記分野の復習を行いましょう。

スタケン宅建講座の学習に使う教材は?

スタケン宅建講座の主な教材は、動画講座・テキスト・過去問題集です。

教材を効率的に使用するためのマニュアルがあり、講師によるガイダンスを動画で見られます。

このガイダンスを最初に見ることで、宅建攻略に不可欠な「各分野の学習時間」や「攻略ポイント」などの解説を得られ、個人の学習計画を立てることができます。

動画講座

生講義スタイルの動画講座は、「権利関係」「宅建業法」「法令上の制限」「税・その他」の順番でテーマごとに行われます。

1つのテーマにつき30分ほどの動画で、すべての講座の合計時間は約30時間です。

忙しければ2.5倍速での視聴も可能で、音声ダウンロードもできるので洗濯物を干したり掃除したりしながら学習することもできます。

難しい民法の権利関係は、民法に基づく芸人のコントを見たあとで先生の解説を聞ける工夫があります。

テキスト

使用するテキストは住宅新報出版の「パーフェクト宅建士 基本書」で、市販品です。

全国宅地建物取引業協会連合会が推薦しており、動画講座でもこのテキストを使用します。

スタケン宅建講座では、テキスト1冊をマスターすることを目指しています。

過去問題集

10年分の過去問題集には、一問一答の問題と四択問題があります。

試験の直前対策として、住宅新報社の模擬試験を受けることが可能です。

副教材

その他に、宅建受験者の学習記録や試験のノウハウといったコラムや、息抜きがてら見られるバラエティーに富んだ動画コンテンツなどがYouTubeで配信されています。

渡邊先生による、試験攻略テクニックも視聴可能です。

スマホ用過去問アプリ

スマホ用過去問アプリは、スタケン宅建講座専用ではなく別売りです。

本講座を受講していなくても、有料でダウンロードできます。

スタケン宅建講座の口コミは?

受かりました!通信講座を使って一人でやるのは不安だったけど、カリキュラムもちゃんとあったから悩まずに最後まで勉強することができました。まさに今の時代にあった学習方法でした。
前に通ったスクールでは、なかなか授業についていくのが難しくて途中で挫折した。スタケンなら自分のペースで先生の講義を見れるから、わからないところも繰り返し勉強できてよかった。
去年までの講座は何だったんだ?と思うくらい、めちゃくちゃわかりやすい動画講義でした。目からウロコとはこのことですね。長年勉強してきてはじめてわかったことだらけでした。感謝です。

※公式サイトより引用

スタケン宅建講座はこんな人におすすめ!

スタケン宅建講座は講義動画で先生の解説を見られるので、1人で試験勉強を続ける自信がない人に向いています。

コミュニティーボードで、他の受講者と情報交換するのも励みになります。

初心者にも優しいカリキュラムになっているので、宅建に不合格になってしまい勉強の仕方がわからない人にも適した講座です。

テキストを読んでも法律用語が多くて理解できない人や、まとまった学習時間がとりにくい人でも、スマホを使っていつでも何度でも解説を聞けるので効率的に学習できます。

不動産会社などで働いているため宅建の資格が必須な場合は、最短で合格できるでしょう。

自分のペースでゆっくり学習したい場合にも、自身に合わせた学習計画で進めることが可能です。

まとめ

不動産会社向けのeラーニングから始まったスタケン宅建講座は、宅建試験を知り抜いた不動産コンサル企業が手がけています。

テキストと動画講座で繰り返し学習し、過去問題を解いてアウトプットすることで、難しい内容も自然に記憶に定着させることができる学習法です。

不動産取り引きを行う事業所では、従業員5名につき1名以上の宅建士の設置が義務づけられています。

宅建の資格があれば、就職にも有利です。

公式ページ
>>「スタケン宅建講座」の公式サイトはこちら