スタアカとは?口コミ評判・特徴・メリットデメリット・おすすめな人など解説

みなさんは『データサイエンティスト』という職業をご存じでしょうか。

データサイエンティストとは、さまざまな意思決定の局面において、データに基づいて合理的な判断を行えるように意思決定者をサポートする仕事です。

昨今ではデータサイエンスの分野は市場価値が高いため、非常に人気を集めている職業だと言えます。

今回は、そんなデータサイエンス人材を未経験から目指せる「スタアカ」についてご紹介しようと思います。

スタアカとは?

スタアカは、データサイエンス分野専門のプログラミングスクールです。

現役のデータサイエンティストのメンターのもと、データサイエンスを中心にプログラミング言語やマーケティングなどを学ぶことができます。

その内容は、基礎レベルから実践レベルまで12コースあり、自分の学びたい分野のコースを1つ1つ受講していくことで、自分に適した内容のスキルを効率よく習得することができます。

また、プランは3種類あり、その中から1つ自分で選ぶことができるので、自分のペースに合った最適な学習方法で学んでいくことができます。

 

スタアカの口コミ・評判は?

ある程度の知識はありましたが、大学の視点とは異なる部分から焦点をあてており、また、他の受講者さんの質問が見られるため、より見解が深まりました。
それに加え、面白さや興味をそそられる講座構成、挫折しそうになってもメンタリングができる、自分のペースで行えるため、モチベーションの維持はしやすかったです。

>>公式サイトより一部抜粋

内容をコンパクトに分かりやすくまとめてくださり、大変勉強になりました。 業務で活用するためには、まだ理解が十分でないと気づく機会にもなりました。

>>公式サイトより一部抜粋

以前からYouTubeで拝見させていただいておりました。コンテンツがわかりやすく、時間の合間にデータサイエンスについて学ぶことのできるツールとして最適だと思われます。

>>公式サイトより一部抜粋

スタアカの特徴は?

アニメーションで学べる

スタアカの特徴として、まず1つ目はアニメーションで学ぶことができるという点です。

やはりデータサイエンスは複雑で難易度の高い分野であるため、初学者は挫折しやすい傾向にあります。

スタアカではそんな初学者のために、アニメーションを導入した動画コンテンツを利用することで、データサイエンスの面白さを感じられる内容になっています。

アニメーションで学ぶことができるというのは、初学者の方でも挫折しにくいように配慮された受講形態だと言えるでしょう。

現役データサイエンティスト

スタアカの特徴の2つ目は、現役データサイエンティストがメンターとして伴走してくれる、プレミアムプランがあるという点です。

メンターには質問無制限であり、自分の分からないところを何度でも現役のデータサイエンティストに質問できるようになっています。

メンターが現役のデータサイエンティストで、実際に現場で働いているので、質問をした際の回答では、実践を想定した本質を知ることができます。

自分に合った学習法

スタアカの特徴3つ目は、自分に合った学習法を取ることができるという点です。

「自分でどんどん内容を進めていきたい」という意欲的な方は、自分のペースで独学を進めていくという受講形態も可能になっています。

学習法をユーザー自身が決めることができるので、自分にとって最適な学習方法を選ぶことができ学習のミスマッチが減るでしょう。

どんなプランがある?

ライトプラン

スタアカでは自分にあった学習方法を選択することが可能になっています。

プランは3つあり、1つ目がこのライトプランになります。

ライトプランでは以下のスタアカの12コースが全て受講し放題です。

月額は980円です。

現役のデータサイエンティストのメンターこそつかないものの、全コースの動画を視聴し放題で、月額980円は破格と言えるでしょう。

プレミアムプラン

続いてプレミアムプランは、受講生が確実に実力をつけるプランであり、かなりサービスが手厚いものとなっています。

  • 専用のフォームで質問し放題(24時間以内での返信対応)
  • 現役データサイエンティストとのマンツーマンメンタリング(4回)
  • プレミアムプラン専門コミュニティへの参加権

などがプラン内容に含まれています。

内容の濃いものであるため、値段は買い切りで98,000円(2022年11月14日現在、期間限定値下げで89,800円)です。

オーダーメイドプラン

3つ目のプラン、オーダーメイドプランは一人一人の目指す姿を実現できるように徹底的にメンターが伴走してくれるプランです。

プレミアムプランの内容に加え、マンツーマンメンタリングを4回多く受けることができるほか、オーダーメイドでの学習や、オーダーメイドプラン専用のコミュニティへの参加権などもついてきます。

値段は298,000円です。

スタアカのメリットは?

コスパが良い

スタアカのメリットとして例に挙げられるのが、そのコスパになります。

特に、全コンテンツ視聴し放題で月額980円のライトプランは、データサイエンスに必要なスキルを満遍なく学ぶことができ、業界最安値となっています。

現役のデータサイエンティストがメンターとして伴走してくれるプレミアムプランは98,000円ですが、他のプログラミングスクールと比較するとそのコスパはかなり良いものであると言えます。

スタアカのデメリットは?

学習内容は浅め

スタアカのデメリットの1つ目は、学習内容が比較的浅いことです。

データサイエンスの分野は非常に奥が深いため、未経験から数ヶ月で全てを理解することは現実的に難しいと言えます。

スマホからは使いにくい

スタアカのデメリットの2つ目はスマホからだと学習がしにくいということです。

学習の内容がプログラミングなので、実際にプログラムを理解するためにはスマホよりもパソコンが学習に適していると言えます。

こんな人におすすめ!

未経験からデータサイエンス人材を目指したい方

データサイエンスに興味はあるが、未経験で何から勉強していくべきなのか分からないという方は多いのではないでしょうか。

未経験だと、どの分野が重要で、どの分野を集中的に学ぶべきなのかという疑問を持つでしょう。

また、1つの分野だけを深く勉強すると、かえってマクロ的な視点を持つことができなくなる、ということも危惧されます。

スタアカではどの分野を勉強するべきなのかが分かり、さらにデータサイエンスの分野を幅広く学ぶことができるので、未経験の方でもマクロ的な視点を持つようになることが可能です。

将来のキャリアに不安を抱える方

データサイエンスのスキルは、データに基づいて合理的な判断を行えるように意思決定者をサポートするという、データ社会の中で市場価値の高いスキルです。

現在の仕事のキャリアアップや転職など、データサイエンススキルの使用用途はたくさんあります。

将来のキャリアに少しでも不安を抱えている方にはおすすめできると言えるでしょう。

データサイエンスの勉強に挫折してしまった方

データサイエンスは複雑ゆえに難易度の高い分野です。

そのため、「一度学習を始めたが挫折してしまった」という経験をお持ちの方も少なくないのではないでしょうか。

スタアカではアニメーション動画でわかりやすく学べたり、現役のデータサイエンティストがメンターとして対応してくれるので、一度学習を挫折してしまった経験のある方にもおすすめです。

まとめ

データサイエンスは難易度が高いゆえに、市場価値が高いスキルとなっています。

データサイエンスに興味を持っている方や、学習を始めたものの挫折してしまった方は、現役のデータサイエンティストがメンターとして伴走してくれて、分かりやすくデータサイエンスを学ぶことができる「スタアカ」を利用してみてはいかがでしょうか。