スタディングの証券外務員講座って?特徴・口コミ・微妙なところは?

手に職を付けたい人にとって、資格は大きな武器となります。

特に経済関連の資格は常に一定の需要が見込まれるため、転職や再就職に際して取得しておくのがおすすめです。

お金にまつわる資格にも色々な種類がありますが、金融商品に興味があるのならば証券外務員の資格を目指してみると良いでしょう。

この記事では証券外務員の取得に有用な通信講座スタディングについて紹介します。

証券外務員講座の特徴は?

外務員講座
スクール名スタディング
目指せる資格一種外務員・二種外務員
料金(税込)セットコース:16,000円
一種コース:8,900円
二種コース:9,900円
学習方法Webテキスト・映像講義
問題集・模擬試験
試験会場全国各地
資格試験筆記試験
難易度2.0

スタディングの証券外務員講座は、学習プロセスのすべてがオンラインで完結するという点が大きな特徴です。

パソコンからはもちろんの事、スマホやタブレットでも学習可能なので場所や時間を選びません。

証券外務員講座に限らず、スタディングというサービス自体が仕事や家事で忙しい人のために作られているのです。

そのため、画面の範囲や操作性に制限の多いスマホやタブレットといったモバイルデバイスでも、快適に学習出来る工夫が凝らされています。

例えばスタディングの学習は動画による講義が中心となっており、通勤中でも目と耳を使いながら効率的に知識を吸収する事が可能です。

また、1つの動画はテーマごとに区切られて10分程度で完結しています。

倍速再生も可能なので、ちょっとしたスキマ時間も有効活用出来るでしょう。

アウトプットも重視

スタディングの証券外務員講座ではインプットした知識をアウトプットするための問題集も豊富です。

証券外務員の試験は一種と二種に分かれていますが、どちらの場合でも計算問題が課されます。

計算問題は配点が高く設定されているため、合格を狙うためにはしっかりと対策しておきたいポイントです。

スタディングでは知識の定着だけでなく、こうした試験合格に必要となる対策にもしっかりと注力しているので安心と言えます。

証券外務員講座の口コミは?

フルタイム勤務と育児を両立させている状況下で資格取得しなくてはならず、市販のテキストを購入したものの頭に入らず困っていたところにスタディングに出会いました。
テキストを開く時間すらほとんど出ない中でいつでもどこでも受講でき、寝かしつけや家事をしながらどんどん進めることができました。
細かい段階のある倍速機能、進捗管理、問題練習・テスト復習機能など痒いところに手が届く機能が満載でとても助かりました。
約一ヶ月間の勉強時間で一発合格することができ、結果的に何度も受験することになるよりも時間的にも費用的にも安上がりになったと思います。
独学で勉強することに限界を感じ申込みました。動画は短めのものが沢山あるので隙間時間に勉強しやすいですし、スマホ専用の画面もあるので問題演習もやりやすかったです。特に問題演習は自分が合っていても間違っていても解説が見れますし、間違い選択肢のどこが違っているかも解説があり本当に便利でした。必要な知識を絞って勉強できるので効率が良かったです。
ビデオもテキストもシンプルな色使いですが、そのおかげで大事な部分を記憶しやすいですね。
練習モードは正解しても不安があれば要復習にチェックを入れて、落ち着いて解けるようにしました。画面のサイズ変更やメモ、マイノート、仲間投稿SNSなど機能が充実しているので自分なりの使い方をいろいろ試すうち、ちょっとした隙間時間でも学習を進めることができました。
本番の試験時間は2時間ありますので、速く回答することよりも、焦らずに回答できるように学習してよかったです。

※公式サイトより引用

証券外務員講座の学習に使う教材は?

基本講座

スタディングの証券外務員講座では、映像教材となる「基本講座」を中心に学習を進めていく事になります。

この映像教材はスタディングのこだわりが詰め込まれているコンテンツです。

例えば映像内で講義を行う講師には大学でも授業を行うその道のプロフェッショナルを迎えています。

証券外務員の一種資格やファイナンシャルプランナー資格も有した実務経験者であり、講義では実務に活かせる知識もふんだんに盛り込まれていると合格者からも好評です。

また、広範囲に及ぶ証券外務員試験の試験内容の中でも、重要項目や頻出ポイントに絞って効率的に知識を定着させる事を目的としています。

問題集

知識のアウトプットに必要となる問題集は3つの柱で構成されています。

  1. スマート問題集
  2. 五択・計算問題演習
  3. 直前対策合格模試

スマート問題集は本番の試験でも主題される正誤問題に重点を置いた問題集であり、正しい知識の定着に一役買ってくれるでしょう。

配点の高い五択・計算問題集で試験に合格するためのノウハウを身に付け、直前対策では本番同様の形式で模擬試験に挑む事が出来ます。

また、証券外務員の試験はパソコンで実施されるため、オンライン環境で学習・模試を繰り返しておけば本番環境に慣れておけるという点もメリットです。

証券外務員講座の学習の流れは?

スタディングの証券外務員講座では「映像講義」→「スマート問題集」→「五択・計算問題演習」というサイクルを繰り返して各テーマの知識や解法を身に付けていきます。

学習フローの一例

・通勤時間に映像講義で知識をインプット
・休憩時間中にスマート問題集でアウトプット
・帰宅してから五択・計算問題演習で知識の運用力を高める

 

すべてのプロセスはスマホ1つで行えるようになっているので、出先の空き時間だけで学習を完結させる事も可能です。

ただし、五択・計算問題演習ではじっくりと時間をかけて正しい解答プロセスを見に付ける事が重要なので、自宅でゆっくり取り組むのがおすすめと言えます。

証券外務員講座はどんなコースがある?

スタディングの証券外務員講座には3つのコースが用意されています。

  • 二種・一種外務員セットコース(16,000円)
  • 一種外務員合格コース(8,900円)
  • 二種外務員合格コース(9,900円)

一種と二種で合格後に取り扱う事の出来る金融商品が異なるため、用途や目的に合わせて利用者がコースを選べるようになっているのです。

証券外務員講座の一般的な受講料相場が2~3万円程度である事を考慮すると、リーズナブルであると言って良いでしょう。

教材クオリティも高い水準となっているため、コストパフォーマンスの高い講座です。

また、スタディングでは受講料割引キャンペーンを実施する事も多いので、お得に受講したい人はタイミングを見計らって申し込みましょう。

証券外務員講座の微妙なところは?

質問ができない

手軽な学習環境やコストパフォーマンスに良さが魅力的なスタディングの証券外務員講座ですが、気を付けておきたいポイントがいくつかあります。

例えば、学習しながら分からないところが出てきた際に「質問する事が出来ない」という点には注意が必要です。

サポート体制が充実した講座を求める人にとっては、少し気になるところかもしれませんね。

ただし、スタディングの映像講義やテキストは入念に練り上げられているため、初めて学習する人でも分かりやすい作りが心がけられています。

口コミに関しても質問出来ない事への不満は少ないです。

紙のテキストがない

また、スタディングはオンライン完結型の学習システムを前提としているため、基本的に紙媒体のテキストが用意されていません。

手元の冊子に書き込みをして学習を進めるタイプの人は、オンラインでの学習環境に慣れる必要があります。

この点に関しても、知識の定着に必要なプロセスは揃っているのである程度使い続ければすぐに慣れる事が出来るでしょう。

スタディングの受講料が安く抑えられているのは、こうしたサポートの人件費やテキストの印刷代をカットしている事が大きな要因です。

証券外務員講座はこんな人におすすめ!

スタディングの証券外務員講座は、「時間を有効活用して効率的に学習したい」という人におすすめです。

仕事や家事と両立しながら資格取得を目指せるので、転職活動や再就職の準備として活用する人が多い通信講座となっています。

また、体系的なカリキュラムで分かりやすく学習出来るので「独学が苦手」な人にもおすすめ出来ると言えるでしょう。

オンライン完結型という点では「紙のテキストで机に向かって学習するのが苦手」というタイプの人にもマッチします。

「学習費用を抑えたい」といった場合にも、スタディングのコストパフォーマンスの良さは魅力的です。

効率的な学習方法で証券外務員を目指そう

経済が発達するに連れて金融商品の重要性は高まり、証券外務員が活躍出来るシーンも増えています。

スタディングの通信講座を活用すれば、空き時間を有効活用して最短距離での合格が目指せるでしょう。

スマホやパソコンを活用した学習方法の登場は、IT化が進んだ現代社会では必然的とも言えます。

便利になった世の中の恩恵を享受して、新たなステップを踏み出してみてください。