スタディングのマンション管理士・管理業務主任者講座の特徴・口コミは?

マンションに住む人が増加するのに伴って需要が高まっている資格がマンション管理士や管理業務主任者です。

比較的難易度が高い資格なので、資格を取得するために講座を利用して学習することを検討している方も多いのではないでしょうか。

今回はスタディングのマンション管理士/管理業務主任者講座について、口コミや特徴などを詳しくご紹介します。

講座の特徴は?

マンション管理士/管理業務主任者講座
スクール名スタディング
目指せる資格マンション管理士
管理業務主任者
料金(税込)セットコース:35,200円
マンション管理士コース:29,700円
管理業務主任者コース:29,700円
学習方法Webテキスト・映像講義・問題集
難易度3.5

コスパが良い

スタディングの講座の特徴として、まずW受験で受講費用が安くなる事が挙げられます。

マンション管理士と管理業務主任者は試験内容が重なる部分があるため、同時に2つの資格を受験する方が多いという傾向があります。

スタディングではこのような受験者の傾向に合わせて、2つの資格を同時に受験できる講座を準備しています。

その為、別々のカリキュラムで受講する場合と比較すると、大変安く受講できるようになっています。

スマホ学習に特化

また、スタディングはスマホ学習に特化している点も特徴です。

休憩時間や通勤時間などのスキマ時間を有効活用できるように、スマホを使用して勉強できるようになっています。

講座はもちろんのこと、テキストから問題集まですべてスマホ1つで学習できる講座の内容となっていますので、いつでも取り組めて便利です。

初学者でも学べる

スタディングのマンション管理士・管理業務主任者講座では、基本からしっかりと学ぶことができるのも魅力です。

理解しやすいWEBテキストを用いていますので大変分かりやすく、さらに問題集は基本を復習しながら解き進めていくというスタイルを採用しています。

その為、マンション業務に関する知識のない方でも、勉強を理解しやすくなっています。

その他には、モチベーションを上げた状態で効率的に学習を進めるようなカリキュラムとなっていますので、WEB学習でも途中で挫折する事がないように工夫がされています。

 

受講した人の口コミは?

賃貸不動産経営管理士の合格後にスキルアップを目的として共通する資格を検索していたところこの資格を見つけました。
賃貸不動産経営管理士合格後、最初は独学しかないと思い大手予備校の参考書と問題集を購入してやろうと思いましたが、買ってすぐにその問題量、試験範囲の多さに挫折しかけました。
それまでは通信教育をしたことがなかったのですが賃貸不動産経営管理士の知識を無駄にしたくなかったので通信教育を探していたところここを見つけました。
内容は学習内容の大枠をつかむのにとても役立ち、ここの講義でしっかりと基礎を定着できたのが合格の秘訣だと思います。
試験結果は、管理業務主任者が39点で合格できました。
勉強時間はおおよそ200時間ほどで合格できたのでとても満足しています。
宅建合格後に試験範囲が似ているということもあり、受験してみようと思って、管理業務主任者試験に向けて勉強を始めました。
区分所有法や標準管理規約等が不動産業に勤めていない私にとって、かなり理解が進まず、独学は厳しいなと判断し、スタディングを受講しましたが、先生の講義がとてもわかりやすく、何度も何度も視聴して、その度に過去問を解いていきました。
少し勉強時間が足りなかったので、試験前は苦労しましたが、それでも、わかりやすい授業のおかげで、合格できました。
諦めずに毎日勉強し続けることが合格の近道だと思います。
何から学習を始めて良いのか解らない、初学者にピッタリの通信講座でした!
謳い文句の隙間時間にビデオの視聴やテキストをインプットし、週末や休日に問題演習を行って、知識の整理とアウトプットを行いました。
マンション管理士は、不合格でしたが、管理業務主任者は一発合格できました。
ありがとうございました。

※公式サイトより引用

学習の流れは?

入門・基礎期

スタディングの学習の流れは、まず入門・基礎期から開始します。

入門・基礎期では、基本的な内容のビデオ講座やWEBテキストでのインプット学習から始まり、そしてすぐにアウトプット学習に入ります。

インプットした知識をすぐにアウトプットする事で、知識の理解度を確認する事はもちろん、短期間での知識の習得も可能です。

アウトプット学習では、一問一答のスマート問題集やセレクト過去問集を使って、1つの項目やカリキュラムごとに問題を解きながら学習を進めていく事が出来ます。

その後はインプットとアウトプットを繰り返しながら、知識の定着を図っていくという流れになっています。

応用期

入門・基礎期が終了したら、応用期に入ります。

応用期では、まずマンション管理士難問解法講座のビデオを用いてのインプット学習からスタートです。

その後、PDF形式の問題集と解説を用いて、繰り返し問題を解いていきます。

マンション管理士は独特の難解な問題が出題されることが特徴です。

その為、応用期はその難解な問題に対して、解法を導き出すテクニックを身につける期間となっています。

スタディングの学習アプリって?

スタディングでは学習効率を高めるためにアプリを導入しています。

学習アプリを用いて勉強を進める事で、劇的に学習の効率がアップします。

学習フロー機能

学習フロー機能は、スタディングが独自に学習計画を立ててくれる機能です。

学習計画を立ててくれますので、自分自身で勉強をどのように進めればよいのかと悩む必要がありません。

しかも、効率的にスケジュールを組んでくれるため、学習の無駄が少なくなります。

提案された学習計画に沿って進めていく事で、より短期間で目標の資格取得まで到達する事が可能になります。

勉強仲間機能

勉強仲間機能は、同じ資格取得を目指して学習をしている仲間と知り合う事ができる機能です。

仲間ができる事でそれぞれの勉強方法や学習の進捗状況を知る事ができ、更に学習の壁にぶつかったときなどは励まし合う事もできます。

WEB学習では一人で勉強を進めていかなくてはいけないことから、どうしてもモチベーションを維持する事が難しいです。

勉強仲間機能を使うと、目に見えて仲間の努力が伝わってきます。

その為、やる気を継続しながら学習を進めていく事ができ、更に仲間同士良きライバルとして切磋琢磨する事ができるでしょう。

問題横断復習機能

問題横断復習機能を使えば、効率的に問題を復習しながら勉強を進めていく事ができます。

問題横断復習機能では、以前に間違えた問題や苦手に感じている問題を中心に復習していくため、的確に不得意分野を克服できます。

結果的に勉強時間の短縮にもつながることから、大変効率的な学習スタイルを実現できる機能と言えます。

どんなコースがある?

スタディングでは、マンション管理士/管理業務主任者講座は3種類のコースを設定しています。

マンション管理士/管理業務主任者合格コース

まず、2つの資格を同時に受験したい方向けに、マンション管理士/管理業務主任者合格コースがあります。

こちらは3種類の中で最も人気が高いコースです。

2つのコースを同時に学ぶことができる上に、受講料金もリーズナブルに設定されていますので、W受験を考えている方には大変おすすめのコースと言えるでしょう。

マンション管理士合格コース

マンション管理士合格コースは、マンション管理士試験に特化したコースとなっています。

マンション管理士試験に特化した内容で、徹底的に無駄を省いた学習方法を採用していることが特徴です。

基礎から応用、更に難問対策まで対応している充実のカリキュラムとなっています。

管理業務主任者合格コース

管理業務主任者合格コースは、管理業務主任者の資格取得を目指す人向けのコースです。

基礎的な部分からしっかりと学習を進めていきますので、マンション管理に関する勉強が始めての方でも安心して受講する事ができます。

微妙なところは?

スタディングのマンション管理士/管理業務主任者講座の微妙なところは、2つの資格を同時に受験するコースは安く設定されているという点です。

その為、W受験を考えている人には大変おすすめですが、それぞれの資格のみを受験したい人にとってはメリットが少なくなっています。

その他には、学習方法がスマホ1つで完結しているという事も挙げられます。

スマホのみでの勉強を希望している方なら良いですが、実際にテキストなどに書き込んで勉強を進めたいと思っている方は不向きと言えるでしょう。

もしスタディングの講座を進めていくうちに、紙を媒体としたテキストを使用したくなった場合には自分で準備する必要がある点は注意が必要です。

こんな人におすすめ!

スタディングのマンション管理士・管理業務主任者講座は、同時に2つの受験を考えている方におすすめです。

別々のコースで申し込むと、講座料金も2倍になってしまいます。

しかし、スタディングでは2つのコースを1つにまとめていますので、別々に受講するよりも大変安くなっていてお得です。

その他には、スキマ時間を利用して手軽に学習したい方にもおすすめの講座と言えるでしょう。

講座だけではなく、テキストから問題を解くまでの一連の勉強をすべてスマホ1つで完結できます。

まとめ

スタディングのマンション管理士/管理業務主任者講座は、2つの資格を同時に受験したい人には大変おすすめの講座と言えます。

それぞれ別で講座を受講すると割高になってしまいますが、まとめて1つのコースになっているのでお得です。

更にスマホ学習に特化していますので、働きながらの資格取得も可能となっている点も魅力です。

自分の勉強スタイルや目標とする資格に合わせて、スタディングの講座を選ぶようにしましょう。