フューチャリズムに未経験OKの案件はある?利用する際に注意すべき点は?

フューチャリズムはフリーランスエンジニアの仕事探しに特化したエージェントです。

希望にマッチした仕事を紹介してくれると話題のサービスですが、未経験のフリーランスエンジニアは利用できるのでしょうか。

ここでは未経験者への対応、上手な活用法と注意点、未経験者が独立する流れ、などについて説明しています。

フリーエンジニアを目指している方は、まずは自身の立ち位置を知っておきましょう。

フューチャリズムに未経験OKの案件はあるのか?

未経験OKの案件は皆無ではない

フューチャリズムの検索窓で未経験と入力すると、該当案件が表示されます。

案件数は限られてきますが、チャンスがゼロというわけではありません。

近年は未経験の方でも取り組めるシンプルな案件を募集するクライアントが増えてきています。

エンジニアとしてのスキルがなくても、基本的なパソコン操作ができればOKという仕事もあるのです。

未経験でも仕事を得ることはできる

エンジニアの経験がなくても、仕事ができないわけではありません。

高収入を得ているエンジニアも最初は未経験者だったわけです。

未経験者から初心者、中級者、上級者というように段階的にステップアップしていくのです。

最初のころは数少ない案件から選んでいく必要がありますが、経験に伴って応募できる案件は増えていきます。

コミュニケーション能力を重視するクライアントも

ITスキルはあまり求めないというクライアントもいます。

こうしたクライアントの案件であれば、未経験者でも応募しやすいでしょう。

ただし近年はコミュニケーション能力を重視するクライアントが増えてきている現実があります。

エンジニアは技術が第一でコミュニケーション能力は重要ではないと言われていた時代がありましたが、現在は事情が違ってきています。

コミュニケーション能力が高いフリーランスは協調性が高く、業務遂行がスムーズになると判断されることが一因です。

フューチャリズムは未経験者エンジニアでも利用可能!

おすすめ度3.7
案件数約2,800件

未経験者でも利用は可能

フリーランスエージェントは経験者のみに対応していると考えるかもしれませんが、未経験者でも利用できるサイトはあります。

フューチャリズムもそのひとつです。

公式サイトでは条件マッチングが簡単に行えるので、自分のスキルがどのくらい通用するか見極められるでしょう。

コーディネーターのサポートが役立つ

フューチャリズムにはコーディネーターが在籍しており、さまざまなサポートをしてくれます。

キャリアビジョンを考慮したうえで、最適な仕事を提案してくれるのです。

未経験者でもやる気と向上心があれば、仕事をまかせてくれるクライアントはいます。

最初のころは十分な仕事を確保できず、収入は少ししか得られないかもしれませんが、これは多くの人に共通することです。

クライアントの中には、スキルよりも向上心を買ってくれる人もいます。

チャンスにあふれているエンジニア業界

エンジニア業界は慢性的な人材不足の状態にあります。

そのため未経験者でも仕事を依頼してくれるクライアントが存在するわけです。

また、業務の多様化によって、未経験者でも取り組める仕事が全体的に増えてきています。

こうした仕事をこなしつつ、フリーランスエンジニアとしてのキャリアを構築していきましょう。

 

未経験者がフューチャリズムを上手く利用するには?

やる気を見せつつ積極的にアピールを

フューチャリズムで仕事を探すときは、未経験者だからと悲観的になる必要はありません。

クライアントはフリーランスのやる気とアピール力を見ています。

自分ができること、得意なことをしっかりとアピールできる人はそれだけで有利になります。

明確にアピールをすれば、クライアント側としても自社に適した人材か判断しやすくなるためです。

まずは自身の市場価値を認識しよう

自身の市場価値を知るのは勇気がいるでしょうが、知っておくことでスキルに応じた仕事探しがやりやすくなります。

フューチャリズムではコーディネーターのサポートを受けることができます。

無料相談、ヒアリングなども可能なので、疑問や不安があれば解消しておきましょう。

また、紹介された案件の条件をチェックすれば、自身の市場価値をある程度把握できます。

スキルと報酬は比例することが多く、提示された報酬を見れば自身の実力がわかってきます。

未経験者がフューチャリズムを利用する際に注意すべき点は?

まだ信用がない状態からのスタートになる

フューチャリズムはフリーランスになりたいエンジニアを応援してくれますが、未経験者が仕事を獲得するのは決して簡単ではありません。

経験は実績や信用につながるため、経験がない状態というのは信用も低いのです。

それゆえ受注できる仕事量は必然的に少なくなります。

クライアントからのサポートは期待できない

フリーランスエンジニアは会社員ではありません。

いわばひとり社長の立場であり、クライアントからあれこれと教えてもらえる立場ではないのです。

困ったときはクライアントが徹底サポートしてくれるなどと考えてしまうと、相手に迷惑をかけることになるでしょう。

知識よりも経験を見られる

フリーランスエンジニアに要求されるのは経験です。

経験があれば自然と実績が付いてくるためです。

エンジニアとしての知識と理論が人一倍優れていても、実務経験が皆無だと仕事を見つけるのは容易ではありません。

低単価な案件が目立つ

未経験者が受注できる案件は、全体的に低単価な傾向があります。

これはフリーランスエンジニアに限ったことではなく、多くの業種・職種に共通することです。

フューチャリズムでしっかり稼げるようになるには、スキルを身につけるのが近道です。

未経験者がフリーランスを目指す流れは?

最初にやっておきたいプランニング

まずはフリーランスエンジニアを目指すうえでのプランニングをしておきましょう。

言語や職種、単価などを明確にしておきます。

自分の好きな仕事であれば、モチベーションを維持しやすくなり、それが結果的にキャリアアップにつながります。

案件応募に際して必要なスキルを備えているか

フューチャリズムには数多くの案件が掲載されていますが、自分のスキルでこなせない案件に応募するのは得策ではありません。

まずは応募したい案件をチェックし、クライアントが求めるスキルやレベルを満たしているか調べておく必要があります。

スキルが不十分なら磨いていこう

今現在のスキルで受注できる案件が少ないのであれば、スキルアップが必須となります。

独学で学ぶ、エンジニアのスクールに通う、企業に勤めて実績を積む、などの方法を経てみましょう。

フリーランスエージェントを利用するのは、それからでも遅くはありません。

未経験者がフリーランスの案件を獲得する方法は?

友人や知人を経由して紹介を受ける

友人や知人に相談すれば、仕事を紹介してくれる可能性があります。

ダメ元で話してみたら、相手がIT業界に勤務していて仕事をくれたという話もあるのです。

友人や知人からの紹介であれば、悪質な案件に遭遇する確率は低いでしょう。

クラウドソーシングサービスの利用

クラウドソーシングサービスではフリーランスエンジニア向けの案件が紹介されています。

業務内容や単価、こだわり条件などで絞られるのがメリットです。

利用における注意点は、高単価だから割のいい仕事とは限らないことです。

高単価であっても長時間を要する仕事であれば、時間給で1,000円未満になってしまうケースもあります。

フリーランスエージェントで見つけよう

フリーランスエンジニアが仕事を探すなら、エンジニアに特化したフリーランスエージェントを利用するのが得策です。

仕事における相談、キャリアプランの提案、クライアントとの交渉代行など、便利なサービスが揃っています。

未経験者が参加できるエージェントなら、経験ゼロからでも実績を積むことができます。

まとめ

未経験者でもフューチャリズムで案件を探し、受注できる可能性があります。

仕事獲得において大切なのは、自身の強みをクライアントに明確に伝えることです。

未経験者のころは案件獲得が容易ではありませんが、スキルをあまり問われない案件をコツコツとこなし、スキルアップをしていけばチャンスが広がります。

まずは自身のスキルと市場価値を認識し、応募できる案件を見極めていきましょう。