テックビズフリーランスとは?口コミ評判・特徴・おすすめ案件・よくある質問など解説

フリーランスエンジニアが仕事を探す場合、自分で営業するよりもエージェントサービスを利用する方が効率よく仕事を見つけることができます。

テックビズフリーランスは、手厚いサポートで注目を集めているエージェントサービスです。

そこで今回は、フリーランスエンジニアとして活躍したい人のために、テックビズフリーランスの口コミ・評判やメリット・デメリットをご紹介します。

テックビズフリーランスとは?

募集職種エンジニア全般
対応エリア
税務サポート
ヘルスケア
コミュニティ
支払い月末締め・翌月20日払い
(即日払いも可)

テックビズフリーランスは、株式会社NKC ASIAによって運営されているフリーランスエンジニアに特化したエージェントサービスです。

「ミドル層エンジニアに最も寄り添えるエージェント」をモットーとしており、案件紹介はもちろん確定申告などフリーランスに伴う雑務のサポートも行っています。

フリーランスエンジニアの経験が無い、もしくは浅い人でも、安心して働けるでしょう。

また、対応地域は東京だけでなく大阪や広島、福岡など主要な都市に対応しています。

 

テックビズフリーランスのサービスの特徴は?

ここがおすすめ!

案件継続率97%以上

・案件数3万件以上

・業務時間後や土日も対応

確定申告等の代行サービス

テックビズフリーランスの大きな特徴として、確定申告の代行サービスがあげられます。

フリーランスエンジニアは個人事業主となるため確定申告を行わねばなりませんが、正社員として働いてきた人は勝手がわからず戸惑ってしまうことも珍しくありません。

しかし、テックビズには専属の税理士が在籍しているため、確定申告に関するプロのサポートが受けられます。

自分で税理士を雇うとなると年間で数十万円かかることもありますが、テックビズなら無料で税理士のサポートが得られます。

雑務に煩わされることなく、仕事に集中できる環境が用意されています。

コンサルタントは全て独立経験有りの人材

テックビズフリーランスのコンサルタントは全員が独立経験を持つため、フリーランスとして働く悩みやキャリアに関して経験に基づいた具体的なアドバイスをしてくれます。

独立を目指す人も、気軽に相談できます。

テックビズフリーランスの口コミ・評判は?

サポートが手厚い
開業届から記帳代行、確定申告まで無料でフルサポートいただけるのは非常にありがたいです。
記帳代行は領収書PDFを送付すればOKという手軽さです。

>>公式サイトより一部抜粋

経験が浅くても大丈夫
エンジニア経験が約2年と、経験が浅いので仕事が決まるか不安でしたが、親身になって多くの案件を提案いただけました。

>>公式サイトより一部抜粋

開業届から記帳代行、確定申告まで無料でフルサポートいただけるのは非常にありがたいです。
記帳代行は領収書PDFを送付すればOKという手軽さです。

>>公式サイトより一部抜粋

エンジニア経験が約2年と、経験が浅いので仕事が決まるか不安でしたが、親身になって多くの案件を提案いただけました。

>>公式サイトより一部抜粋

独立経験のあるコンサルタントの方が専属でサポートいただけるので、安心感がありました。

>>公式サイトより一部抜粋

 

テックビズフリーランスを利用するメリットは?

豊富な案件数

仕事を探すフリーランスエンジニアにとって、公開されている案件が多いに越したことはありません。

テックビズフリーランスは、保有案件が5000件以上と豊富なのがメリットです。

案件が多いことが優良エージェントの基準ではありませんが、案件が多いと仕事選びの選択肢も広がるでしょう。

リピート率が高い

通常、フリーランスエンジニアは複数のエージェントに登録して案件を探します。

案件ごとにエージェントを変えるフリーランスエンジニアも多い中、テックビズで案件を得た人は次の案件もテックビズを介して獲得する率が高くなっています。

継続率90%とも言われており、フリーランスエンジニアからの信頼度の高さを証明しています。

単価交渉も任せられる

仕事へのモチベーションアップのためには、案件の単価も大きな要素となります。

テックビズでは単価アップを希望する場合、コンサルタントから企業に交渉を行ってくれます。

案件参画前の交渉だけでなく参画後の交渉も行ってくれるため、現場での貢献度に合った報酬を得ることが可能です。

案件を変更することなく、報酬だけアップさせることができます。

福利厚生が充実している

テックビズでは、フリーランスエンジニアとして働くうえで嬉しい福利厚生が整っています。

  • 書籍購入費の補助
  • コワーキングスペースの利用費用の補助
  • Wi-Fiレンタル費用の補助

など、嬉しいポイントがさまざまです。

自宅に仕事のスペースがない人やWi-Fi環境が整っていない人も、快適に仕事をすることができます。

テックビズフリーランスを利用するデメリットは?

登録するまで案件検索ができない

テックビズフリーランスでは、登録して初めてどのような案件があるのか検索できるようになります。

登録前にどんな案件があるのか知っておきたい人にとって、少し歯がゆいシステムでしょう。

カウンセリング面談などのプロセスを経て登録したのに、希望する案件が見つからないということもあり得ます。

少なくとも実務経験が1年以上は必要

テックビズはミドル層エンジニアをターゲットとしたエージェントサービスであるため、エンジニアとして実務経験がゼロの人は登録できません。

プログラミングスクールを卒業していても、実務経験が無いと案件を紹介してもらうことは難しくなります。

また、無理に紹介してもらったとしても、実務経験が無いと苦戦することになるでしょう。

口コミが少なく実情がわかりにくい

テックビズフリーランスは2015年に設立された比較的新しいエージェントサービスであるため、口コミがあまり多くありません。

そのため、実際に利用した人の生の声をなかなか聞けないというデメリットがあります。

実情を知るためには、口コミを参考にするよりもカウンセリングを受けて判断するのがよいでしょう。

 

テックビズフリーランスでよくある質問は?

Q. 利用料金はかかる?

利用料金はかかりません。

Q. リモート案件はある?

リモート案件もあります。

Q. 支払いサイトは何日?

「月末締め・翌月20日払い」です。

別途相談すれば、即日払いも対応しています。

テックビズフリーランスをサービスを利用する流れは?

利用登録

まずはテックビズフリーランスの無料登録をしましょう。

案内に沿って情報を入力するだけなので簡単です。

また、この登録時、もしくは登録後できるだけすぐに、経歴やポートフォリオを提出する必要があります。

自分のスキルを十分に伝えられるよう、手を抜くことがないようにしましょう。

よく分からないという方は、ポートフォリオの作り方ガイドを掲載している記事もあるので、ぜひ参考にしてみてください。

カウンセリング

次に担当のアドバイザーとのカウンセリングです。

経歴やスキルについて深掘りしたり、希望条件のヒアリングをしたり、これからの案件紹介に向けた準備をします。

希望条件には優先順位をつけておくと、アドバイザーとしても案件紹介がしやすくなり、自分としても案件の比較がしやすくなるでしょう。

基本的にオンライン面談が多いですが、場合によっては来社で対応しているところもあるようです。

案件紹介

ここから実際に案件の紹介が始まります。

勤務日数や報酬などはもちろんですが、必要なスキルなどもしっかり確認しておきましょう。

実際に希望する案件があれば、アドバイザーに伝えて選考へと進みます。

面談

参画先の企業との面談です。

勤務内容の確認や条件面のすり合わせなどを行なっていきます。

給与交渉や人間関係など、聞きづらいことはアドバイザーを上手に活用しましょう。

参画

企業とお互いの条件が合致すれば、晴れて参画となります。

業務にしっかり集中するのはもちろんですが、作業報告書等の書類提出が必要なことも多いので注意してください。

参画中もエージェントのサポートを受けられることが多いので、何か困ったことがあれば相談しましょう。

テックビズフリーランスがおすすめな人は?

エンジニア経験がある程度あり、フリーランスを考えている人

テックビズフリーランスは、経験のあるエンジニア向けの案件が公開されているうえ、手厚いサポートが受けられます。

フリーランスになることに不安を感じている人でも安心して働くことができます。

エンジニアとしてのキャリア・スキルアップを目指す人

テックビズフリーランスのコンサルタントは過去に独立経験を持つ人ばかりで、実践的なアドバイスをもらえる点が特徴です。

キャリアで迷った時も、有益な助言をもらいキャリアアップやスキルアップに役立てられるでしょう。

雑務に煩わされずフリーランスとして活躍したい人

フリーランスになると、確定申告など正社員の時には必要なかった雑務を行わねばなりません。

テックビズフリーランスは専属の税理士が在籍しているため、雑務に煩わされることなくフリーランスエンジニアとして活躍できます。

安定した案件数や収入を得たい人

テックビズフリーランスでは、5000件以上の案件が公開されています。

選択肢も多く自分に合う案件が見つけられるため、満足できる収入を得やすくなります。

また、案件募集は途切れることがないため、案件が終わったらまたすぐに次の案件を見つけることができます。

できるだけ早くプロジェクトに参画したい人

通常、案件を見つけて面談などを行い実際にプロジェクトに参画するまでに1週間以上かかりますが、テックビズフリーランスは最短3日でプロジェクトに参画できます。

そのため、できるだけ早くプロジェクトに参画したい人におすすめです。

 

テックビズフリーランスに未経験OKの案件はあるのか?

テックビズフリーランスの募集案件の中には、数年以上の経験がある人材を指定しているものも多く含まれています。

全体的に見れば、テックビズフリーランスで紹介している案件は、3年以上のエンジニアとしての経験を持つ人材に向いているものが大半を占めているといえるでしょう。

しかし、必ずしもすべての案件が経験者限定になっているわけではありません。

テックビズフリーランスでは、指定した経験年数同様のスキルを有している人材であれば、未経験者でもOKとなっている案件も多数あります。

また、登録後は専属のエージェントがいつでも相談に応じてくれますので、自分の将来の展望についても相談してみると良いでしょう。

テックビズフリーランスは未経験者エンジニアでも利用可能!

エンジニアは様々な企業からの需要がある職業ですが、その多くが知識や経験を持つ経験者に限られています。

そのため、スクールを卒業したばかりの人や独学でスキルを身につけた人にとっては、なかなか仕事が見つからない環境になることもあるでしょう。

テックビズフリーランスは、フリーランスのエンジニア向けの案件を多く取り扱っていますが、その種類は様々です。

一般的には経験者向けの案件の割合が多くなりますので、全くの未経験者にとってはハードルが高いと思われる可能性もあるでしょう。

ただ、テックビズフリーランスは取り扱っている案件の数が多いだけでなく、会員向けのサービスが充実していますので、実績があってもフリーランスとしては駆け出しの人にはおすすめです。

例えば、確定申告の書類作成のサポートや先払い制度の導入、登録会員向けのサービスなど様々な内容がありますので、非常に心強い存在となるでしょう。

ここがポイント!

また、未経験者向けの案件が少ないからと言って、テックビズフリーランスの登録自体を拒否されるわけではありません。

すぐに自分に合った案件が見つからないこともありますが、無料登録で充実したサポートが受けられますので、とりあえず登録を済ませておくのも良いでしょう。

フリーランスエージェントを選ぶポイントは?

案件数をチェックしよう

フリーランスエージェントを選ぶ上で、案件数がどれくらいあるかとういうことは大事なポイントです。

まずは、案件数の多いフリーランスエージェントを3種類ほど登録しておきましょう。

そうすることで、客観的な視点で見ることができます。

東京や大阪などの大都市エリアと、地方のエリアでは案件数が変わってくるため、自分に合ったサイトを選んでください。

大手のフリーランスエージェントは1万件以上あることも多いです。

仕事にこだわりを持っている人は、なるべく多くの案件が掲載されているフリーランスエージェントに登録すれば仕事が見つかりやすくなります。

様々なフリーランスエージェントで公開されている案件の内容を比較して、希望する条件に合う仕事を多く紹介しているフリーランスエージェントを選びましょう。

サポート体制をチェックしよう

フリーランスの案件紹介サービスは2種類あり、

  1. エージェント型
  2. クラウドソーシング型

と呼ばれます。

エージェント型は、契約時やトラブルが起きた時のサポート環境が整っています。

一方、クラウドソーシング型は案件にかかるまでの流れが簡単なので、簡単に仕事を始めることが可能です。

エージェント型に登録したいという人は、2〜3社程登録してみてください。

そうすれば、様々な案件を比較したり、使いやすいエージェントを探すことが出来ます。

探しているうちに、相性の良い担当者にも出会えることが多いです。

どちらが良いか分からないという人は、2つとも登録してみましょう。

まず登録してみて、使い勝手の良い自分に合ったサイトを見つけてください。

マージン率や支払サイトをチェックしよう

フリーランスエージェントでは、マージンを取られることが多いです。

マージンとは手数料のことを指し、この費用によってエンジニアが利用しやすい環境が整えられています。

中間マージンを取られたくないと思う人も多いですが、案件を探して仕事に参加するための必要な経費です。

マージンはフリーランスエージェントによって異なり、10~25%程度が多いと言われています。

中には、マージン率を非公開にしているサイトもあるため、しっかり確認してください。

高単価の案件を探すには?

高単価な案件を探すには、フリーランスエージェントを利用すると見つけやすいです。

フリーランスエージェントの賢い使い方は?

連絡はこまめに

IT業界でフリーランスとして活動をしていく上で重要となるのが人としての信頼です。

どんなに能力が高くても、クライアントから信用されなければ契約を結んで貰えません。

フリーランスがクライントから信頼を失う原因の一つに連絡の遅延があります。

作業に没頭するあまり連絡を忘れてしまうミスを犯すフリーランスは少なくありません。

定期的な報告を怠ればクライアントに無用な心配を掛けることになります。

例え期待通りの成果を上げられても、安心して任せられないという理由で次回以降は仕事を任せてもらえません。

経過報告が契約に記されていなくても定期的な連絡を入れることは最低限のマナーです。

フリーランスエージェントを複数併用する

近年はフリーランス向けのエージェントが増えています。

一見するとどこを利用しても同じという印象を受けますが、フリーランスエージェントによって案件数から仕事内容まで特徴は様々です。

高単価の報酬が期待できるエージェントもあれば報酬が低い分、短期間で数をこなせる案件が充実している所もあります。

クライアントからの依頼がいつ出るかは決められていないため、時期によって案件数に偏りが出ることも珍しくありません。

利用するフリーランスエージェントを一つに絞ってしまうと仕事が限定されてしまうだけでなく、安定した収入の確保も難しくなります。

仕事が途切れないように、複数のフリーランスエージェントを利用することもフリーランスとして長く活動する秘訣です。

報酬相場を把握しておく

フリーランスは仕事だけでなく、クライアントとの契約も自身で行わなければいけません。

フリーランスエージェントに依頼をするクライアントは大手企業から個人まで様々です。

全てが信頼できるわけではなく、中には不当に安い金額で契約を結ぼうとするクライアントもいます。

一般的な相場を把握していないと、提示された金額が正当な物か判断することができません。

正しく理解をしていれば契約交渉で金額を上げられる上限も見えてきます。

交渉を有利に進める相場の把握もフリーとして成功するための大事な作業です。

参画企業の情報もチェックしておく

仕事相手の情報を知っておくことはビジネスにおける基本作業の一つです。

クライアント企業の事業内容や過去の実績といった情報を調べておくことで、漠然と相手が何を求めているかが見えてくるので円滑に話を進められます。

相手を理解することで得られるメリットはスムーズな契約だけではありません。

良き理解者、パートナーとして長く付き合っていきたい相手と思わせることもできます。

安定して仕事を確保するためにも、事前調査を怠ってはいけません。

フリーランスエンジニアとして活躍できる場を見つけよう

テックビズフリーランスは案件数も多く、正社員の時と同様に安定した収入や仕事を確保することが可能です。

エンジニアとしての経験を活かせる職場で、やりがいのある仕事ができるでしょう。

そろそろフリーランスになってみたいと考えている人は、テックビズフリーランスに登録して活躍できる場を見つけてみてもいいのではないでしょうか。