フォスターフリーランスに未経験OKの案件はある?利用する際に注意すべき点は?

未経験からフリーランスエンジニアを目指すのは苦難の道ですが、決して不可能ではありません。

未経験可のフリーランスエージェントを利用すれば、未経験からでもフリーランスエンジニアを目指すことは十分に可能です。

本項では、未経験でも利用できる「フォスターフリーランス」を紹介します。

フリーランスエージェント選びに悩んでいる方は、是非とも参考にしてください。

フォスターフリーランスに未経験OKの案件はあるのか?

未経験からフリーランスエンジニアとして独立している人は多く、そこには「未経験OKのエンジニア案件が増えている」という背景があります。

ITエンジニアの市場需要は年々高まりつつあり、エンジニアを目指す人材は重宝される傾向が強まっています。

未経験でも積極的に採用する企業も多く、未経験者が案件を獲得できるチャンスも増えているのです。

フォスターフリーランスでも、数は少ないですが未経験OKの案件を保有していることがあり、Webエンジニアやプログラマーなど未経験からでも目指しやすい求人が揃っています。

他にも、「Microsoft Officeが使える」「デザイン関係の実務経験がある」などエンジニア以外の知識・スキルを要求する案件など、プログラミング未経験でも着手しやすいものが多いです。

因みに、フォスターフリーランスは全体の90%が非公開案件となっています。

公開求人の中に未経験OKのエンジニア案件が無くても、登録してコーディネーターに相談すれば希望に合った案件を紹介してくれるかもしれません。

フォスターフリーランスは未経験者エンジニアでも利用可能!

おすすめ度3.2
案件数5,000件以上
税務サポート

ITエンジニア専門のエージェントは登録時に経験年数や実績を求めることが多く、未経験者にはハードルの高い転職サービスと言っても過言ではりません。

しかし、フォスターフリーランスはエンジニアの経験年数を入力する必要がなく、未経験者でも登録することができます。

未経験者でも案件紹介・キャリア相談などのサポートは受けられるのです。

プログラミングの知識・経験が全くない場合でも、コーディネーターがそれまでの経歴に合った案件を探してくれたり、今後の方向性等に関してアドバイスをしてくれます。

未経験者向けの相談にも対応しているので、アピールできる知識・スキルが無くても、登録後のキャリア相談からスタートしてみることをお勧めします。

 

 

未経験者がフォスターフリーランスを上手く利用するには?

スキルをアピールする

エンジニア向けのフリーランスエージェントでは、最低条件として「JavaScriptを用いた開発経験」「システム開発・実装の経験」などある程度の実務経験を要求する案件が多いです。

しかし、先述したように未経験者向けの案件がある他、プログラミングの知識・スキルを証明できれば応募できる確率が高くなります。

仮にプログラミングのスキルを証明できなくても、「Adobe」や「Microsoft Office」などを活用できるスキルも評価されやすいので、積極的にアピールをすることが大切です。

自分のスキルがアピールできるかわからない場合、カウンセリングを利用して能力にマッチした案件を紹介してもらいましょう。

自分の市場価値を知る

この際に提示された案件内容から、自分のスキルを知ることが出来たり、報酬額・待遇などから自分の市場価値を明確にすることが可能です。

また、自分のスキル・経験を伝えておくことで、案件・求人を紹介してもらいやすくなるメリットもあります。

このように、未経験者がフォスターフリーランスを利用する場合、一人で仕事を探そうとするのではなく、コーディネーターのサポートを活用することが大事です。

参画後のフォローアップなども受けられるので、自力で出来ない事はエージェントに頼りましょう。

未経験者がフォスターフリーランスを利用する際に注意すべき点は?

未経験者がフリーランスエンジニアとして独立することは可能ですが、決して簡単ではありません。

まず、エンジニア案件は未経験OKでも「即戦力」としての能力を要求されるので、知識だけでは限界が出てしまうことが多々あります。

この実力を身に付けるためにも、まずは「未経験者向けの低単価案件を受ける」ことを第一に考えましょう。

難易度の低い仕事をこなしていけば、フリーランスとしてのスキル・経験を積み重ねることができ、クライアントからの信頼も得ることができます。

年収は少なくなりますが、経験者にステップアップすればクライアントへの単価交渉も出来るようになります。

ここがポイント!

また、実績があればより高単価な案件の獲得もしやすくなるので、最終的には年収アップに繋げることも可能です。

エージェントを利用して仕事をこなし、「実務経験」という不足分をカバーしましょう。

未経験者がフリーランスを目指す流れは?

プランを立てる

実務未経験者がフリーランスを目指す場合、しっかりとキャリアプランを立てる必要があります。

まず第一に、「フリーランスエンジニアを目指す理由」を踏まえた上で、業務内容・年収などの目標を明確にして、それを実現するように計画を立てましょう。

理由や目標を明確にしておくことで、モチベーションを維持しやすくなるだけでなく、事前知識や準備期間などフリーランスへの独立に必要な計画内容も割り出せます。

スキルを身につける

次に、プランを元にフリーランスエンジニアになるための知識・スキルを確認し、必要なプログラミング言語・インフラの知識を学習し、未経験でも仕事ができる能力を身に付けましょう。

なお、プログラミング学習はサイト・書籍を使った独学も可能ですが、エンジニアスクールを利用すればより早く、実用的なスキルが身につきます。

経験を積む

十分な能力が身についたら、実際にエンジニアとして働いて実務経験を重ねましょう。

正社員として働くのが一番確実ですが、転職が難しいのであればエージェントから副業を紹介してもらう手もあります。

また、エンジニアスクールは卒業生向けの転職支援を行っていることもあるので、それらのサービスを活用する方法もあります。

独立する

長い準備期間を経て、十分な実力を身に付けたらフリーランスエンジニアとして独立しましょう。

無論、経験があってもフリーランスとして評価されるかは別なので、しっかりとアピールしていくことが大事です。

未経験者がフリーランスの案件を獲得する方法は?

知人からの紹介

未経験者がフリーランス案件を獲得する方法は3つあります。

一つ目は「知人などから依頼・案件紹介してもらう」方法です。

クライアントとの信頼構築を簡略化できるメリットがあります。

クラウドソーシング

依頼してくれる知人がいなければ、二つ目の方法「クラウドソーシングサービスを活用する」方法を試してみましょう。

クラウドソーシングの案件は低単価かつ競争率が高いという欠点があるものの、未経験向けの案件が豊富で自分のレベルに合った仕事につきやすいです。

しかし、平均単価が低いので、経験を積んで高単価案件を獲得しても業務量に見合わないケースが多く、生計を立てるには不向きな方法です。

フリーランスエージェント

未経験からでも適正な収入を得たい方は、三つ目の「フリーランスエンジニア向けのエージェントを利用する」方法がおすすめです。

クラウドソーシングに比べて未経験には厳しい方法ですが、低単価でもある程度の年収が確保できる他、案件紹介・キャリア相談などのサポートが充実しているというメリットがあります。

どの方法も一長一短で、一概にどれが良いとは言えません。

それぞれのメリット・デメリットを把握し、自分に合った方法を試しましょう。

まとめ

フォスターフリーランスは案件が豊富で、未経験からのフリーランス独立にも親身に対応してくれます。

対応もスピーディーで登録から最短の希望期間で案件を紹介してくれるため、すぐに仕事に取り掛かりたい人にも最適です。

フォスターフリーランスなら、未経験者でもコーディネーターによるサポートが受けられるので、まずは登録して独立への悩み・不安を相談するところから始めましょう。