【2022年度】第二種電気工事士の試験日程・試験問題・受験申し込み方法は?

試験の日程は?

【上期】

試験区分試験日程合格発表
筆記試験2022年5月29日(日)WEB:2022年6月13日(月)
郵送:2022年7月7日(木)
技能試験2022年7月23日(土)
または24日(日)
WEB:2022年8月18日(木)
郵送:2022年8月26日(金)

【下期】

試験区分試験日程合格発表
筆記試験2022年10月30日(日)未定
技能試験2022年12月24日(土)
または25日(日)
未定

※技能試験の実施日は試験地によって異なります。

受験の申込方法は?

【上期】

申込方法受付期間
インターネット2022年3月18日(金)10:00
〜4月7日(木)17:00
書面2022年3月18日(金)
〜4月7日(木)消印有効

【下期】

申込方法受付期間
インターネット2022年8月22日(月)10:00
〜9月8日(木)17:00
書面2022年8月22日(月)
〜9月8日(木)消印有効

※筆記試験免除で受験する場合も受付期間は変わりません。

試験地は?

各都道府県に試験会場が設けられます。

受験費用は?

出願区分受験料
インターネット9,300円
書面9,600円

試験科目は?

区分試験科目出題方式
筆記試験電気に関する基礎理論マークシート方式
配電理論及び配線設計
電気機器、配線器具並びに電気工事用の材料及び工具
電気工事の施工方法
自家用電気工作物の検査方法
配線図
一般用電気工作物の保安に関する法令
技能試験電線の接続一定時間内に配線図通りに完成させる方式
配線工事
電気機器及び配線器具の設置
電気機器、配線器具並びに電気工事用の材料及び工具の使用方法
コード及びキャブタイヤケーブルの取付け
接地工事
電流、電圧、電力及び電気抵抗の測定
一般用電気工作物の検査
一般用電気工作物の故障箇所の修理

過去の試験状況は?

区分2021年度下期2021年度上期2020年度下期2020年度上期2019年度下期
筆記試験技能試験筆記試験技能試験筆記試験技能試験筆記試験技能試験筆記試験技能試験
申込者79,274人55,035人95,351人69,557人121,951人70,216人7,236人54,794人45,147人
受験者(a)70,135人51,833人86,418人64,443人104,883人66,113人6,884人47,200人41,680人
合格者(b)40,464人36,843人52,176人47,841人65,114人48,202人4,666人27,599人25,935人
合格率(b/a)57.7%71.1%60.1%74.2%62.1%72.9%67.8%58.5%62.2%

※2020年度上期の筆記試験は新型コロナウイルスの影響で中止となりました。