CPAラーニングとは?特徴・コース・おすすめな人など解説

現代の日本は経済が悪化の一途をたどっています。

デフレ経済から長年抜け出せず、サラリーマンの年収が長年上がってこなかったにもかかわらず円安が進み急激な物価高騰と相まって、各家庭では厳しい生活が強いられています。

雇用状況も不安定であり、正社員で働いていたとしても収入が上がらず、リストラのリスクが一切ないとは言えません。

こんな時代だからこそ、資格取得やスキルアップが大事です。

CPAラーニングとは?

会社で働くうえで、経理部に属していなくても基本的な経理や簿記の知識を持っておくことは非常に大事です。

もっとも、簿記や会計の知識や資格を取得しておくと、就職や転職活動で有利になるのは言うまでもありません。

どんな会社であっても、総務経理部は存在しその部署で働く場合、簿記や会計の資格を持っていると内定を得る確率が高まります。

特に会計のスペシャリストになれば自分で起業したり、フリーランスとして働いていくことも可能です。

企業付きのコンサルティングやメンター、顧問や監査になることもできるでしょう。

厳しい現代の雇用情勢の中で、生き抜いていくには会計や簿記の資格は必要不可欠と言っても過言ではありません。

このような簿記や会計の知識を習得したり、資格取得やプロフェッショナルになるための非常に良い学習メソッドがあります。

それがCPAラーニングという簿記や会計に特化した学習サービスです。

驚くべきは簿記2級や3級の学習が無料で学べてしまうのです。

 

CPAラーニングの特徴は?

無料で学べる

日商簿記3級と2級に関してCPAラーニングでは無料で学べてしまいます。

無料でダウンロードができ、自分のペースで知識の習得を確実にし試験に臨むことができるのです。

ダウンロードできるものには、教材や講義、ネット模試と豊富であり、お金をほとんどかけずに簿記試験に臨むことができるようになります。

無料ということもあり、学生でも使いやすいので就活前にCPAラーニングで学習し資格を取得しておくと、就職試験で有利になることが期待できます。

50年以上の実績

CPAラーニングはもともと公認会計士の資格試験合格を目指す専門学校を運営し、50年以上の実績があります。

この長年にわたる運営の間に、何人もの公認会計士を世に送り出してきており、その経験やノウハウも豊富に持っているわけです。

それゆえ日商簿記3級や2級の無料教材や講義もハイクオリティーで確実に合格に導くことが期待できるわけです。

高クオリティーの講義

公認会計士資格試験合格のために取りそろえられた、ハイレベルな講師陣が日商簿記の無料の講義でも起用されており、高クオリティーの講義が受講できるようになっています。

会員登録すると、こうしたハイレベルな講師の講義を視聴でき、資格試験にむけて万全の対策を講じることができるようになります。

特筆すべきは、場所を選ばず学習が進められるというところです。

手持ちのスマートフォンやパソコン、タブレットから視聴可能であり喫茶店やカフェ、通勤や移動中でも学習できるのも魅力的な点といえます。

どんなコースがある?

日商簿記

日商簿記コースは主に三つにわけることができます。

日商簿記3級コースに日商簿記2級コースとネット試験対策コースに分かれます。

日商簿記3級コース

日商簿記3級コースは全21講義で試験対策していくことになります。

初めて簿記や会計を学習する人に最適なコースです。

知識はまったくゼロという人でも心配ありません。

基本中の基本の、基礎固めからできるコースとなっています。

今勤めている会社で損益分岐点や貸借対照表の見方が分からない、純利益や粗利の計算が苦手で克服したいという人にもお勧めできる実用的なコースです。

日商簿記2級コース

日商簿記2級コースは商業簿記以外に工業簿記も学び独学で合格を目指せるものとなっています。

全30講義で合格を目指します。

ネット試験対策コース

ネット試験対策コースは効率的な解き方のテクニックなども教えてもらうことができます。

試験直前対策として受けておくと良いコースともいえるでしょう。

こちらのコースは全9講義となっています。

実務講座

実務講座に関しては全部で6つのコースがあります。

経理実務コース

一つ目のコースは経理実務コースです。

経理部で生かすことのできるスキルなどを磨くことができます。

特に中小企業の経理実務を学ぶことができるのです。

経理実務の全体像やその背景や必要性などを学ぶことができます。

学習することで実務の捉え方も変わってきて、円滑に業務をこなせるようになることも期待できます。

税務実務コース

二つ目は税務実務コースです。

ビジネスや生活上での税金の基本を学べるコースといえます。

身近な消費税や所得税、企業における法人税などを学べます。

会計実務コース

三つ目は会計実務コースで、ビジネスに不可欠な知識の習得ができます。

決算書の読み方や法律を学ぶことが可能です。

財務実務コース

四つ目は、財務実務コースになります。

こちらのコースでは財務分析スキルを磨いたり、学べるコースとなっているのです。

某有名企業の決算書を事例に、より具体的な財務分析法を学ぶことができます。

M&A実務コース

五つ目のコースはM&A実務コースです。

今話題になっている企業買収についてより具体的に知識を得ることができるでしょう。

人事労務管理コース

最後は、人事労務管理コースです。

企業に欠かせない人事労務について学ぶことができます。

給与計算や社会保険、労務保険などについて学べ、人事労務業務のスケジュールなども学習できます。

労働法令や労働基準法についても詳しくなれます。

その他

税制マスターコースがあります。

法人税、所得税、消費税、資産税などの実務に役立つことを学習していけます。

毎年改正される税制について詳しくなることができたり、新しい税の仕組みを教えてもらうことができます。

CPAラーニングって怪しい?

会計士資格取得を目指す学校が無料で簿記資格取得の講義や教材、模擬テストを提供しているとなると、CPAラーニングは何か怪しいのではないかと疑ってしまう人もいるでしょう。

しかし、会計や簿記というものは、日常生活で誰もが必ず必要になる知識とスキルです。

こうした知識を習得したい、スキルを磨きたいと思う人も少なくありません。

そうしたところにCPAラーニングは着目し、少しでも日本の会計リテラシーの底上げになればという思いでこうした優良な学習メソッドを世の中に無料で提供したのです。

真面目に簿記の勉強をしてほしい、会計や簿記の資格を目指してほしい、そうした純粋な気持ちでこうした無料の学習メソッドは作られたのです。

こんな人におすすめ!

お金に余裕がない学生

無料で日商簿記3級や日商簿記2級の試験対策ができたり、学習できるということは業界でも驚くべきことであるのは間違いありません。

多くの人がCPAラーニングの存在を知らず、高いお金を払って専門学校やスクールに通ったり、通信教育で勉強している現状です。

高いお金を払わずに学習できるということは、収入や資産状況に関係なく学べる環境を提供し、学習や教育格差を是正してくれているのです。

こうした恩恵をありがたく受け、一生ものの資格取得に邁進していくべきと言えるでしょう。

特にお勧めなのは、お金を持っていない高校生や大学生だといえます。

日商簿記や会計士の資格をもっていると、確実に就職試験では有利に働きます。

職場復帰したい女性

そして経理部のない企業はほとんどないので、これらの資格を持っているとより確実に多くの企業で採用される可能性が高まります。

子育てで産休や退職を余儀なくされてしまった女性などにもCPAラーニングはおすすめです。

復職すると自分の希望とは違う部署に異動させられ、待遇面も落ちてしまうことも多いです。

子育てが終わってから再就職活動してもなかなか内定がもらえないことも少なくありません。

そうした際にも簿記や会計士の資格を持っていれば、採用される可能性も高まり待遇面も納得できるものになるでしょう。

まとめ

経済状況が悪く、雇用情勢が不安定な現代の社会では、資格や免許が身を助けることは間違いありません。

特に日商簿記や会計などの資格を持っていると、就職でも有利に働きます。

ただお金をかけずに資格を取得したいという人も多いです。

その際にお勧めなのはCPAラーニングです。

日商簿記3級と2級の試験対策の講座や教材、模擬試験などを無料で提供しており、ダウンロードして独学で学べます。

さまざまなコースも用意されています。