スタディングの賃貸不動産経営管理士講座って?特徴・口コミなど紹介!

賃貸不動産経営管理士は、賃貸アパートやマンションの管理に関する専門家です。

平成28年9月に賃貸住宅管理業者登録制度が改定され、賃貸住宅を管理する際に、一定業務を賃貸不動産経営管理士に任せることが定められました。

ここでは、将来性豊かな賃貸不動産経営管理士資格を無理なく学習できるスタディング講座の特徴、学習の流れや気になる点、受講が向いている人についてを解説していきます。

講座の特徴は?

賃貸不動産経営管理士講座
スクール名スタディング
目指せる資格賃貸不動産経営管理士
料金(税込)14,960円
(分割 月々1,347円〜)
学習方法Webテキスト・映像講義・問題集
試験会場全国各地
資格試験筆記試験
難易度3.5

スキマ時間に学べる

スタディングの賃貸不動産経営管理士講座は、場所や時間を選ばずに学習出来る点が魅力です。

スマートフォンやタブレットを用いた学習により、資格取得に必要な学力の養成を行ないます。

通勤や通学途中の僅かな時間を使った、自然な形での知識習得と資格取得への道を開いていくのです。

動画による講義を受講した後には、テキスト形式での重点把握と一問一答式の問題集を用いた知識の定着を図ります。

自分でノートに記載したり、試験対策に相応しいと考える問題を選んだりすることはありません。

コスパが良い

受講に要する費用が安い点もスタディングの賃貸不動産経営管理士講座の特徴です。

14,960円という少ない金額で資格取得への勉強を始めることが可能です。

また、スタディングの賃貸不動産経営管理士講座には、他には類を見ない教材群も備わります。

スタディングが過去の出題傾向を元にセレクトした問題集、試験本番での実力発揮を可能にするための実戦力アップ講座など、スタディング独自の教材を各種提供しています。

 

受講した人の口コミは?

竹原先生の要点を絞った分かりやすい講義とアウトプットとしての演習を繰り返す事で基礎知識が定着、演習の確認時に不安を感じた部分は、すぐに講義や講義用テキストに戻って確認、また問題横断学習機能を使って苦手分野を絞った復習・直前の総仕上げができるなど、とにかく効率良く反復学習できた事が合格へと繋がりました。
場所を選ばず通勤電車などで隙間時間を活用し学習できた事も大きかったです。
今年度は実践的な内容を織り交ぜた出題が多いように感じましたが、基礎知識がしっかり定着していた事で、動揺せずに落ち着いて問題に取り組む事ができ、本当に感謝しています。
独学も考えましたが参考書や問題集を探す時間と手間を考え、通信講座で学習することにしました。
通信講座でe-ラーニングがあり、かつ値段の安いスタディングを選びました。
学習を始めた頃は紙のテキストがなくて不安でしたが、勉強を進めるうちにそんな不安はまったくなくなりました。
特に合格できたのはスタディングが厳選した過去問集が大きかったと思います。○×形式でサクサク解けるし、本試験でも過去問と似たような問題が多く出ました。
受講者の中にはスタディング以外の模試やテキストを解いてる人もいましたが、私は勉強時間を確保できなかったのでひたすらスタディングの過去問を解いてましたが、それでもしっかり合格できました。
正直スタディングの教材1本で充分合格できると思います。
受験を決めたものの分厚いテキストを一冊やる時間もなく、効率よく、費用も高すぎない勉強方法を探していたので、コレダ!と思い、申し込んだのが8月。実際、机に向かって勉強したのは、最後の1ヶ月弱。それまでは、動画と、ダウンロードした音声での勉強のみでしたが、とにかく時間があれば聞いていたのが合格に繋がったと思います。

※公式サイトより引用

学習の流れは?

学習の流れは、動画とテキストを用いたインプットと、スタディング独自のスマート問題集やセレクト過去問を用いたアウトプットを中心に構成されます。

スタディングでは、最適な順番での学習を行える学習フロー機能を採用しています。

試験合格に向けた実力をフローに従って着実に養成していくことが可能です。

動画講義は、賃貸不動産の管理に携わったことがある経験者や賃貸不動産の管理に詳しい専門家の講義で構成されます。

豊富な講義経験を持つ講師陣が教える内容は、初学者であっても違和感なく取り組むことが可能です。

理解しやすい動画講座とWebテキストを用いた知識の定着を行った後は、スタディング独自のスマート問題集を繰り返して演習することで、試験に直結した実力の養成を図ります。

学習に使う教材は?

スタディングの賃貸不動産経営管理士講座は、他の教材では見られないオリジナルの教材群を揃えています。

スキマ時間を使った学習を進めるための動画講座は、一流の講師陣による分かりやすい講義が好評です。

テキストを取り出して学べない場所や状況であっても、動画を見ているだけで知識の拡充を図ることが可能です。

セレクト過去問題集は、スタディングの講師陣が選んだ良質な過去問から作成されています。

学習レベルに応じた適切な過去問を集めた問題集となっており、受講年度の試験傾向に応じた、適切な問題演習を行えます。

微妙なところは?

紙のテキストがない

スタディングの賃貸不動産経営管理士講座は、動画を多用した学習スタイルが魅力です。

視聴するだけで実力が養成されていくというメリットがある反面、紙ベースのテキストが提供されていない点に不満を感じる方も少なくありません。

従来型の通信講座で学んで来た人にとっては、紙のテキストや問題集がない点に不安な部分を感じることもあるのです。

動画を中心とした講義スタイルも、このようなスタイルに慣れていない方だと、集中力が続かない恐れがあります。

スキマ時間を使った効率的な学習が出来る反面、動画を視聴した学習スタイルに慣れていない人にとっては、成果を実感できるまでに時間を要してしまう面もあります。

質問サポートがない

スタディングの賃貸不動産経営管理士講座では、受講者の疑問に答えるサポート体勢を備えていません。

講義を受けている間に、何かしらの疑問が生じた場合であっても、そのまま受講を続けるしかない部分があります。

分かりやすい講義や、試験に直結した問題集が提供されているとは言っても、自分の理解が正しいものであるかを確かめられないことに対しての疑問を感じる方も少なくないのです。

こんな人におすすめ!

スタディングの賃貸不動産経営管理士講座が向いている人には、仕事が忙しいなどの理由により、思うように勉強時間の捻出が出来ない方が挙げられるでしょう。

スキマ時間を使った効率的な学習と合格に直結した的確な学習フローにより、僅かな学習時間の積み上げであっても、試験に合格するための実力を養成していけるからです。

また、受講に要する費用が安い点もスタディングの講座の特徴です。

賃貸不動産経営管理士に興味はあっても、多額の学習費用を投じたくないと考える人にとっては、スタディングの講座は向いていると言えるでしょう。

普段からスマートフォンやパソコンを使う機会が多い方にとっても、スタディングの賃貸不動産経営管理士講座はおすすめです。

紙のテキストや問題集で学んでいくよりも、見慣れているWeb上の動画やテキストで学んでいきたいと考える方には、同講座は向いています。

まとめ

スタディングの賃貸不動産経営管理士講座は、スキマ時間を使った効率的な学習を行えます。

動画とWebテキストを使ったインプットと、スマート問題集やセレクト過去問により、短期間での実力養成を図っていきます。

同講座は、受講に要する費用が安い点も魅力です。

少ない予算と空いている時間を使って効率的に試験勉強を行える講座となっています。