CADとは?おすすめの人気スクール3選を特徴・費用などから比較

ビジネススキル
リズ
リズ

人気の職業に移り変わりはありますが、どの時代でも人気の職業は「手に職」をつけた職業です。

一生使えるスキルを身につけることで、仕事を見つけやすく、長期間続けることができます。

そんな技術の1つにCADがあります。

色々な業界で使用されており、専門の技術が必要ですが、その技術があれば未経験でも即戦力になれる可能性もぐっと高まるのです。

CADとはどんなものなのか、CADはどのように学ぶのか紹介していきましょう。

CADとは?

リズ
リズ

そもそもCADとはどんなものなのでしょうか。

CADとは、機械の部品などの設計・製図をサポートするソフトのことを指します。

主にPCでの作業となり、ものづくりの要となる図面を作成していきます。

CADを使用すれば、設計・製図・図面のトレースが未経験という人でも正確に図面作成できるようになるのです。

CADが主に使用される現場は建築・機械などの製造業ですが、他にもアパレル・オフィスデザイン・インテリアなど、幅広い分野で多く使われています。

また、CADには多くの種類があります。

世界中で使われている「AutoCAD」、フリーソフトのため導入しやすい「Jw_cad」、他には「SolidWorks」、「IronCAD」など様々なソフトがあります。

ソフトの中でも種類があり、どの業種でも使用できる汎用CADと各業界に合わせた専用CADの2種類です。

どの業界で働きたいか決まっていない、未経験から就職を目指したいという人は、まずは汎用CADを学ぶのが良いでしょう。

CADで活躍できる業界は?

建築・インテリア業界

リズ
リズ

まず挙げられるのは建築・インテリア業界です。

例えば、営業シーンのプレゼンテーションにもCADが使えます。

建築士が要望を聞きながら描いた簡単な設計図をもとにCADを使用して正確な設計図を作成します。

それだけでなく、施工業者・市役所に提出するための書類作成にも、正確な数字が必要となるためCADが使われているのです。

インテリア分野では、家具の種類・配置・空間の色彩などの確認にCADを使用します。

できたものを確認しながら、要望に合わせた空間デザインの提案をしていきます。

手描きの場合だと消す手間がありますが、CADはすぐに修正ができますし、データの移動も簡単です。

営業ツールの1つとしても使われています。

機械・家具・家電業界

リズ
リズ

続いて、機械・家具・家電など、いわゆるものづくり業界です。

設計図をもとにものづくりをしていくのですが、設計図通りに作ったはずなのに、完成したものがイメージと違うということはよくあります。

そこでCADを使用すると、設計図を作成する前に完成イメージを見ることができるのです。

イメージを見ることで、加工に入る前に実用性・デザイン性をシュミレーションできますし、無駄な生産工程の削減にも繋がります。

完成した設計図はデータで保存が可能なので、ネットワークを使用しての作業ができるようになります。

遠方にいる相手と一緒に仕事をすることもできるので、設計者同士が繋がりやすいツールでもあるのです。

自動車・航空業界

リズ
リズ

次に自動車・航空といった乗り物業界です。

従来は機械設計士によるラフスケッチを使用していたのですが、CADを使用することでより精密なイメージを見ることができるようになりました。

どんな人でも簡単にイメージすることができますし、完成物の把握がより簡単になります。

立体的に見ることができる3DCADが多く用いられますが、外観をデザインするCGソフトと組み合わせることで、短期間でより現物に近いような3Dモデルの製作も可能です。

アパレル業界

リズ
リズ

実はアパレル業界でもCADが使用されています。

主に使用される場面は、服の型紙の作成です。

パターンをデータ化することによって、服の完成イメージを素早く形にできるようになり、今までよりもデザインの修正が簡単になりました。

それだけでなく、CADのデータをカッティングマシーンに設定すれば、一度に多くの生地を裁断できるため、時間短縮にも役立っています。

福祉業界

リズ
リズ

福祉業界もCADを使用している業界の1つです。

高齢者・身体障害者が暮らしやすいようにするためにはバリアフリー化が必須です。

そのために必要な図面を作るにはCADが欠かせません。

データ化してイメージすることで、スロープを作成したり車イスが通りやすいような道を作ったり、現場と図面を両方確認しながら工事に当たることができます。

イメージできるようになることで、より具体的なアイデアが提案でき、実現できる可能性がぐっと高くなりました。

CADを学ぶ方法は?

リズ
リズ

CADは独学で学ぼうとする人も多いですが、専門用語も多く、難しいと感じてしまいます。

そこでおすすめなのが、CAD講座の受講です。

講座の受講者の多くは初心者ですし、業界ごとに合わせたCAD講座もあるので、自分に合う講座が見つかるでしょう。

また、通信講座を開講している講座もあり、開講している教室が近くになかったり、通う時間がないという人でも自宅で好きな時間にCADの学習ができます。

CAD講座にはどんなものがあるかチェックしていきましょう。

ヒューマンアカデミー

スクール名金額(税込)学習期間
ヒューマンアカデミー42,000円〜6ヶ月〜
リズ
リズ

まず1つ目は、ヒューマンアカデミーのCAD講座です。

この講座では、一般法人コンピュータソフトウェア協会認定の2次元CAD利用技術者試験1級・2級の取得を目指すことができます。

CAD利用技術者試験は、数あるCADの資格の中で最もポピュラーな資格試験です。

そのため知名度も高く、資格取得をすることでよりスキルアップを目指せたり、就職・転職活動が有利になることもあります。

3種類の学習スタイル

ヒューマンアカデミーのCAD講座は、オンラインスタイル・通学スタイル・ブレンドスタイルの3種類から学習スタイルを選択可能です。

オンラインスタイル

リズ
リズ

オンラインスタイルは、インターネット環境さえあればいつでもどこでも学習できる学習スタイルです。

スマホ・タブレットを使えば通勤・通学中や外出先でも学習ができます。

また、専用マイページからわからないことを講師に質問できるので、すぐに解決できます。

通学スタイル

リズ
リズ

通学スタイルは、定期的に講座に通って学習するスタイルです。

CADが自分のパソコンに入っていなくても、校舎のパソコンを使用してCADの学習をすることができます。

校舎のパソコンは使い放題になっているため、講義のある日だけではなく、仕事帰りに立ち寄って学習するということも可能です。

同じ資格取得を目指す仲間が見つかるので、モチベーション維持にもつながるでしょう。

ブレンドスタイル

リズ
リズ

ブレンドスタイルは、通学とオンラインを組み合わせた学習スタイルです。

自宅でできる範囲は自宅で学習し、わからない部分やパソコンでの演習は校舎で行うという、それぞれのスタイルのいいとこ取りになっています。

通学とオンラインで受講回数の制限がないのも嬉しいポイントです。

幅広い年代からの支持

リズ
リズ

ヒューマンアカデミーでCADを学ぶ受講者の年代は10代~50代以上とかなり幅広いものとなっています。

自分の都合や生活スタイルに合わせ、様々な学習スタイルを用意しているヒューマンアカデミーならではです。

また、充実したキャリアサポートがあるのもヒューマンアカデミーの魅力です。

就職内定率96.2%を誇り、在学している間だけではなく、入学前・卒業後・就職後まで、専任のカウンセラー・講師がサポートをしていきます。

夢をあきらめず、確実に実現できるようになるまでのバックアップが嬉しいですね。

公式ページ お申込みをする前に!
>>「ヒューマンアカデミー」のCAD講座を資料請求する(無料)

 

Winスクール

スクール名金額(税込)学習期間
Winスクール121,000円〜2ヶ月〜
リズ
リズ

Winスクールは、機械CAD・建築・設備・土木CAD・インテリア・デザインなどCADを使用する業種別に講座を開講しています。

そのため、自分の目的に合わせた講座を受講することで、確実に力をつけていくことが可能です。

実践的なスキルが身につく

リズ
リズ

どの講座にも共通している特徴は、実践スキル・最新のスキルが身につくこと、確実に資格取得ができることが挙げられます。

と言うのも、Winスクールでは多数の企業研修で培ってきたノウハウを利用し、実務に直結した技術を学ぶことができるのです。

年間1,500社近くの企業受講講座に選ばれた実績が裏付けとなっています。

さらに、技術革新が著しい現在ですから、最新のデザイン業界に対応できるよう、全校で導入しているパソコンにはAdobe CC最新版がインストールされ、教材も日々アップデートされています。

安心の実績

リズ
リズ

Winスクールは1回の受験で確実に合格できることにこだわっているため、一発合格率93%の実績があります。

確実に理解できる授業はもちろんですが、1人1人の理解度に合わせた指導も高い合格率の秘訣です。

それにWinスクール全校が認定試験会場に指定されているため、慣れた環境で試験を受けられるのも嬉しい点です。

資料請求ページ お申込みをする前に!
>>「Winスクール」のCAD講座を資料請求する(無料)

 

アビバ

スクール名金額(税込)学習期間
アビバ63,800円〜3ヶ月〜
リズ
リズ

パソコンスクールとして有名なアビバでもCAD講座を開講しています。

目的に合わせたCAD講座を受講できるため、学習内容に無駄が一切ありません。

例えば、機械CAD・3D CAD・建築CADを学べるCADコースでは、汎用CADであるAutoCADとJw_cadを学べます。

3D CAD・Fusion 360コースでは、立体化できるため注目を集めている3次元CADのFusion 360を使用するコースです。

どちらのコースも実務において使用頻度の高い機能を厳選して学習を進めていきます。

厳選されたカリキュラム

リズ
リズ

アビバのCAD講座の魅力はこれだけではありません。

学習カリキュラム・コース設計は仕事で頻繁に使われる機能を厳選しています。

必要なことを確実に学べるのはもちろんですが、実際に操作をしながら学ぶことで、初心者でも内容を理解しやすくなっています。

サポート体制も充実

リズ
リズ

学習サポートも充実しています。

校舎で直接質問するだけではなく、受講生専用サイトからチャット・音声での質問が可能です。

自宅で復習しているときにも質問できるのは嬉しいですね。

また、理解度に合わせて用語の解説・操作方法アドバイスも受けられます。

資料請求ページ お申込みをする前に!
>>「アビバ」のCAD講座を資料請求する(無料)

 

まとめ

リズ
リズ

CADは専門技術ですが、使用するソフトが違うことも多いため、働きたい業界が決まっている場合は専門の講座がおすすめです。

決まっていない場合は汎用CADを学ぶと良いでしょう。

せっかくCADを学ぶのなら、資格を取得すると履歴書で知識があることを証明できますよ。

気になる講座を見つけたらまずは資料請求をしてみましょう。