キャリカレの第二種電気工事士の試験対策講座って?特徴・受講料など紹介

不動産・建設

第二種電気工事士の資格があれば、電気工事の仕事に就くことができます。

しかし、資格を取得するために勉強するのは面倒だと考える方もいるでしょう。

そのような方でも、キャリカレの第二種電気工事士の試験対策講座を活用することで、効率よく試験対策を行えます。

では、電気工事士や試験対策講座にはどのような魅力があるのでしょうか。

電気工事士とは?

資格・講座名金額(税込)学習期間
第二種電気工事士31,900円3ヶ月

電気工事士とは

電気工事士とは、ビルや工場、商店や一般住宅などの電気設備工事を行うことができる資格です。

安全を守るために、電気設備の工事は資格がある人しかできないと法令で決められています。

具体的には配電盤や各種電気設備の据え付け、建物内外の電気配線の設計や施工などさまざまな仕事に携わります。

配線や大型機器の制御回路のメンテナンスなど、人々の生活を支える電気の設備を工事できる大切な役割を担っているのが電気工事士です。

活躍の場所が多く、自分のスキルを活かして働けるのも電気工事士における特徴の1つです。

第一種と第二種の違い

電気工事士には、第一種と第二種の2種類が存在しています。

第一種の方が専門性の高い形で働けるため、電気工事士として活躍したいなら第二種を取得した後に第一種の資格取得も目指しましょう。

第二種電気工事士の資格を持っているとできることは、電圧が600V以下の電気工事になります。

一般住宅や小規模な店舗、事業所などの電気設備工事で第二種の資格を持っている方が働くケースが多いです。

そして、第一種は最大電力が500kW未満の電気工事を担当し、ビルや工場に加えて大型店舗の電気設備工事も担当できます。

公式ページ お申込みをする前に!
>>「第二種電気工事士」の通信講座を資料請求する(無料)

 

資格取得するメリットは?

仕事の需要が高い

勉強が面倒で、資格は必要ないと考える方もいるかもしれません。

確かに資格取得のためには勉強が必要ですが、資格を取得できれば自分自身の可能性を高めることにつながります。

電気工事士は、人々が暮らしに電気を使っている限り仕事がなくなる心配はありません。

専門的な技術を持っていれば就職先も探しやすく、長く現役で働くことも可能です。

学力は関係なく、自分の知識とスキルを活かすことで高い評価につながりやすい仕事ができるのも電気工事士ならではのメリットです。

取得を目指しやすい

電気工事士は、年齢や学歴に関係なく誰でも資格取得を目指せます。

興味がある方なら誰でも受験でき、資格を取得して就職先を見つけることも可能です。

また、合格のための勉強法が様々あり、より良い勉強法を活用することで効率よく知識を身につけていくこともできます。

独学での勉強が苦手という方も、合格のための勉強法が詰め込まれた通信講座を使えばスムーズに学習できるでしょう。

講座の特徴は?

短期間で合格を目指せる

電気工事士の資格に興味はあっても、勉強して資格を取得するまでに時間がかかると思っていませんか。

資格のキャリカレの講座を利用すれば、最短3ヶ月で合格を目指すことも可能です。

もちろん講座でカバーできるのは、筆記だけではありません。

筆記と技能の両方に対応している上に、3ヶ月で講座の内容が完了できるカリキュラムになっています。

講座の内容は試験に出るところだけを凝縮しているため、要点を押さえて短い時間でも効率よく学習を進められます。

また、技能では映像の教材を活用することで、初めての方でも無理なく学習を進めることが可能です。

不合格の場合は全額返金

勉強が苦手で、講座を活用しても合格できるか不安という方もいるかもしれません。

そのような方でも安心してチャレンジできるように、キャリカレの電気工事士の講座では不合格なら受講料を全額返金する仕組みがあります。

不合格だった場合に受講料が全額返金されるなら、合格が不安という方でも安心して利用しやすいでしょう。

全額返金制度を用意しているのは、自信を持って講座を提供している証拠でもあります。

自信を持って提供されている教材を活用して、電気工事士の合格を目指しましょう。

サポートも充実

通信講座の場合、わからない点があってもすぐに質問ができなくて不安という方も見られます。

しかし、キャリカレの電気工事士の講座では、学習中の不明点はすぐに質問できる環境が整っています。

専任講師に何度でも無料で質問できますので、疑問を残すことなく学習を進められるでしょう。

また、最短3ヶ月で合格を目指すことが可能な教材になっていますが、最大で12ヶ月の長期サポートが用意されています。

仕事が忙しくて勉強時間を確保するのが難しい場合でも、長期サポートが充実していますので自分のペースで無理なく学習を続けやすいです。

学習のカリキュラムは?

筆記試験対策

キャリカレの電気工事士講座の筆記対策では、基礎からスタートしますので予備知識がない方でも無理なく学習が始められます。

イラストや図表が多く使われているテキストを使うことで、初めての内容でも無理なく理解できるでしょう。

また、筆記試験に出る内容を凝縮しているテキストですから、効率よく学習を進めることにつながります。

テキストでインプットの学習を進めたら、次に一問一答や過去問題でアウトプットを行います。

添削問題も6回分用意されていますので、知識が定着したか確認しながら学習を進めやすくなっています。

技能試験対策

技能対策では、テキストだけではなく映像講義で実際の手の動かし方や作業方法を学んでいくことが可能です。

電気工事士が使う工具は、実際に使っているところを見ないと正しく使うのが難しい道具もあります。

映像講義があることで、初めて使う道具でも正しい使用法がわかるでしょう。

また、映像講義は試験を想定して作成されていますので、同様の動きができるようになれば合格できる可能性が高まります。

こんな人におすすめ!

電気工事士の資格は、手に職をつけたい方や機械いじりが好きという方に向いています。

人々の日常に電気が使われている限り需要が高い職業ですから、電気工事士の資格があれば就職先を見つけられる可能性が高いです。

また、独学で電気工事士の資格が取得できるか不安な方におすすめなのが、キャリカレの通信講座です。

キャリカレの通信講座は、初めて学習する方でも無理なく学べるようにわかりやすい教材を提供しています。

また合格できるか不安な方にとって、不合格だと全額返金制度があるのも嬉しいでしょう。

不合格ならお金が戻ってくるという安心感があることで、自分のペースで集中して学習に取り組めますよ。

将来性のある電気工事士を目指そう

電気工事士という仕事は、人々の生活に電気が密着している限り需要が無くなることはありません。

そのため、第二種電気工事士の資格を取得すれば、手に職をつけて働くチャンスが生まれます。

また、キャリカレの電気工事士の試験対策講座を活用すれば、試験対策を効率よく行えます。

サポート制度も充実しているので、興味が湧いた方はぜひチェックしてみてくださいね。

公式ページ お申込みをする前に!
>>「第二種電気工事士」の通信講座を資料請求する(無料)