キャリカレの賃貸不動産経営管理士講座って?費用・口コミ・特徴など解説

国家資格である賃貸不動産経営管理士。

キャリアアップや転職のために、この資格を取ってみたいと考えている人はいるのではないでしょうか。

今回はキャリカレの賃貸不動産経営管理士講座について、特徴や口コミなどを詳しく解説していきます。

賃貸不動産経営管理士とは?

賃貸不動産経営管理士とは、アパートやマンションといった賃貸住宅の管理を行う専門家のことです。

2021年4月より国土交通省令で国家資格へと移行しました。

賃貸住宅のニーズが高まるなどの社会情勢の変化から、民間資格ではなくなりました。

主な仕事内容は3つあります。

  • 契約の管理に関する業務
  • 賃貸住宅の管理
  • サブリース事業の適正化

また、賃貸住宅管理業登録のとき、賃貸不動産経営管理士が必要になります。

なぜなら、業務管理者がいることが必須だからです。

それになるためには、賃貸不動産経営管理士であることが条件となります。

賃貸住宅が日本にたくさん存在しているので、あらゆる場面で必要とされる人材であると言えます。

講座の特徴は?

賃貸不動産経営管理士合格指導講座
スクール名キャリカレ
料金(税込)38,500円
学習期間2ヶ月
学習方法テキスト・映像講義・添削問題
割引制度
教育訓練給付金
就職支援
おすすめ度4.0

不合格の場合は全額返金

キャリカレの賃貸不動産経営管理士講座では、合格できなかった場合、受講料を全額返金してくれます。

キャリカレの講座で本当に合格できるのか不安に感じている人もいるでしょう。

また、賃貸不動産経営管理士の合格率は30%程度であることから、決して簡単な試験とは言えません。

しかし、そのような難関試験でもお得にノーリスクで学ぶことができます。

返金保証を確実に受けるためにはいくつかの条件をクリアする必要があります。

添削問題の平均得点率が70%以上であることや、前もって受験票のコピーの提出をしておかないと返金してもらえないので、注意しておきましょう。

合格したら2講座目が無料

キャリカレには、2講座目無料サービスがあります。

2講座目無料サービスは、検定試験に合格すると100を超える講座から好きな講座を受講できるシステムです。

他の講座と組み合わせて学習することで、さらにスキルアップを図れます。

宅地建物取引士といった不動産に関する資格も一緒に受講すると、より不動産に対する知識が深まるでしょう。

また、選んだ講座によりますが、3講座目も無料になる可能性もあります。

さまざまな資格をお得に習得できるよいチャンスと言えます。

 

学習に使う教材は?

テキスト

キャリカレのテキストは映像講義と連動しており、学びやすいものとなっています。

ARアイコンがテキストに導入されており、これを読み取ることですぐに映像講義が見られます。

学習を進めていく中で、わからない言葉が出てくることもあるでしょう。

しかし、理解が難しい用語や内容についての補足もまとめられていてわかりやすいです。

スムーズに理解できるので、効率よく学習を進められるでしょう。

また、試験で問われやすいポイントも簡潔に記載されています。

仕事や家事で忙しい時には、サッとポイントだけを確認するといった使い方もできます。

映像講義

疑問に感じたところを何度も繰り返し学べる映像講義。

動画を倍速にする機能もついているため、少ない時間で学習を進められることが特徴です。

また、映像講義では、テキストだけでは理解しづらい部分について講師が丁寧に解説してくれます。

一問一答

テキストや映像講義といったインプットの学習だけだと、学習した知識はなかなか身に付かないでしょう。

アウトプットは勉強に欠かせない要素の1つと言えます。

一問一答では、自分自身で問題を解く力が身に付きます。

スマホやタブレットといった端末でも学習できるので、通勤時間などの隙間時間に取り組むことも可能です。

添削問題

4肢択一式にて出題される添削問題で、本番に向けた対策ができます。

スマホやパソコンから提出ができることも特徴の1つです。

担当者による丸つけだけでなく、一人ひとりに合わせた指導も書き込まれて返却されます。

人の手による適切な指導を受けられることから、より学習効率も高まるでしょう。

学習のカリキュラムは?

キャリカレでは、1日60分の学習で2ヶ月で終えられるカリキュラムを採用しています。

短い期間で合格を狙えることはメリットの1つです。

1ヶ月目

1ヶ月目は試験の全体像、賃貸住宅管理業法、業務管理者といった学習内容です。

単純な知識だけでなく、試験の全体像を最初にきちんと学べるので、早い段階で試験の傾向をつかむことができます。

また、添削問題を2回提出する必要があります。

2ヶ月目

2ヶ月目は宅建業法、建築基準法などが学習項目です。

不動産の知識だけにとどまらず、消費者の保護に関する法律を学ぶこともできます。

賃貸不動産経営管理士では、お客さんと関わる機会も多いので、この知識は大いに役立つはずです。

これらのカリキュラムを終了した後は、例年11月に開催される試験へチャレンジすることになります。

こんな人におすすめ!

不動産投資をしたい人

賃貸物件を購入して、不動産投資に挑戦してみたい方もいることでしょう。

そのような場合、賃貸不動産経営管理士はおすすめです。

本来、不動産投資を行う際に必要な資格はありません。

しかし、この資格を習得することで、建物や設備に関する基礎知識が身についたり、賃貸借契約の法律を学べたりします。

投資に必要な知識が身に付き、それらをさまざまな場面で活かすことができるでしょう。

就職や転職を考えている人

賃貸不動産経営管理士の資格を持っていると優遇される仕事がいくつかあります。

まだ、数はそこまで多くありませんが、この職業の求人需要は今後増加傾向にあると言われています。

なぜなら、国家資格となったことで資格の信頼性が増したからです。

したがって、これから需要が増える職業につきたいと考えている場合にピッタリです。

また、不動産に関する知識をもっていることが証明できる資格であることから、不動産業界に転職する際は有利と言えるでしょう。

独立や起業をしたい人

貸主側のサポートを行う事務所や賃貸物件の運営コンサルティングを行う会社などを設立することもできます。

特に賃貸不動産経営管理士の業務は、需要も高く、安定しているので独立には向いています。

まとめ

賃貸不動産経営管理士は、不動産業界への就職や不動産業界で仕事に活かすなら取得したい国家資格となっています。

キャリカレの賃貸不動産経営管理士講座は、受講料が安く、お得に勉強することができます。

返金保証もあるので、気になる方は申し込んでみることをおすすめします。

わかりやすいテキストや丁寧なサポートがあり、挫折がしづらい環境となっていることも魅力的です。