親族のみで結婚式をする場合、費用は安くなる?少人数プラン別に費用相場も紹介

結婚

結婚式を挙げたいけれど、金銭面に余裕がない場合や、妊娠をした後に行う場合などには、費用をできる限り安く抑えたいと思うものですよね。

そのため、職場の方々や、友人・知人などは招待せずに、親族のみで結婚式を挙げたいと思う人もいると思います。

結婚式のスタイルにもよりますが、招待人数が少ないと、結婚式の費用はかなり安く抑えることができます。

しかし、親族のみで結婚式を挙げる場合にかかる費用相場はいくらくらいなのでしょうか?

また、親族のみで結婚式を行う場合、どのような内容で結婚式を行えば、費用を安く抑えることができるのかも気になるところですよね。

ここでは、親族のみの結婚式の費用相場とプラン内容について、詳しく見ていきたいと思います。

親族のみの結婚式のプランとは?

親族のみの場合にできる結婚式のプランとは、以下の通りです。

  • 挙式のみ
  • 披露宴(食事会)のみ
  • 挙式+披露宴(食事会)
  • 写真のみ

結婚式の費用は、挙式か披露宴(食事会)のどちらかを単体で実施するだけでも、安く抑えることができます。

挙式と披露宴(食事会)を両方実施する場合であっても、招待人数やオプションによって費用が大きく変わってくるため、プランニングによっては安く抑えることができます。

また、挙式や披露宴(食事会)といった形式ばったものが苦手という方や、金銭面に余裕がないけどドレスは着たいという方には、写真のみだと安く抑えられるのでおすすめです。

親族のみで結婚式をする場合、費用は安く抑えられる?

結婚式の費用は、親族のみなどの少人数の場合だと安く抑えられる傾向にあります。

結婚式の費用を安く抑えるためには、挙式のスタイルと招待人数、オプションをどのようにプランニングするかが重要になります。

各費用については下記に詳しくご紹介しますが、プランニングによっては30万円よりも安い費用で結婚式を挙げることができます。

また、結婚式の招待人数によっても、費用は大きく左右されます。

例えば、挙式+披露宴(食事会)を行うとして、招待人数が10人未満である場合は60万円~80万円程度、20人程度である場合には100万円~120万円程度かかります。

招待人数が少なければ少ないほど、結婚式にかかる費用は安く抑えることができるほか、親戚などに送付する招待状の準備も少なくて済みます。

そのため、どこまでの関係の人を招待するのかを相談して決めることが重要です。

ちなみに、すべての式場・会場で、家族または親族のみなどの少人数の結婚式を挙げられるわけではありません。

「〇〇名以上~」「〇〇名まで」といった人数制限が設けられている式場・会場もあるので、式場・会場選びは慎重に行うようにしましょう。

ただし、選ぶ時期や日時によっては、人数制限に満たない場合でも調整してくれる場合もあるので、お目当ての式場・会場があれば、諦めずに相談してみましょう。

【親族のみの結婚式】費用相場をプラン別にご紹介

親族のみの結婚式の費用相場について、下記のプラン別にご紹介します。

  • 挙式のみ
  • 披露宴(食事会)のみ
  • 挙式+披露宴(食事会)のみ
  • 写真のみ

それでは、それぞれの費用相場について、詳しく見ていきましょう。

挙式のみ

挙式のみにかかる費用相場は、10万円~30万円程度と言われています。

結婚式の儀式はしっかり行いたい、少ない準備期間で結婚式を挙げたいという方におすすめの結婚式です。

挙式のスタイルは、「人前式」「神前式」「キリスト教式」の3種類あります。

この中でも、讃美歌や神父が不要である「人前式」は、他の挙式よりも費用を安く抑えることができるのが特徴です。

また、挙式以外にも以下のような費用がかかります。

  • 介添え料
  • 司会進行代
  • ブーケ代
  • 写真撮影代
  • 衣装レンタル代
  • ヘアメイク代

その他にも、式場の装花を自分の好きな花に変更したり、式場に流す音楽を生演奏にしたい場合などは、オプションとなり別途料金がかかるので注意しましょう。

披露宴(食事会)のみ

披露宴(食事会)のみにかかる費用相場は、50万円~100万円程度と言われています。

挙式のように演出や会場装飾にお金をかけるよりも、お料理にこだわりたいという方におすすめの結婚式ですね。

実際にかかる具体的な費用の内訳については、以下の通りです。

  • 会場使用料
  • お料理・飲み物代
  • テーブル装花
  • 控室使用料
  • 衣装レンタル代
  • ヘアメイク代

この中でも、費用が大きく左右されるのが「会場使用料」です。

特に、結婚式場で披露宴(食事会)を実施する場合には、会場使用料は高額に設定されていることが多い傾向にあります。

会場使用料を安く抑えたい場合には、式場以外のレストランや料亭を選ぶのがおすすめです。

また、会場使用料は、人数分と利用時間で算出されるところもあれば、部屋単位で算出されるところもあるので、どのように算出されるのかを事前に確認することが重要です。

挙式+披露宴(食事会)

挙式と披露宴(食事会)にかかる費用相場は、60万円~120万円程度と言われています。

費用相場に幅があるのは、招待人数やオプションによって費用が大きく異なるためです。

招待人数を10人未満に留めて、オプションも最小限に抑えるようにすれば、60万円程度に抑えることも可能でしょう。

招待人数が20人程度であれば、費用相場は100万円~120万円程度になると考えておきましょう。

実際にかかる具体的な費用については、上記で記載したものになりますが、挙式のスタイルによっては、披露宴(食事会)を別で手配しなければならない場合もあります。

その場合には、手配が大変になってしまうので、その点も考慮して、結婚式を行う会場を選ぶようにすると良いでしょう。

挙式と披露宴(食事会)を実施するとなると、一般的な結婚式と同じ形式になるため、お祝儀をいただける可能性が高くなります。

お祝儀をいただける場合には、感謝の気持ちを込めて、引き出物を準備しておきましょう

写真のみ

いわゆる、フォトウエディングといわれるものですね。

フォトウエディングにかかる費用相場は、数万円~10万円程度と言われています。

費用をかなり安く抑えられるので、挙式や披露宴(食事会)といった形式が苦手な方や、写真だけでも残したいという方におすすめです。

フォトウエディングには、「スタジオ撮影」と「ロケーション撮影」があります。

ロケーション撮影であれば、庭園や観光地、二人の想い出の場所や、地元の街並みなどで撮影することが可能になります。

そのため、二人にとって特別な場所で晴れ姿を撮影したいという場合には、ロケーション撮影を選ぶのがおすすめです。

また、親戚だけではなく、子どもと一緒に撮影することができたり、ペットOKのスタジオや公園を利用すれば、ペットと一緒に撮影することも可能なのがメリットですね。

結婚式に向けて準備できる費用に合わせてプランを組もう!

結婚式の費用を安く抑えるためには、自分がどのような形式で結婚式を挙げたいのかをあらかじめ決めておくことが重要です。

結婚式に向けて準備できる費用は限られていると思うので、その費用に合わせて、結婚式のスタイルや招待人数、オプションなどのプランを組むようにしましょう。

プランを組んだものを準備できる費用の範囲内で実現することができる式場・会場を選ぶことができれば、費用も安く抑えることができます。

また、家族または親戚のみなどの少人数の場合は、結婚式を挙げることができる式場・会場が限られているのが現状です。

ただし、結婚式を挙げる時期や日時によっては調整してくれるところもあるので、諦めずに相談してみましょう。

いまからはじめよう、美肌の準備!

エミナルクリニックでは、全身脱毛+VIO脱毛の5回コースを月々2,980円(税込)でスタートすることができます。

これからの季節、なにかとムダ毛が気になったり、処理が面倒くさかったりしませんか?

エミナルクリニックなら、最短5ヶ月でツルツルなお肌を手に入れることができますよ。

そして今なら、

  1. 全身+VIO
  2. 医療ハイフ

どちらかを1つ追加することが可能です。

この機会にぜひ無料のカウンセリングを予約してみてはいかがでしょうか?

あっちゃん

恋に恋する20代女子。
同棲・結婚など気になる情報をお届けします♪

Manapビューティーマグ
タイトルとURLをコピーしました