彼氏のことが好きなのにつらい!その理由や解決方法・注意点などを解説!

恋愛
  • 「彼氏のことは大好きなのに、なぜかつらい」
  • 「彼氏が好きすぎて疲れてしまう」

このような悩みはありませんか?

彼氏が好きなのになぜかつらくなってしまう女性は少なくありません。

この悩みは原因と対処法をきちんと理解することで解消できます。

今回は、彼氏のことが好きなのにつらくなってしまう人の特徴や原因・対処法や注意点をまとめました。

今の状況を改善したい方は、ぜひ目を通してみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

彼氏が大好きなのにつらいのはなぜ?

彼氏のことは大好きなのにつらくなってしまうのはなぜでしょうか?

まずは、その理由を解説しましょう。

依存してしまうから

1つ目の理由は彼氏に依存してしまうから。

彼氏に依存してしまうと「彼氏がいないと生きていけない」「彼氏さえいればいい」などの極端な思考に陥ります。

このような極端な思考になることで「彼氏がもし私を嫌いなったらどうしよう……」と不安を抱え、つらくなってしまうのです。

例えば、彼氏に嫌われないように自分を演じたり、彼氏の要求に全て答えたりする生活が続くと、だんだん疲れてきますよね。

自分よりも彼氏を優先してしまい、自分のことを大切にできない場合もあります。

このように彼氏に依存すると、彼氏のことが大好きでもつらくなってしまうのです。

会えない時間が苦痛になるから

2つ目の理由は彼氏に会えない時間が苦痛になってしまうから。

先ほど解説した依存と似通った部分がありますが、彼氏を好きすぎるあまり会えない時間に寂しさや不安が募ることでつらくなってしまうのです。

例えば、彼氏の言葉に安心や癒しを感じている場合は会えない時間に孤独感を持ちやすくなります。

また、一緒にいない時間に彼氏が何をしているのか不安に思う女性も多いでしょう。

不安や孤独が大きくなるとつらくなってしまいますよね。

このように、彼氏に会えない時間が苦痛だと、彼氏のことが大好きでもつらくなってしまうのです。

自分に自信がないから

3つ目の理由は自分に自信がないから。

実は、自分に自信がない人は彼氏と付き合っていてもつらくなることが多いと言えます。

なぜなら、自分に自信が持てなければ「彼と私は釣り合っていない」「彼はどうせ浮気をしていなくなってしまう」などのネガティブな気持ちを抱えやすくなるからです。

例えば、自分に自信がないと彼氏が何度「かわいい」「好き」と言ってくれても、その言葉を信用することができません。

さらには、「どうせ私に気を遣っているのだ」と卑屈な考え方になってしまうこともありますよね。

このように、自分に自信がないと、彼氏のことが大好きでもつらくなってしまうのです。

彼氏が好きなのにつらくなってしまう女性の特徴は?

彼氏が好きなのにつらくなってしまう女性にはいくつかの特徴があります。

ここでは、3つの特徴を解説しましょう。

寂しがり屋で孤独を感じやすい人

1つ目の特徴は寂しがり屋で孤独を感じやすい点です。

なかでも承認欲求(他者から認められたいという欲求)が満たされていない場合、彼氏が好きなのにつらくなってしまいやすいと言えます。

なぜなら、彼氏で承認欲求を満たすようになると、依存へと繋がるケースが多いためです。

例えば、家庭の事情や性格などによって愛情に飢えている人は彼氏の「好き」「愛している」などの甘い言葉に心の癒しや安心を感じます。

しかし、承認欲求を満たせる場が彼氏との時間しかないと、「彼氏以外はどうでもいい」と極端な思考に陥ってしまうのです。

結果的に彼氏へ依存し、好きなのにつらいと感じてしまいます。

趣味や夢中になれることが少ない人

2つ目の特徴は趣味や夢中になれることが少ない点です。

趣味や夢中になれることがないと暇な時間が増えますよね。

暇な時間が多ければ多いほど、彼氏のことを考える時間が増え、彼氏に夢中になってしまいます。

これは、悪いことではありませんが、度を超えてしまうと彼氏に依存することにつながります。

例えば、趣味がなく彼氏が趣味のような状況になると、彼氏のために多くの時間を使おうという考えに陥ります。

休みがあれば彼氏との予定で埋め、彼氏以外の人や事を考える時間が少なくなればなるほど、彼氏への依存度が高まり、結果的に好きなのにつらいと感じてしまうようになるのです。

人間関係が得意じゃない人

3つ目の特徴は人間関係が得意じゃない点です。

もともと、異性だけでなく同僚や女友達などとの関係性を構築するのが苦手な女性は、すでに関係性が構築できている彼氏に依存しやすく、彼氏以外の人との関わりをシャットアウトするケースがあります。

例えば、女友達からランチに誘われても「彼氏と予定があるから」と断ったり、会社の飲み会にも「彼氏がいるから」と参加しなかったり。

その状況が続くと、彼氏に依存することとなり、結果的に彼氏が好きなのにつらいと感じてしまうようになるのです。

彼氏が好きなのにつらい時の解決方法は?

ここまで、彼氏が好きなのにつらい理由や、彼氏が好きなのにつらくなってしまう人の特徴を解説しました。

ここからは、彼氏が好きなのにつらいとき、どのように対処すべきかをご紹介します!

彼氏以外に夢中になれることを見つける

1つ目の対処法は、彼氏以外に夢中になれることを見つける方法です。

彼氏以外に目を向けることで、彼氏のことばかり考える時間を減らし、自分のしたいこと・好きなことで心をリフレッシュできるようになります。

例えば、毎週末彼氏と遊んでいるなら、そのうちの数日を別の友達と遊んでみたり、映画鑑賞や読書・カフェ巡りなど1人でも楽しめる趣味を見つけてみたりなど、他のことにも目を向けてみましょう。

筆者も彼氏に依存しやすいタイプでしたが、韓国ドラマとハンドメイドのアクセサリー制作にハマってから自分の時間を持てるようになりました。

このように、彼氏といる以外の時間を作れるよう努力してみてください。

自分に自信をもつ

2つ目の対処法は、自分に自信を持つことです。

自分に自信が持てるようになれば、余計な心配や不安を抱えずに済みます。

彼氏に関する不安ごとや心配ごとも少なくなるので、好きなのにつらい状況を引き起こしにくくなるでしょう。

自分に自信を持つことは簡単じゃありませんよね。

まずは少しずつ生活を変えていくことが重要です。

例えば、メンタルとつながりがあると言われている生活習慣を整えてみたり、SNSを見る回数を減らしてみたり。

まずは、少しずつ自分と向き合う時間を増やし、自分を肯定してあげるといいですよ。

このように、自分に自信を持てるよう生活を変化させてみてください。

彼氏との距離を見つめ直す

3つ目の対処法は、彼氏との距離を見つめ直すことです。

どんなに彼氏のことが大好きでも、距離を近く保ちすぎるとだんだんつらくなってきます。

なぜなら、彼氏と自分は他人だからです。

どんなに気が許せる相手でも、他人と近い距離を保つことはとてもエネルギーを使います。

距離を置くのではなく、バランスの良い距離を保つことが重要です。

例えば、月に遊ぶ回数を少し減らして自分のために使ったり、半同棲をしているなら一定期間実家に帰ったり、同棲をしている場合は1週間旅行をしてみたり。

完全に距離を置くのではなく、少し離れる時間を作ることも重要です。

心地のいい距離は人によって異なります。

自分と彼氏にとって心地のいい距離感を探してみるといいでしょう。

彼氏が好きなのにつらい時の注意点は?

彼氏が好きなのにつらい状況にいると、精神的にも不安定になりがちですよね。

精神が不安定なまま彼氏と接していると、心無い言葉から喧嘩が生じることや、彼氏ばかりに時間を取られることで、さらに心が疲れ、つらくなってしまいます。

結果的に彼氏との関係が悪化してしまうリスクもあります。

ここでは、彼氏が好きなのにつらい場合に注意すべきポイントを3つ紹介しましょう。

彼氏を束縛しすぎる

1つ目の注意点は彼氏を束縛しすぎることです。

特に、依存気質な女性に多いリスクとして束縛をしてしまう傾向があります。

しかし、度を超えた束縛はお互いのエネルギーを消耗したり、喧嘩を勃発させてしまったりするデメリットがあります。

例えば、彼氏に対する不安や心配から「飲み会に行くのはやめて」「他の女の子とは話さないで」と言ったとします。

しかし、実際に飲み会をやめることや、女性と全く会話をしないことは難しいもの。

結局彼氏が束縛に耐えきれずにイライラしてしまうリスクがあります。

束縛をする側もいちいち心がモヤモヤして気分が悪いですよね。

このように、束縛にはあまりメリットがありません。

どんな状況でも強い束縛は避けるようにしましょう。

彼氏に尽くしすぎる

2つ目の注意点は彼氏に尽くしすぎることです。

彼氏に嫌われたくない一心で彼氏に尽くしすぎる女性は少なくありません。

しかし、彼氏に尽くしすぎるのはエネルギーを消耗します。

結果的にどんどん疲れてきて、つらくなってしまうことにつながるのです。

例えば、彼氏の顔色を伺ってプレゼントをしたり、彼氏が仕事で疲れているからと家事を完璧にこなしたりするのはとても大変。

たまにならいいものの、それが長期間続くとつらいですよね。

また、尽くしすぎることで彼氏にとっても恋人感がなくなってしまうリスクがあります。

このように、つくしすぎると自分にとっても彼氏にとっても悪い方向へ転がってしまうケースがあります。

無理に尽くさないよう心がけましょう。

他の人間関係を後回しにする

3つ目の注意点は、他の人間関係を後回しにすることです。

彼氏を優先するあまり、同僚や女友達・家族との時間を削ってしまう女性は多いでしょう。

しかし、彼氏以外の人間関係を後回しにしていると、いざという時に助けてくれる人がいなくなります。

例えば、彼氏と喧嘩をしたり破局をしたりすると、家族や友達が話を聞いてくれますよね。

時には力を貸してくれることもあります。

しかし、彼氏ばかりを優先し、他の人間関係を後回しにしていると、彼氏がいなくなった時にひとりぼっちになってしまいます。

このような状況を避けるためにも、彼氏だけでなく他の人たちも大切にすることが重要です。

まとめ

彼氏のことが好きなのにつらくなってしまう原因や対処法をお伝えしました。

恋愛は楽しいことだけではありません。

なぜ自分がつらいのかを考え直し、自分にとって合っている対処法を見つけましょう。

時には彼氏と相談しながら、2人にとってベストな形を探してみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました