妊活におすすめの葉酸サプリメント5選!飲んだ方が良い理由・選び方など紹介

妊活

妊活と言えば、まず何が思い浮かぶでしょうか。

基礎体温やタイミングなど、人それぞれ違いますが、その中でも実践しやすいのが「葉酸の摂取」でしょう。

昔と違い、栄養を摂取するためにはサプリメントを利用する方法があるため、昔よりもかなり気軽に特定の栄養を摂取できるようになりました。

ですが、葉酸のサプリメントと言っても色々なメーカーが販売しているため、どれを購入していいのか迷ってしまいます。

そこで、おすすめのサプリメントについてまとめました。

妊活中に葉酸サプリメントを飲んだ方がいい理由は?

葉酸サプリメントとは?

そもそも、葉酸とはどんな栄養素なのでしょうか?

葉酸は、水溶性ビタミンB群の1つです。

ビタミンB12とともに赤血球の生産を助けるため、貧血予防には欠かせない栄養素なのです。

特に妊娠中は貧血になりやすいので、積極的に摂取したいことにも頷けますね。

それだけではなく、細胞分裂や遺伝情報にかかわるDNA・RNAの合成にも必要な栄養素です。

妊娠中は子どもを胎内で育てているので、より必要な栄養素であることがわかります。

葉酸の役割を理解して、サプリメント選びにも役立てたいですね。

赤ちゃんの先天性異常の予防

妊娠中での葉酸の影響はどのような部分で発揮されるのでしょうか?

葉酸が特に必要とされているのは妊娠初期です。

妊娠初期は脳・神経管・心臓などの赤ちゃんがこれから生きていくために必要な、体の重要な部分を形成する時期です。

妊娠初期に葉酸を摂取しておくことで、赤ちゃんの先天性異常を防ぐ効果があると言われています。

ママがしっかり葉酸を摂取すると、赤ちゃんの生まれながらの病気を防ぐことができるというわけです。

ただ、葉酸だけではなくどんな栄養素も、摂取後すぐに血中濃度を満たして、役割を発揮できるというわけではありません。

そのため、妊娠の1ヶ月ほど前から葉酸を摂取することで妊娠初期の大切な時期を乗り越えることができるようになります。

妊活で葉酸の摂取が推奨されているのにはこのような理由もあるのですね。

葉酸サプリメントの選び方は?

色々ある葉酸サプリメントですが、どのようなものを選べばいいのでしょうか。

色々な観点から見ていきましょう。

食事を前提とした葉酸の配合量のものを選ぶ

葉酸は摂れば摂るほどいいというわけではありません。

葉酸を過剰に摂取すると、ビタミンB12欠乏による大赤血球性貧血の発生を隠してしまうことがあるのです。

それだけではなく、ビタミンB12が不足していることによる重篤な疾病の、後外側脊髄変性の発見が遅れる危険もあります。

葉酸は日々の食事でも確実に摂取できる栄養素です。

不足することがほとんどないとも言われているので、食事で葉酸を摂取することを前提として葉酸が配合されているサプリメントを選ぶことが重要です。

他に摂取したい栄養素があるかどうかをチェック

妊娠中に必要な栄養素は葉酸だけではありません。

骨を作るためのカルシウムや血液の元となる鉄分など、色々な栄養が必要です。

葉酸のみを配合しているサプリメントもありますが、妊婦向けの葉酸サプリメントには他の栄養素が含まれているものもあります。

他に摂取したい栄養素のサプリメントを検討している場合、いくつか配合されているものを選ぶとより摂取が簡単になります。

妊娠中でも嬉しい美容成分を含んでいるサプリメントもあるので、栄養素を比較することも重要です。

続けられなければ意味がない!価格も確認

どんなにいいサプリメントを選んでいても、妊娠中継続できなければ意味はありません。

継続できるかどうかを左右するのは、そのサプリメントの価格です。

ベストなのは、自分が支払える範囲内の金額のサプリメントを継続することです。

仕事をしていても、妊娠中は妊娠前よりスムーズに仕事ができなくなることが多く、収入も減りがちです。

葉酸のサプリメントでいいものを購入したとしても、継続できるかどうかは話が別になってしまうのです。

自分の収入と照らし合わせ、継続できる金額のサプリメントを選びましょう。

1. ベルタ葉酸サプリ

妊娠中に摂りたい栄養をぎゅっと詰め込んだサプリメント

ベルタ葉酸サプリは、メイン成分として厚生労働省推奨のモノグルタミン酸型の葉酸を480μg配合しています。

それに、葉酸以外にも鉄分・カルシウム・ビタミン・ミネラルなどの栄養はもちろん、女性に嬉しい美容成分も含んでいます。

妊娠・妊活に必要な栄養を豊富なだけではなく、バランスよく配合しているサプリメントです。

酵母葉酸100%!美容成分も豊富

ベルタ葉酸サプリの葉酸は、ただの葉酸ではありません。

酵母にモノグルタミン酸葉酸を含有させ、それを培養した酵母葉酸を仕様しているのです。

酵母葉酸は一般の合成葉酸と違い、体内への吸収率がかなりよいものです。

体内にとどまる時間が長く、葉酸の効率のよい摂取が可能となっているのです。

葉酸だけではなく、47種類のビタミン・ミネラルを配合しています。

使用している野菜はなんと23種類で、色々な野菜の栄養素をサプリメント1つで摂取できます。

妊娠前から産後まで大切な栄養素でもあるので、授乳期までサポートしてもらえるのは嬉しいですね。

また、乳酸菌の仲間のラクトフェリン、DHA・EPAも豊富に含まれています。

特定の食材からしか摂取できない栄養素を気軽に摂取できます。

多くの産婦人科が推奨、こだわりの無添加

サプリメントに求められていることは、栄養だけではなく、安全性も含まれます。

直接体に入ることはもちろんですが、赤ちゃんのためにも安心・安全なものを選びたいものです。

ベルタ葉酸サプリは、妊活・妊娠・授乳中でも安心して飲めるよう、無添加にこだわって製造されています。

素材は全て天然由来のものばかりですし、厳格な衛生管理・品質管理がされています。

製造工場も、GMPの順守が認定されている工場なのでより安心です。

そんなベルタ葉酸サプリはなんと産婦人科医も推奨しているサプリメントです。

現在、全国739の産院施設で紹介されています。

 

2. makana-マカナ-

マカ、ビタミン、ミネラルなどとにかく栄養が豊富!

マカナの最大の特徴は、とにかく栄養素が豊富に含まれていることです。

主成分は日本産マカで、厚生労働省が推奨しているモノグルタミン酸型の葉酸を400μgも配合しています。

それだけではなく、ビタミン・ミネラル類は29種類、アミノ酸類21種類、ファイトケミカル23種類などの妊活・妊娠に必要な栄養素をたっぷり配合しているのです。

こんなにたくさんの栄養素を配合しているのに、無添加で安心できるサプリメントです。

妊活専門の管理栄養士が配合するサプリ

マカナの栄養素の配合を担当しているのは、妊活専門の管理栄養士です。

妊活8大成分をはじめ、90種類以上の栄養素を結果が出るように細かく計算して配合しているので、妊活の大きな味方となります。

通常、葉酸サプリは、葉酸の他に多少のビタミン・ミネラルのみを配合していることが多いです。

そのため、妊活へのサポートはあまり期待できないのです。

ですが、マカナは豊富なビタミン・ミネラル・アミノ酸類・ファイトケミカルなどを配合しているため、妊娠を目指す体作りをすることができるようになるのです。

積極的に摂取したい栄養を1つのサプリメントでしっかりと摂取できるということです。

夫婦の妊活をサポートする、男女兼用サプリメント

不妊の原因は女性だけにあるわけではありません。

男性側が原因の不妊の確率も約50%となっています。

そのため、妊活に向けての栄養摂取は夫婦共に行う必要があるということです。

葉酸サプリというと、どうしても女性専用のサプリメントであるイメージが強いです。

ですが、マカナは男性にもおすすめの男女兼用のサプリメントです。

夫婦で飲むことで毎日のコミュニケーションの一部にもなりますし、お互いに栄養が満たされた体を目指せます。

妊活は片方だけが行うものではありません。夫婦で使えるサプリメントで、妊活ライフを楽しく過ごしましょう。

 

3. mitas -ミタス

妊活+温活を叶えるサプリメント

ミタスの特徴は、何と言っても妊活+温活を叶えるサプリメントであるということです。

体の冷えが不妊原因の1つでもあるため、妊活と温活を同時に行えるのはかなりの魅力です。

温活成分には、高麗人参・なつめ・陳皮・生姜などの和漢素材を使用しています。

冷えに効く豊富な和漢が妊娠しやすい体作りを応援します。

葉酸も、吸収率が約2倍高いモノグルタミン酸型葉酸を採用しています。

厚生労働省が推奨している1日あたりの必要摂取量400μgを配合しているので、葉酸不足の解消にはもってこいです。

不妊治療専門医が監修、国産・無添加で安心!

ミタスを監修しているのは、不妊症治療・不育症治療の専門家である金谷美加先生です。

不妊治療についての本を出版しているということもあり、安心感があります。

妊活に必要な栄養をしっかりと含んでいることもわかります。

国産・無添加にもこだわり、医薬品等の品質管理基準に準拠する国内有数の工場で製造されているサプリメントなので、より安心できますね。

妊娠の時期ごとに摂りたい栄養素を網羅!

ミタスをメインで使用するのは妊活期ですが、妊娠中・産後の栄養にフォーカスしたサプリメントもあります。

妊活期・妊娠中・産後、それぞれで必要な栄養素は違います。

それぞれの時期に分かれていることで、そのときに合った栄養素を摂取できるのがポイントです。

 

4. ノコア

妊活に重要なDHA・EPAがたっぷり!

赤ちゃんに必要なのは葉酸だけではありません。

色々な栄養素が必要となりますが、中でも重要なのがDHA・EPAです。

ノコアは、葉酸と一緒にDHA・EPAを配合したサプリメントです。

DHA・EPAはWHOや厚生労働省も推奨しており、重要な栄養素であることがわかります。

ノコアに配合されているのは300mgでたっぷり摂取できます。

魚から多く取れる栄養素ですが、サプリメントで補えると体にも赤ちゃんにもいいですね。

安全性も確保した、安心して飲めるサプリメント

DHA・EPAは赤ちゃんにとってはとても大切な栄養素です。

ですが、魚からの摂取だと水銀や海洋汚染成分などの有害な成分が体に入ってしまうこともあります。

赤ちゃんに有害な成分が渡ってしまうのは避けたいものです。

ノコアに含まれているDHA・EPAは、海藻を人工的に培養することで作られています。

そのため、有害物質のリスクがないため妊婦さんにも赤ちゃんにも安心です。

赤ちゃんの体に優しいサプリメントを探している人にぴったりです。

 

5. プレミン

妊娠の時期により選べる3種類のサプリメント

プレミンは、妊娠の時期によって3種類のサプリメントを使い分けるのが特徴です。

  1. 妊活~15週の妊娠初期
  2. 16週~の妊娠中期・後期・出産まで
  3. 産後の授乳期

の3種類となっています。

それぞれの時期に合わせることで、必要な栄養が過不足なく摂取できるのはもちろんですが、何よりもわかりやすいので食事の参考にもなります。

安全性を追求!原産国と加工国の開示

安全性を追求していることもポイントの1つです。

まず、赤ちゃんには特に必要ない美容成分を一切使用していないため、赤ちゃんへの安全性を保っています。

それに加え、栄養素の原産国・最終加工国を全て開示しており、納得したうえで購入・使用ができるようになっています。

赤ちゃんと妊婦さん、妊活を頑張る女性を1番に考えたサプリメントなのです。

 

葉酸サプリ以外からの摂取する方法は?

葉酸を多く含む野菜から摂取

一般的に葉酸を多く含んでいるとされているのは野菜です。

100gあたりだと、

  • 焼きのブロッコリーで450㎍
  • ゆでた芽キャベツで220㎍
  • 生のほうれんそうが210㎍

の葉酸が含まれています。

葉酸だけではなく、ビタミン・ミネラルも摂取できるためしっかり摂りたいですね。

また、葉酸は水に溶けやすく熱に弱いため、サラダでそのまま食べたり、スープにして汁ごと食べる、電子レンジで加熱するという工夫をするとよりたくさんの葉酸を摂取できますよ。

魚介類や海藻にも!

野菜だけではなく、魚介類・海藻からも葉酸を摂取することが可能です。

100gあたりだと、

  • 焼きのりには1,900㎍
  • 生うにには360㎍
  • 生わかめだと29㎍

の葉酸を摂取できます。

焼きのりに含まれている葉酸は多いですが、全形という大きなサイズののりでも重さが約3gしかないため100gを摂るのは現実的ではありません。

いつもの食事にプラスするだけでも少しの葉酸を摂取できるので、ご飯の上に乗せたり、巻いてみたり、少し食事を変化させて気分を変えるのも楽しいですよ。

豆類にも葉酸たっぷり!

豆と種実にも葉酸が含まれています。

100gあたりだと、

  • 全粒大豆のきな粉には250㎍
  • いりごまには150㎍
  • 糸引き納豆には120㎍
  • 乾いた落花生には76㎍

の葉酸が含まれています。

豆類には葉酸だけではなくカルシウムもたくさん含まれているため、積極的に摂取したい食材です。

それに、食事にプラスしやすい食材でもあるため、調理もしやすいのではないでしょうか。

例えば、食事にプラス1品として納豆を加えたり、豆をサラダのトッピングにしたり、きな粉をホットミルクに加えたり、色々な工夫をすることができますよ。

おやつなどの間食にもおすすめです。

葉酸を飲まないとどうなるの?

通常の食生活を送っている場合、欠乏してしまうことはかなりまれなことです。

もしも偏食などで欠乏状態が続く場合、造血機能の異常を起こしてしまいます。

そうなると、巨赤芽球性貧血・神経障害・腸機能障害などを起こす原因となってしまいます。

また、口内炎・皮膚異常・動脈硬化などの原因にもなります。

妊娠に必要と言われている葉酸ですが、実際は健康に毎日を過ごすためにとても重要な栄養であることがわかりますね。

まとめ

妊活といえば葉酸!と言われるほどの栄養ですが、実は健康に欠かせない栄養素なのです。

サプリメントも色々ありますが、色々比較して自分に合ったものを選ぶことが重要です。

  • 美容成分が入っていたり入っていなかったり
  • 葉酸と一緒に入っている栄養が違っていたり

と比較するポイントはたくさんあります。

葉酸を効率よく摂取し、楽しい妊活ライフを送りましょう。

ぽん

2019年生まれの息子を育てるワーママ。
好きなことはゲームと美容だけれども、育児と仕事でなかなか思うように色々できない日々を過ごしています。
ライター業も好きなことの1つです。

人気のNIPTクリニック

平石クリニック
料金・基本検査198,000円
・全染色体検査231,000円
・微笑欠失検査253,000円
検査項目・13トリソミー
・18トリソミー
・21トリソミー
・性染色体異常
・全染色体異常
・微小欠失の検査
ラジュボークリニック
料金・ミニマムプラン88,000円
・シンプルプラン132,000円
・スタンダードプラン165,000円
・フルセットプラン187,000円
検査項目・13トリソミー
・18トリソミー
・21トリソミー
・性染色体異常
・全染色体異常
・微小欠失の検査
八重洲セムクリニック
料金・基本検査215,600円
・全染色体検査242,000円
・全染色体
+微笑欠失検査253,000円
検査項目・13トリソミー
・18トリソミー
・21トリソミー
・性染色体異常
・全染色体異常
・微小欠失の検査
Manapビューティーマグ
タイトルとURLをコピーしました