鹿児島県でNIPT(新型出生前診断)安くておすすめの人気クリニックを比較

NIPT

こんにちは。Manapの編集長です。

鹿児島県で新型出生前診断(NIPT)をしたいけど、年齢が35歳未満の方や認可施設は条件が厳しくて検査を諦めたという経験がありませんか?

どんなクリニックで受けて良いのか、そもそもクリニックが住んでいる地域にあるのかなどわからないことだらけですよね。

妊娠中のお母さんは、常にお腹の子が心配で毎日不安で過ごしてる方も多いことでしょう。

この記事では、鹿児島県でNIPT検査ができるクリニックを検査の料金や条件なども合わせて紹介します。

  • 鹿児島県でNIPT検査をしたい方
  • 鹿児島県で年齢制限無しのNIPTを探している方

NIPT検査をどこで受けていいか悩んでいる方はぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

NIPTで何がわかる?

NIPTでは、お腹の中の赤ちゃんの染色体異常の有無が分かります。
主にわかる3つのトリソミー

・13トリソミー

・18トリソミー

・21トリソミー

認可施設では、3つのトリソミーのみ調べることが可能です。

一方で認可外施設では、3つのトリソミー以外にも細かい項目を調べることができ、性別判定を行うことも可能です。

より細かく調べられるからといって、すべての病気がわかる訳ではありません。

NIPTでは、一部の限定的な疾患を見つけることができると思っておきましょう。

NIPTの検査方法やリスクは?

NIPTは、母体から10ミリ(小さじ2)程度の採血をするだけで、死産や流産などのリスクがない検査です。

NIPTは、検査精度が99.9%とかなり高く信頼できるでしょう。

検査確定するには、確定的検査の羊水検査や絨毛検査が必要ですが、はじめから確定的検査を行うのはリスクがあります。

羊水検査で1/300、絨毛検査で1/100の確率で、流産・死産のリスクが存在します。

NIPTは、こういったリスクを防げるメリットもある検査です。

【NIPT】鹿児島県でおすすめのクリニックは?

鹿児島県には2カ所ある!

鹿児島県でNIPTができるのは「鹿児島大学」・「ミネルバクリニック」の2つ!
認可・鹿児島大学
認可外・ミネルバクリニック

鹿児島大学病院とミネルバクリニックを比較していきましょう。

比較一覧表

比較項目ミネルバクリニック鹿児島大学
妊娠検査週数妊娠9週0日〜妊娠10週0日〜
遺伝カウンセリング臨床遺伝専門医が対応臨床遺伝専門医が対応
年齢制限何歳でもOK35歳以上
来院回数1回2〜3回程度
検査費用176,000円209,000円
(内訳:カウンセリング1回11,000円
+NIPT198,000円)
追加費用なしなし
検査結果最短7日〜14日14日前後
結果通知マイページ・来院・郵送来院・郵送
羊水検査15万円まで保証111,000円(追加)

2つのクリニックを比較

年齢を比較

35歳未満の方はミネルバクリニックしか受けられません!
鹿児島大学ミネルバクリニック
・35歳以上・何歳でもOK

鹿児島大学では、年齢が35歳以上の方や染色体異常が疑われる方など、特別な理由がある方のみ受けることができます。

一方、ミネルバクリニックでは、35歳未満の方も特に異常がない方でも受けることが可能です。

これは、認可施設と認可外施設の大きな違いでしょう。

受診条件について比較!

受診条件は、鹿児島大学病院の方が負担は大きいかも!?
鹿児島大学ミネルバクリニック
・夫婦同伴
・主治医が予約
・2〜3回の来院
・オンライン対応
・Webで24時間予約可能
・1回で完了

受診条件に関しては、大きな違いがみられました。

鹿児島大学病院は、個人的に予約することが不可な為、主治医や病院側に予約してもらう必要があります。

編集長
編集長

自分では予約できないとなると、受けるためのハードルが高く感じるでしょう。

さらに、カウンセリングと採血日は別日で対応する為、夫婦同伴で複数回来院する必要があります。

カウンセリングは、月・水・金しか対応していない為、共働きの方や平日に休みずらい方にとっては負担が大きくなるでしょう。

一方ミネルバクリニックは、24時間Webから個人予約が可能です。

また、オンラインにも対応している為、来院回数は0〜1回で済むなど、妊婦さんやパートナーに負担のない方法で検査することができます。

どちらの受診方法が自分たちにあっているかで選択すると良いでしょう。

検査費用を比較

基本検査で比較した場合「ミネルバクリニック」の方が低価格という結果に!
鹿児島大学ミネルバクリニック
・198,000円
・遺伝カウンセリング
(初回60分11,000円、2回目以降5,500円)
・176,000円
・遺伝カウンセリング料込み

2つの病院では、検査項目にも違いがあります。

鹿児島大学病院

・21トリソミー

・18トリソミー

・13トリソミー

ミネルバクリニック

・21トリソミー

・18トリソミー

・13トリソミー

・性染色体検査

・性別判定

「性別判定」もしたい方や「遺伝カウンセリング料」が含まれている方が良い方、できるだけ費用を抑えたい方などはミネルバクリニックを選択すると良いでしょう。

検査方法を比較

鹿児島大学病院は「来院のみ」、ミネルバクリニックはオンラインにも対応!
鹿児島大学ミネルバクリニック
・来院のみ・来院もしくはオンライン

ミネルバクリニックは、オンラインNIPTにも対応している為、遠方の場合は来院不要で検査可能です。

オンラインの場合は、カウンセリングや結果開示などをビデオ通話でお互い顔をみながら行います。

採血だけ、ご自宅近くの医療機関を受診する必要がありますが、遠方にいくよりも身体的負担は軽く済むでしょう。

妊娠初期は、つわりなどが始まり体調が不安定になりやすくなります。

また、上のお子さんがいたりする場合は外出が難しいこともあるでしょう。

来院でもオンラインでも検査の質は変わらないので、自分にあった検査方法を選択すると良いでしょう。

おすすめはミネルバクリニック

ミネルバクリニックの基本情報

比較項目ミネルバクリニック
妊娠検査週数妊娠9週0日〜
遺伝カウンセリング臨床遺伝専門医が対応
年齢制限何歳でもOK
来院回数1回(オンラインの場合不要)
検査費用176,000円
追加費用なし
検査結果最短7日〜14日
結果通知マイページ・来院・郵送
羊水検査15万円まで保証

遺伝専門のクリニック

ミネルバクリニックは、認可外ですが、遺伝専門のクリニックです。

遺伝専門のクリニックならではのメリットは複数あります。

  • 臨床遺伝専門医が在籍
  • 陽性の場合産んで良いケースかどうか判断できる
  • 遺伝に関する最新の医学情報を入手できる

とくに他の認可外との違いとして、産んで良いケースかどうか判断できる点は遺伝専門クリニックならではの強みだと思います。

遺伝専門医は大学病院などに在籍していることがおおく、認可外で臨床遺伝専門医に対応してもらえるのは大きなメリットになるでしょう。

特にミネルバクリニックの臨床遺伝専門医の方は、日本で1番多い症例数をこなしてきた信頼できる先生なので実績は問題ないでしょう。

陽性だった場合の対応も安心!

ミネルバクリニックでは、万が一陽性の場合、羊水検査の保証だけでなく、24時間電話サポートにも対応しています。

妊婦さんを少しでも不安にさせないよう、陽性の場合は医師の携帯番号を渡し、いつでも連絡がとれるようにするなど唯一無二のサポートをしています。

編集長
編集長

正直、ここまで対応するクリニックは、ミネルバクリニックくらいでしょう。

NIPTは非常に繊細のため、不安になってしまう妊婦さんも多くいます。

どこで検査を受ける場合でもサポートが手厚いクリニックが安心でしょう!

アクセス

住所東京都港区北青山2-7-25
神宮外苑ビル1号館2階
最寄駅外苑前駅から徒歩1分
診療時間10:00~14:00
16:00~20:00
休診日火曜・水曜

 

NIPT検査のメリットは?

NIPTは以下のようなメリットがあります。

  • 採血のみで検査可能
  • 検査精度99.9%と高い
  • 妊娠10週から検査可能
  • 流産や死産のリスクがない

検査制度が99.9%

NIPTは検査精度が99.9%と非常に高いのが特徴です。

従来の出生前診断と比較したら検査精度の高さは一目瞭然です。

非確定的検査感度
母体血清マーカー83%
コンバインド検査80%
NIPT99.9%

他の非確定的検査と比べて信頼度が高い検査なのは間違いないでしょう。

従来の非確定的検査は検査精度の低さが問題視されていましたが、NIPTは検査精度が非常に高い為、無駄な確定的検査を防ぐことができるでしょう。

流産や死産のリスクがない

NIPTは、採血のみで検査が可能なので、流産や死産のリスクがなく安心です。

NIPTでは、お腹に針を指すことはなく、10ml程度の採血をするだけで検査が完了します。

確定的検査(羊水・絨毛)にはリスクが伴います。

確定検査の場合は、羊水検査で1/300絨毛検査で1/100の確率で、流産・死産のリスクが存在します。

こういったリスクを避け、安全に検査を行える点もNIPTのメリットでしょう。

妊娠10週〜検査可能

従来の非確定的検査は、早くても妊娠11週〜でしたが、NIPTは妊娠10週〜と早いうちから検査が可能です。

早いうちに検査できることは多くのメリットがあります。

もちろん陰性だった場合は、安心して妊娠生活を送ることができるでしょう。

編集長
編集長

万が一陽性だった場合は、羊水検査も含めて今後の選択をしなければなりません。

日本の人工中絶手術は妊娠21週6日までと定められており、検査をギリギリに受けると、短い時間で厳しい判断を迫られることもあります。

NIPTは早いうちに検査を受けることができるので、その分、ご両親が心の準備をする時間、病気について学んだり、話し合う時間など多く確保することができます。

少しでも早いうちから検査できるというのは「時間を確保できる」と言う点でどんな結果においても大きなメリットになるでしょう。

NIPT検査のデメリットは?

NIPTのデメリットには以下のようなものがあります。

  • 検査費用が高い
  • 全ての病気がわかる訳ではない
  • 病院によっては条件が厳しい

検査費用が高い

NIPTは、保険適用外のため、費用相場は約15万〜20万円前後と言われています。

できるだけ費用を抑えたいという場合は、認可外施設の方が検査内容を自分で取捨選択できる為、自分の予算に合わせて選ぶことができるでしょう。

ただし、安すぎるとフォロー面が不十分な可能性もありますのでしっかり確認しましょうね。

検査結果が100%ではない

NIPTは、非確定的検査になるので、検査結果を確定するには、確定的検査(羊水検査・絨毛検査)を受ける必要があります。

NIPTは検査精度が高いので勘違いしやすいのですが、全ての病気がわかるわけではなく、一部の限定的な疾患が分かるだけで、生まれてこないとわからない病気もいっぱいあります。

障害の有無はわかっても、障害の重さまでは生まれてみないと分からないのです。

病院によっては条件が厳しい

認可施設の場合は、年齢制限など条件が厳しく設けられているため、誰もが受けられるわけではありません。

また、夫婦同伴必須の為、共働きの夫婦だと何度も休みを合わせる必要があったり負担が大きいでしょう。

こういった理由から、初めから認可外を選択する夫婦が増えているのも事実です。

認可外であってもクリニック選びをしっかりすればあまりデメリットにはならないでしょう。

まとめ

今回は、鹿児島県でおすすめのNIPTクリニックを紹介しました。

鹿児島県では、オンラインNIPTを実施している「ミネルバクリニック」がおすすめです。

年齢制限無しで、万が一陽性でも24時間サポートをしてくれるなサポート面も手厚く、信頼できるクリニックだと思います。

わざわざ遠方に行く必要もないので、検討してみてくださいね。

編集長

美容、コスメ、ダイエットが好き!
1児の母で子育てにも奮闘中。
Manapの編集長をしています。

・日本化粧品検定1級

>>Instagramはこちら

人気のNIPTクリニック

平石クリニック
料金・基本検査198,000円
・全染色体検査231,000円
・微笑欠失検査253,000円
検査項目・13トリソミー
・18トリソミー
・21トリソミー
・性染色体異常
・全染色体異常
・微小欠失の検査
ラジュボークリニック
料金・ミニマムプラン88,000円
・シンプルプラン132,000円
・スタンダードプラン165,000円
・フルセットプラン187,000円
検査項目・13トリソミー
・18トリソミー
・21トリソミー
・性染色体異常
・全染色体異常
・微小欠失の検査
八重洲セムクリニック
料金・基本検査215,600円
・全染色体検査242,000円
・全染色体
+微笑欠失検査253,000円
検査項目・13トリソミー
・18トリソミー
・21トリソミー
・性染色体異常
・全染色体異常
・微小欠失の検査
Manapビューティーマグ
タイトルとURLをコピーしました