【NIPT】平石クリニックの評判は?料金・実績・羊水検査の対応など解説!

ヘルスケア

こんにちは。Manapの編集長です。

NIPT検査で有名な平石クリニックをご存知でしょうか?

2020年度の顧客満足度調査では、妊婦さんからの顧客満足度97%を獲得するなど、高評価のクリニックです。

今回は、平石クリニックの

  • 特徴
  • 料金
  • サポート体制
  • よくある質問

などについてまとめています。

編集長
編集長

NIPTのクリニックを探している方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

平石クリニックとは?

編集長
編集長

平石クリニックの院長は、平石貴久院長です。

日本マーケティングリサーチ機構の「新型出生前診断サービスに対する顧客満足度調査」において、2019年度の顧客満足度95%2020年の顧客満足度97%を獲得しています。

平石院長は、認定施設の条件の厳しさや予約の取りずらさ、受けたくても受けれない人がいるという声をうけ、受けたい人が受けれるようにとNIPTを提供するようになったそうです。

編集長
編集長

平石クリニックは無認可施設ですが、フォロー体制など仕組みがしっかりしている点が多くの人に支持されている理由なんです。

 

平石クリニックの特徴は?

編集長
編集長

高い顧客満足度を獲得している平石クリニックの特徴がこちら。

特徴!

・年齢制限がない

・認定遺伝カウンセラー在籍

・1人受診OK

・子連れ受診OK

・羊水検査費用は全額負担

・土日検査可能

・1度の来院でOK

・検査結果は最短6日

・全国のクリニックと提携

制限が少ない

平石クリニックは、「年齢制限なし」「1人受診OK」「来院回数1回」「土日検査可能」など、認可施設と比較しても制限が少ないことが特徴。

認可施設の場合、カウンセリングが長時間あり、夫婦同伴、来院回数は3回程度と条件が多く、予約が取りづらいという問題点もあります。

特に働いている人は夫婦で何回も休みを取ることが難しいため、検査を諦める方も多くいました。

制限が緩和されている平石クリニックでは、毎月100名の妊婦がNIPT検査・受診のため来院しており、受けたい人が受けやすい仕組みが整っています。

認定遺伝カウンセラー在籍

編集長
編集長

NIPT検査では、認定遺伝カウンセラーが必要不可欠な存在です。

遺伝カウンセラーとは?

NIPT検査の説明や妊娠後の赤ちゃんの異常についての不安など、様々な問題について相談できます。遺伝情報や社会の支援体制の情報提供、社会的サポートもしてくれます。

検査前の不安を解消することや、陽性の結果が出た場合のサポートなどに不可欠とされているのが遺伝カウンセラーになります。

検査を迷っている方でも遺伝カウンセリングを受けることで、しっかりと判断ができるようサポートしてくれます。

無認可施設では遺伝カウンセラーがいなかったり、充分なカウンセリングを受けられなかったりと不安をいだくひともいるかと思います。

編集長
編集長

平石クリニックの場合は、検査前も検査後も無料で相談できるので安心です。

羊水検査費用も含んでいる!

平石クリニックでは、陽性だった場合の羊水検査費用を全額保証しています。

編集長
編集長

しかも!医療機関の指定がないのがポイントなんです♪

どのクリニックで羊水検査をしても費用は全額負担してもらえるため、家から近い場所でも気兼ねなく通えるから安心です。

NIPTにて検査結果が上手く出ず再検査となってしまった場合でも、再検査の費用はかかりません。

全国のクリニックと提携

編集長
編集長

平石クリニックは全国のクリニックと提携しているため、全国で受けることが可能です。

検査可能な都道府県

北海道・青森・秋田・新潟・宮城・東京・埼玉・千葉・愛知・大阪・滋賀・広島・山口・福岡・沖縄

いずれも駅近で交通アクセスも良好なので、お近くのクリニックを選択すると良いでしょう。

平石クリニックの料金は?

編集長
編集長

平石クリニックには3つのプランがあります。

検査プラン検査項目料金(税込)
基本検査13,18,21トリソミー検査
性染色体検査
希望者には性別判定
198,000円
全染色体検査13,18,21トリソミー検査
性染色体検査
全染色体検査
(1〜22番トリソミー検査)
希望者には性別判定
231,000円
微小欠失検査13,18,21トリソミー検査
性染色体検査全染色体検査
(1〜22番トリソミー検査)
微小欠失検査
・1p36欠失症候群、
・4p欠失症候群
・5p欠失症候群
・プラダー、ウィリ症候群
・アンジェルマン症候群
・22q11.2欠失症候群
希望者には性別判定
253,000円
編集長
編集長

認可施設では基本的に13,18,21トリソミー検査のみになるため、比較すると多くの項目が検査可能なことがわかります。

この検査費用には陽性だった場合の確定的検査(羊水検査・絨毛検査)の費用も含まれています。

最初の検査費用以外に費用の心配する必要がないので安心して検査できるでしょう。

「基本検査」・「全染色体検査」

イルミナ社が製造している機器を使用し、国内で検査をしています。

「微小欠失検査」

検査精度の高さが世界的に知られているイルミナ社の子会社であるベリナタ・ヘルス社で検査になります。

実は、NIPTの検査は非常に難しく技術がいることから、実績の少ない日本での国内検査を不安に思う方もいらっしゃいます。

編集長
編集長

平石クリニックでは、アメリカのベリナタ・ヘルス社に検査依頼をするため安心して任せることができます。

支払い方法は?

編集長
編集長

現金またはクレジットカードで支払うことができます。

分割払いの場合も金利手数料0円で利用することができます。

ただし、金利手数料0円を利用する場合は、現地のクリニックではなく、事前に受付センターに連絡を入れるようにしてくださいね。

平石クリニックの予約方法は?

平石クリニックの予約方法は2つ!

  1. WEB予約
  2. 電話予約
編集長
編集長

WEB予約は、24時間予約が可能で大変便利です。

電話予約の場合は、9時〜22時と遅くまで繋がるため、仕事終わりでも余裕を持って電話する子ができます。

検査ができるのは妊娠10週目以降の単胎妊娠、または双胎妊娠の方になります。

基本的に15週6日まで検査可能ですが、万が一16週超えた場合は1度相談してみると良いでしょう。

また、採血する前までならキャンセル料も無料です。

編集長
編集長

ネット予約するとコールセンターから確認の電話がかかってきます。予約できてるかな?と不安になることもありません。

よくあるQ&A

編集長
編集長

よくあるQ&Aをまとめました。

結果は何日で届くの?

編集長
編集長

検査日から最短6日で結果通知がメールで届きます。

結果通知は英語表記になっていますが、日本語表記に直した説明文がついていますので安心してくださいね。

結果を見てもよくわからない時は、コールセンターに電話すると説明をしてもらえます。

検査結果だけを受け取りにわざわざ来院する必要もないので、体調の変わりやすい妊婦さんにとっては嬉しいですよね♪

何歳くらいの人が受けてるの?

編集長
編集長

20〜40代までと幅広い年齢の方が検査しています。

35歳以上なら認可施設で受けれるから若い人だけかなと思いきや、そうでもありません。

検査項目の多さや家から近い、何回も行かなくていい、1人で受けれるなどの理由から認可外で検査する人が増えています。

特に働きながらだと3回も休むって難しいですもんね。

編集長
編集長

受けやすさから認可施設ではなく、無認可クリニックで検査する人が増えています。

再検査の費用は?

再検査の費用は無料になります。

妊婦さんの場合、体調がすぐれなかったりしたらうまく検査結果に反映されない場合があります。

そういった場合でも、再検査は無料なので、無駄にならずに済むので安心して大丈夫です。

検査するか迷っています。

編集長
編集長

検査するか迷っている場合でも無料の電話相談で相談することができます。

陽性が出た場合どうしようなど考えると、簡単に受ける受けないを決めることはできませんよね。

費用もけして安い金額でもないし、迷うのは当然です。

怖さも不安も悩みも相談することでしっかりと受け止めてくれるので小さなことでも話すと良いでしょう。

遺伝カウンセリング

・検査でわかることわからないこと

・染色体異常の赤ちゃんについて

・社会的サポートや支援

・陽性の場合どんな対応があるか

・その他検査に関する悩み

編集長
編集長

このようなことについて、丁寧にわかりやすく教えてくれるのが遺伝カウンセラーさんの役割になります。

けして、検査を受けるように促すこともなく、自分自身でしっかり納得した上で検査を受けることができます。

他クリニックのNIPT検査とも比較できるよう、丁寧に相談に乗ってくれるでしょう。

編集長
編集長

遺伝カウンセラーさんと電話で相談できるサービスがあるのでぜひ悩み・不安を相談してみてください。

どんな人におすすめ?

平石クリニックはこんな人におすすめ!

  • 家の近くで検査を受けたい人
  • 遺伝カウンセラーに相談して検査したい人
  • 1回の来院で検査を済ませたい人
  • 細かい項目まで検査したい人
  • 早いうちに赤ちゃんの健康状態を把握した人
  • 赤ちゃんが心配で妊娠生活が楽しめない人

NIPT検査をすることで、早いうちに赤ちゃんの状態を知ることができ、迎え入れる準備をすることができます。

その反面で、陽性だった場合は、9割の方が人工中絶を望むとして「命の選別」と呼ばれることもあります。

しかし、赤ちゃんがどんな状態であっても産むという人はそもそも検査を受けないため、9割りという数字に惑わされる必要はありません。

編集長
編集長

しっかりとパートナーと話し合って、納得して判断することが後悔しない選択に繋がると思います。

まとめ

編集長
編集長

検査を悩んでいるなら受ける受けないは別にして、NIPT受付センターのスタッフに相談してみると良いでしょう。

電話は朝の9時〜夜の22時と長い時間できるため、働いていても合間を見て電話しやすいでしょう。

NIPT受付センターの方は、無理に押しつけることなく相談に乗ってくれるので安心して大丈夫でしょう。

NIPT検査は、ほぼ条件がない無認可クリニックのおかげで、かなり身近なものになりました。

しかし、カウンセリングがない検査のみのクリニックなどもあるのは事実です。

だからこそ、価格だけで選ばずに総合的な判断が必要です。

編集長
編集長

あなたとパートナーでしっかり話し合って、後悔のない選択ができますように。

タイトルとURLをコピーしました