ビギー(Vigiee)の妊娠線予防クリームってどうなの?成分と効果は?

スキンケア

妊娠すれば肌が伸びます。

肌が伸びれば出産してもとに戻った時にシワ、いわゆる妊娠線ができます。

できてからでは遅いんです。

由香
由香

そこで妊娠してお腹が大きくなる前に、皮膚を柔らかくしてくれる妊娠線予防クリーム「Vigiee(ビギー)」をピックアップ!

ビギーに使われている成分やその効果、使った妊婦さんたちの口コミ評判などをまとめました。

ビギーって?

ビギーは妊娠線予防のために生まれたクリームで、柑橘系の爽やかな香りで使いやすいです。

安心成分で作られているのが特徴で、温泉水と水をベースにしながら、ツバキ種子油・オリーブ果実油・コメヌカ油などを配合しています。

由香
由香

保湿と保水をコンセプトにしており、乾燥した肌にたっぷりのうるおいを与えます。

肌が乾燥するとバリア機能が低下し、肌トラブルの原因になるので注意してください。

うるおいを与えるためには水分だけでは不十分で、油分を与えることで水分を閉じ込める必要があります。

水分はそのままの状態だとすぐに蒸発するので、油分でベールを作ってあげる必要があるのです。

ビギーに使われている成分とその効果は?

ツバキオイルの効果は?

ツバキオイルは肌の保湿効果を高め、本来のキメに整えてくれます。

肌の水分量が低下しているときはバリア機能が低下し、肌が非常に傷つきやすい状態になっています。

由香
由香

乾燥した肌は敏感肌を招くことになり、炎症やヒリヒリの原因にもなるので注意です。

オリーブ果実油の効果は?

オリーブ果実油は保水力に優れており、弾力性のある肌を維持したい方に重宝します。

肌に水分を与えるためには、保水効果を意識する必要があります。

由香
由香

たとえば入浴時に湯船に浸かっても、肌内部が保水されることはないでしょう。

肌にはバリアゾーンが存在しており、水分の吸収をブロックするためです。

保水力のある成分はバリアゾーンを通過する作用があるので、肌の内部までプルプルにできるわけです。

コメヌカ油の効果は?

コメヌカ油はミネラルやビタミンを豊富に含有しており、肌本来のキメを取り戻してくれます。

角質まで植物性セラミドが浸透し、うるおいを引き出してくれるでしょう。

プルプルになった肌は乾燥に強く、妊娠線予防のためにも効果を発揮します。

その他成分の効果は?

Vigieeにはそれ以外にも自然由来の成分が豊富に含まれています。

シア脂は35~45度で溶解する性質があり、保湿性に優れているのがメリットです。

バターのような性質を持っており、伸びがよいのでスキンケア用品に多用されています。

ホホバ種子油はビタミンAやビタミンD、ビタミンEなどがバランスよく含まれています。

由香
由香

人間の皮脂に近い性質があり、すーっとなじんでいくのが特徴です。

肌を元気にするためには良質の植物オイルを補給し、乾燥や紫外線から守ることがポイントとなります。

ビギーは肌をプルプルにするために、アセチルヒアルロン酸Na・ヒアルロン酸Na・加水分解ヒアルロン酸という3種類のヒアルロン酸を配合しました。

ヒアルロン酸はたった1gで6リットルの水分を抱え込むパワーを持っています。

さらにグルコシルセラミドとユズ果実エキスという2種類の植物性セラミドを配合し、肌の水分量を維持してくれます。

ほかにも紅藻エキスやアミノ酸のセリン、トコフェロールなどを配合しているのが特徴です。

アセチルヒアルロン酸Naは優れた保水力を有しており、肌にキメと弾力性を与えます。

化粧品によく使用される成分で、乾燥肌が気になる方におすすめです。

ヒアルロン酸Naはしっとりした感触が特徴的ですが、油分による質感とはまた違っています。

由香
由香

水に溶けて肌になじみやすい性質があるので、妊娠線予防に最適でしょう。

グルコシルセラミドはコメ由来の成分で、うるおいと弾力性を維持して肌を守ります。

肌トラブルの多くは保湿不足が原因で発生するので、まずは保湿と保水を徹底してください。

成分以外にもこだわりがつまっているビギー

上で紹介した成分のメリットを引き出すために、ビギーではナノモイスチャー製法を取り入れています。

水と油は相性が悪いことはよく知られており、これらをつなぎ合わせるために界面活性剤が必要になるわけです。

由香
由香

ビギーのメリットは大豆由来の水添レシチンを使用していること。

さらに油の粒子を細分化するために高圧乳化装置を使用し、サラサラした質感を実現させました。

非常になめらかな質感があるので、使いやすいと評判を得ています。

容器はエアレスにこだわっており、常に新鮮に使用することが可能です。

防腐剤など肌に良くない添加物を使用していないので、肌が敏感な方も安心して使えます。

妊娠線予防はベタベタした感触があるものが多いですが、ビギーならその心配はありません。

ビギーの効果的な使い方は?

使い方はお風呂上がり、お出かけ時に使用するのがおすすめです。

お風呂上がりのタイミングは非常に肌が乾燥しており、その状態を放置しておくと妊娠線のリスクが高くなります。

由香
由香

妊娠初期~中期の段階にある方は、お腹にのを描くような感覚で優しく塗りこんでいきましょう。

お腹周りから太もも・お尻などを中心に伸ばしていき、それから骨盤や脇に塗っていきます。

最後は胸周辺に塗っていくことで、気になる部分の乾燥を予防できます。

妊娠中期~後期の場合は下腹部から太もも・骨盤などを中心に塗っていくのがおすすめです。

それから脇・胸という順番に塗っていき、胸周辺に塗るときはマッサージをするのがよいでしょう。

お出かけするときは気になる部分に塗るのがおすすめで、お風呂上がり時より気軽に使用できます。

乾燥や蒸れが気になる部分を中心に塗っていきましょう。

ビギーを使ったユーザーの口コミ・評判は?

ビギーは口コミで高評価だったので使い始めました。塗ってみるとさらっとしてべたつかないのにかなりしっとりで驚きました。そのしっとり感もずっと継続してくれるので保湿力は高いと思います。また若干敏感肌なのですがかゆみなどもなく、香りも柑橘系の穏やかな香りでしたので、つわりの時でも大丈夫でした。とにかく塗りやすくてお風呂上りに気持ちよく毎日塗ることができました。ハンドクリームとしても使えるということでしたので、時々ハンドケアを兼ねて塗ることもありました。出産まで継続して使いましたが本当に妊娠線もでなかったので使い続けてよかったです。もし二人目妊娠したらその時も購入して使っていきたいと感じています。
雑誌に載ってた妊娠線予防クリームビギーを使ってみたのですが、主原料が温泉水というところに安心感を感じて購入。保湿や保水、テクスチャや香りなどこだわりの成分を選びぬいて作られているので、敏感肌な私にとって安心感の非常に高い妊娠線クリームだと思ってます。チューブタイプではなくポンプタイプなのも○。キャップを外してプッシュするだけでクリームが適量出てきます。エアレスボトルという空気が流入しない特殊な仕様になっている容器なので、中身が酸化しにくいのいいですね。使用感も良く、ビギーを手に取って伸ばしている時は少しべたつく感じがありますが、塗り終わってみるとすべすべとした肌感です。出産後はハンドクリームとして使えるのもよかったところで、ハンドクリームとして利用しても納得のいく潤い感があります。
ビギーの良い所はたった1本で保湿と保水が手軽に行なえるということ。妊娠6ヶ月目のお腹の出っ張りが目立つ頃から、妊娠線が出来初めて困っていたところを母からビギーを薦められて購入しました。若干油分が多く、塗り始めた当初は肌にバタつく感覚が気になっていましたが次第になれて毎日朝・夕の2回を塗る習慣になりました。ビギーを塗る前は肌が乾燥していて皮膚が引っ張られる痛みにも悩まされていましたが、使用してから1週間ほどで乾燥は無くなり妊娠する前の潤いのある肌になったことを実感出来ました。おかげで、出産をしたあとも妊娠線は大きくは残らなかったのが良かったです。手軽に使えるクリームでもありいい商品に巡り合えたなって思ってます。
ビギーはクリームの油分が多くて長時間べた付いているのが残念かな。保湿と保水効果にこだわってるクリームなので仕方ないかもしれませんが、朝起きてお腹周りに塗って洋服に着替えると、服にまで染みが出来るほど油分があって驚きました。しかも洗濯を行なっても染みが消えにくくて困っています。それからはビギーを塗った箇所にガーゼをあてがって染みが出来るのを防いでいますが、ちょっと手間が掛かるな~、と。妊娠線は予防できてるので良い製品なのですが、出来ればいまの保水・保湿効果をキープしつつもう少し油分を少なくしてもらえると助かります。また、容器の蓋を全部開けないとクリームが取り出せないデザインも好き嫌い分かれそうかな。
タイトルとURLをコピーしました