温活士の資格って?取得するメリット・受講者の声・おすすめな人など

ダイエット

体が冷えると不調になったり代謝が悪くなったりして、いつまでも暖かくならないこともありますよね。

温活を知ることで不調の原因や冷えを取り除くことができます。

そんな温活について専門的な知識を身につけられる温活士という資格があります。

家にいながらセミナーを受けることができ取得も可能で受講後は実践も可能です。

自分自身にも仕事にも活かせる温活士のメリット・取得の流れを紹介します。

温活士とは?

資格・講座名金額(税込)学習期間
温活士37,400円1ヶ月

温活士は温活に関する知識と技術を学んだ専門家のことで、一般社団法人日本温活協会に認定されています。

温活総論・ミトコンドリアの生理学・東洋医学概論・漢方・食養生・入浴法・灸法・睡眠法・体操法をセミナーで学ぶことができ、その日のうちに家で実践することも可能です。

日本人は昔に比べて約0.7℃体温が下がっていると言われています。

毎日の生活している中に温活を取り入れることで、基礎代謝を上げ体の冷えによる不調を予防することができます。

また、東洋医学では冷えは病気の原因になるという考えもあるので、自分で体を温められると体調管理にも役立つでしょう。

公式ページ
>>「温活士」の公式サイトはこちら

 

温活のメリットは?

代謝が上がりダイエットに効果的

温活で体を温めることで基礎代謝が上がり、カロリーを消費しやすい体になれます。

1℃上げると代謝が13%~15%増加すると言われていて、カロリーにすると約150~200カロリーです。

ご飯100gあたりが168カロリーになっているので、1℃上げるだけでご飯分が消費できますね。

むくみ・血行不良に効果的

体を温めると血液の流れが良くなり、むくみや血行不良に効果があります。

全身に巡る前に血液が冷えてしまって手足が冷たくなったり足がむくんだりと、血液の流れが悪くなることにより血行不良が起こるのです。

お風呂に入って体を温めたりマッサージしたりするとむくみ防止になり、血液の流れも良くなります。

リラックスでき睡眠不足の解消に効果的

手足が冷えていたり体が冷えていたりすると、布団に入ってもなかなか寝付けなくなります。

さらには睡眠も浅くなるため、充分な眠りが取れないまま朝を迎えることもあるでしょう。

寝る前に肩・首元・二の腕の裏をマッサージすると、体の血液の流れが良くなり寝やすくなります。

また、毎日テレビや携帯を見たりすると目も疲れていますよね。

目元には温かいタオルをのせるとリラックス効果がでて疲れが取れます。

つらい生理痛・生理不順に効果的

生理痛はとてもつらいですよね。

お腹とお尻を中心に温めると、お腹の痛さを軽減することが可能です。

お腹はへそから8~10cm下の周りと、お尻の真ん中にある骨の仙骨部分を集中的に温めましょう。

自分で触ってみてわからないときは、腹巻きなどを使用するとお尻・腰・お腹をまるごと温められます。

また、座っているのがつらくない人は足湯で温めてあげると、下半身から血液の巡りが良くなり冷えにも効果的です。

筋肉がほぐれ肩こりに効果的

仕事で座ったままの姿勢で動かない方も多いのではないでしょうか。

デスクワークで座ったままの姿勢を長時間していると、筋肉が固まり冷えの原因にもなります。

長時間座っているときは、肩や首の軽いストレッチをするか一度立って体を伸ばしてあげると筋肉も動き固まりにくくなります。

筋肉が固まらないように適度に体を動かすようにしましょう。

嫌な頻尿に効果的

頻尿になって困るのがトイレのない場所に行ったときですよね。

体が冷えてしまうとトイレが近くなり頻尿の原因になります。

トイレを我慢することでストレスにもなり、お出かけしても楽しめなくなってしまいます。

血液の流れを良くするために散歩をしたりストレッチをしたりして、体の中からポカポカにしていきましょう。

資格取得の流れは?

セミナーに申し込み

養成セミナーを受講するには、一般社団法人日本温活協会が主催するカリキュラムに申し込みをする必要があります。

申し込みは公式のホームページから必要事項記入し送信します。

ネットからできるのは便利ですね。

養成セミナーに参加

セミナーは2日間で終了します。

短い日数で終了するので、仕事をしている場合でも長くお休みを取る必要がなく、安心して受講することが可能です。

また、時間も短く1日2時間、2日間で4時間あればセミナーは終了するので、気を張らずに受けることができます。

会場に行かずにzoomを使用したオンライン開催になるので、パソコンやネット環境が必要になる点に注意しましょう。

一方で、外に出ずに家で受けられるのは便利ですね。

雨が降っても濡れる心配がありません。

試験を受ける

温活士の資格認定試験は郵送になるので自宅で受けることができます。

合格すると一般社団法人 日本温活協会が認定する温活士です。

勉強したことをどんどん実践していくことができます。

自分の名刺に資格取得したことを記載できるので、持っている方はぜひ記載しましょう。

受講者の声は?

温活士の養成セミナーの受講者からは様々な声が寄せられています。

例えば、きっかけでは「温活について調べていた」「具体的に伝えられることや広められる活動をしていきたい」「温活を始めると元気になる」といった声がありました。

また、参加したときの感想には

  • 今日からできる知識がある
  • 資格を取れたことで自信をもって温活を伝えられる
  • 家に帰ってから活かせる

といった声があり、すぐに実践できる知識が学べるということがうかがえます。

こんな人におすすめ!

 

冷え性な人

温活士は体が冷え性な人や基礎代謝を上げたい人・筋肉が固まってしまった人におすすめです。

温活の知識を得ることにより冷えや体の不調を取り除き、ダイエットにも取り入れ実践ができます。

また、実践することで自分の体を知ることにも繋がり、家族や友人にアドバイスもしやすくなるでしょう。

代謝やダイエット・つらい生理痛・頻尿と効果があるので、幅広く温活を利用し悩みの相談にのって解決していくこともできますね。

美容・マッサージ関係で働いている人

その他に、美容関係やマッサージ店で働いている人にもおすすめで、お客様に合わせた方法を施術することも可能です。

カウンセリングの技術も上がるので、お客様の不安を取り除いていくこともできます。

例えば、漢方や入浴法・睡眠法・体操法・食養生とすぐに実践できることも学ぶので、今困っていることに取り入れやすく行動できるのは魅力的です。

温活士として仕事にすることもできるので、悩んでいる方は始めてみてはいかがでしょうか。

受講後すぐに実践ができる!

温活士は専門の知識や技術を学べてすぐに実践が可能な資格です。

セミナーはオンライン受講なので自宅で受講することできます。

また、東洋医学・西洋医学の温活の違いも学べるので、体調にあった温める方法が見つかるでしょう。

自分の体に合った方法を知りたい人はぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか。

公式ページ
>>「温活士」の公式サイトはこちら