メディカルアロマ検定とは?資格の特徴・メリット・取得方法など紹介

アロマ

現代社会では仕事もプライベートも複雑さを増し、心に掛かる負担も増加しストレスを抱えやすくなっています。

メディカルアロマは、現代社会では避けて通れないストレスにより心身のバランスを崩した人にとって助けとなる代替医療です。

また、近代西洋医学を補完する統合医療として注目されています。

この記事では、そのメディカルアロマに関する資格について、特徴や取得方法などを詳しく解説します。

メディカルアロマとは?

資格・講座名費用(税込)学習期間
メディカルアロマ検定48,000円1〜3ヶ月

植物から抽出した成分を含む精油を用いてリラクゼーション効果を得るアロマセラピーは、一般的にもよく知られているでしょう。

メディカルアロマは、そのアロマセラピーに心理学や基礎医学の知識を加えて心身に起きている不調を癒やしたり、機能の改善を図ったりすることです。

通常の医療に置き換えられる代替医療の一種であり、近代西洋医学と組み合わせて近代西洋医学では対応できない部分のフォローができる統合医療として使えます。

近年では、メディカルアロマの持つ力に注目した医療機関が治療に取り入れるケースも増えています。

医療・福祉の現場でも活躍

アロマセラピーは一般の人でも楽しめる趣味の一部として扱われる事が多いでしょう。

それに対してメディカルアロマは、専門的な知識・技術が加わることで医療や福祉の現場でも使えるほどの高度なスキルとして昇華されています。

メディカルアロマセラピストとして活躍する人は、一般的に協会団体から認定を受けた有資格者のことを指します。

メディカルアロマの資格を認定する協会団体は、代表的なところを挙げるならば以下の3つがあります。

  • NARD(ナードアロマテラピー協会)
  • アロマ環境協会(ARAJ)
  • 日本アロマコーディネーター協会(JAA)

それぞれの団体で、メディカルアロマの流儀や学習内容などに違いがあります。

内閣府が認証する日本統合医学協会のメディカルアロマ検定というものもあり、その検定に合格すれば、無名の団体の資格よりも信頼性が高いと言えるでしょう。

公式ページ
>>「メディカルアロマ検定」の公式サイトはこちら

 

学習するメリットは?

スキルを活かして働ける

メディカルアロマ検定について学ぶメリットは、身につけたスキルを活かせる職場で働けることです。

病院や福祉施設で働く場合には、患者や利用者の抱えるストレスや治療に伴う苦痛の軽減ができます。

リラクゼーションサロンのような店舗での施術もできますから、自分の店を持ちたい人にとっては便利な資格です。

上位の資格であるメディカルアロマインストラクターを取得できれば、地域のサークルなどでメディカルアロマの知識・技術を使ったマッサージなどを教える立場にもなれます。

仕事の幅が広がる

医師や薬剤師がメディカルアロマの資格を取得すれば、患者に対して別のアプローチができるというのがメリットの一つです。

患者の希望にあわせて薬を減らしたり、手術後の苦痛を軽減したりと様々な試みができるでしょう。

メディカルアロマという統合医療を組み合わせることで患者の満足度を高めることができれば、患者から頼られる医師や薬剤師になれます。

日常生活に役立つ

他にもメリットを挙げるとすれば、自分や家族の日常生活に役立つことです。

例えば、自分や家族が仕事や家庭のことで抱えているストレスを軽減できます。

あるいは体調不良を改善するためにも、メディカルアロマの知識・技術を役立てることができます。

メディカルアロマのおかげで、健康的な生活を送ることができれば医療費の節約にもつながるでしょう。

資格の特徴は?

オンラインで資格取得できる

メディカルアロマの資格について特徴を挙げるとすれば、住んでいる地方に専門のスクールがなかったとしても、オンラインで資格取得を目指せる講座があります。

オンラインで学ぶ場合には、資格取得後にそのまま有資格者として地元の病院や福祉施設などで働けます。

知識・技術の証明になる

次の特徴は、統合医療として使えるメディカルアロマの知識・技術を客観的に証明できることです。

通常のアロマセラピーというのは、資格を持たない人でもできるものです。

そのため、アロマセラピストを名乗っていても、知識・技術を有しているのかは疑わしい部分もあります。

一方でメディカルアロマ検定を取得して働いている人は、一般的に専門的な知識・技術を持っている有資格者です。

その資格認定を行っている団体には、内閣府認証の協会である日本統合医学協会も含まれています。

そのように信頼性の高い団体から資格を認定してもらえば、有資格者の持つ実力を客観的に証明できるでしょう。

資格の取得方法は?

メディカルアロマの資格を取得したいのであれば、まず専門の通信講座を利用して対象の資格に必要となる講義を受講します。

講義を修了すれば検定試験の受験資格を取得できるので、選択・記述形式の問題で70点以上の得点ができれば合格です。

出題内容および出題数は、受験する資格によって異なります。

もし、不合格になった場合でも再受験が可能です。

また、受講している期間中にすべての課題を終えられなかった時には、手数料を支払って受講期間の延長もできます。

学べる内容は?

メディカルアロマの資格勉強で学べるのは、精油に関するものであれば精油学や統合医学、アロマセラピーに関する基礎知識です。

さらに医療や福祉の現場で必要となる基礎医学、心理学、カウンセリング学、脳神経学、ボランティア概論などの勉強もしていきます。

スクールでは、事前にアロマセラピーに関する知識がなくとも理解できるように、各種講座が用意されているので未経験の人でも心配する必要はないでしょう。

こんな人におすすめ!

メディカルアロマの資格取得をおすすめできる人は、医療や福祉の現場で働く人、あるいは働こうとしている人です。

資格取得のために学んだことを活かせば、患者や施設利用者のケアを効果的に行うことができます。

履歴書にかける資格なので就職が有利になりますし、資格を活かして実績を積めばキャリアアップもできるでしょう。

また、人を癒やすことに興味がある人、自分が癒されたいと感じている人もメディカルアロマの知識・技術は役立ちます。

より深く追求しようとする人ならば、メディアアロマを教える立場にもなれるので挑戦してみると良いでしょう。

まとめ

現代社会で需要が高まっているメディカルアロマの資格は、様々な場面で役立ちます。

自分や大切な家族のために、学んだ知識・技術を使えば、苦しみを和らげ心身に癒やしをもたらすことができるでしょう。

資格取得を目指すのであれば、時間と場所を気にせず学べるオンライン資格取得講座というのもあります。

仕事や子育てをしながらでも資格取得をしてみたい人は、申し込んでみましょう。

公式ページ
>>「メディカルアロマ検定」の公式サイトはこちら