ダイエット検定とは?受験するメリット・試験内容・難易度などを紹介

ダイエット

ダイエットを始めたけどなかなか思うように痩せられない…という人や、ダイエットの知識を身に付けて仕事に活かしたいと思っている人には、ダイエット検定がおすすめです。

ダイエット検定では、ダイエットや健康、美容に関する基礎知識が問題として出題されます。

この記事では、ダイエット検定を受験するメリットや試験内容について詳しく紹介していきます。

ダイエット検定とは?

ダイエット検定とは、健康や美容についての正しい知識を身に付けていることを証明する検定です。

2種類のレベルに分けられていて、2級生活アドバイザーに合格するとダイエットの基礎知識、1級プロフェッショナルアドバイザーに合格するとダイエットの応用知識を持っていると認められます。

また、1級プロフェッショナルアドバイザーに合格すると、日本ダイエット健康協会で提供されているインストラクターコースを受講して、さらに専門的なダイエット知識も学ぶことが可能です。

スポーツトレーナーやエステティシャン、調理師など幅広い分野の仕事に役立つでしょう。

ダイエット検定は毎年3月・7月・11月に試験を実施していて、勉強には日本ダイエット健康協会が発行している公式テキストを使用します。

受検するメリットは?

正しい知識が身につく

ダイエット検定に挑戦することで、ダイエットの正しい知識を身に付けられます。

人間が太ったり痩せたりする仕組みを理解できるようになるため、自分の普段の生活も自然と変わっていくでしょう。

現在ダイエット中の人なら、運動や食事制限と平行してダイエット検定の勉強を進めることで、効率良く痩せられる可能性もあります。

摂取カロリーを減らして消費カロリーを増やせば、体重を下げること自体はできるかもしれません。

しかし数字ばかり気にして無理なダイエットをしてしまうと、体重は減ってもすぐにリバウンドしてしまう可能性が高いです。

リバウンドして体重が増えてしまうと、精神的にも辛くなって前向きな気持ちでダイエットを続けられなくなってしまいます。

ダイエット検定で正しい知識を身に付けることは、ダイエットを成功に導く近道にもなるのです。

家族や友人にもアドバイスできる

ダイエット検定で学べる知識は、自分だけでなく家族や友人がダイエットに励んでいる時にも役立ちます。

正しい知識を学んだうえでアドバイスしてあげることができるので、ダイエットに苦しんでいる人を助けられるのです。

間違った方法でダイエットを続けてしまうと、体調不良や病気を招いてしまう危険性もあります。

ダイエット検定は、大切な家族や友人の健康や美容を守ってあげられる資格でもあるのです。

仕事として活かせる

健康や美容に関する正しい知識が身に付くダイエット検定は、取得しておくと就職や転職の際に履歴書に記入して知識を証明できる資格です。

特にダイエットや健康、美容に関係のある職業の面接だと、知識を証明できる資格を保有しているだけで優先的に採用してもらえます。

入社後研修で知識を身に付ける会社であっても、入社前から知識を学んでいれば研修の負担が軽くなりますよね。

ダイエットや健康、美容に関係のある職業を目指している人は、取得しておいて損することがない資格です。

試験の内容について

ダイエット検定では、どのレベルでも共通して一般教養、歴史、栄養学、解剖学、生理学、他にはスポーツ医学、アロマテラピー、東洋医学など多岐にわたる分野から出題されます。

実際に人にアドバイスすることを想定して、実践に役立つ知識が求められる内容で、出題形式は選択問題や〇✕問題、穴埋め問題、記述問題、計算問題などさまざまです。

BMIを求める計算についての問題やサプリメントを摂取する際の注意点についての問題など、実際のダイエットで役立つ問題ばかり出題されます。

公式の対策講座も

ダイエット検定を開催している日本ダイエット健康協会では、毎年3月・7月・11月のダイエット検定の試験日程が近付くと全国各地で受検対策講座を行っています。

公式テキストを勉強しているだけでも十分対策できるのですが、試験のポイントを教えてもらえるため確実に合格したい人は受けておくのがおすすめです。

ただし、受講料として4,000円から7,000円程度必要となるためご注意ください。

試験の難易度について

ダイエット検定では正解率80%以上が合格基準となっており、合格率は毎回70~80%程度です。

2級生活アドバイザーの試験では家族や友人へのアドバイス、1級プロフェッショナルアドバイザーの試験ではプロとしてお客様にアドバイスすることが想定されています。

2級生活アドバイザーは誰でも受験でき、1級プロフェッショナルアドバイザーは既に2級を取得している人もしくは2級と併願して受験する人でなければ試験を受けることができません。

初めての場合はまず2級から確実に合格を狙うと良いでしょう。

活躍できる職業は?

トレーナー・フィットネス関連

ダイエット検定で身に付けた知識は、トレーナー・フィットネス関連の仕事で役立てることができます。

実際にダイエット検定を受験した人の中にはトレーナーやスポーツインストラクターが多いです。

運動やトレーニングはダイエット目的で始める人も多いため、ダイエット検定で知識を身に付けておくと、トレーニングや指導の際に活かすことができるでしょう。

ダイエット検定を取得していることで、指導を受けるお客さんにも正しい知識を学んでいる指導者なのだと安心してもらえる効果もあるのです。

また、ある程度お客様からの評価などを得てくると、自分で独立や開業するインストラクターもいます。

フリーランスとなると収入面も伸びしろがかなりあるため、そういった意味では夢のある資格かもしれませんね。

医療職

ダイエット検定は、看護師や保健師など医療職の仕事にも役立てることができます。

例えば、看護師の方が受験すれば、糖尿病の患者さんに食事指導をする際に、検定で得た知識をもとに自信を持ってアドバイスができるようになるでしょう。

ダイエット検定では食べ物の栄養や効果についても学ぶため、血糖値が上がりやすい食品をどの食品で代用すればいいのかもわかるようになります。

医療現場とは少し違った観点から学習することで、自分の仕事の幅も広がるのではないでしょうか。

ダイエット検定は自分のダイエット以外にも役立つ

ダイエット検定を経て得た知識は、ダイエットが成功して痩せた後も仕事や日常生活のさまざまな場面で活かすことができます。

家族や友人のダイエットをサポートすることもできるため、快適な人間関係を育むことを後押ししてくれるでしょう。

少しでもダイエット検定に興味を持った方は、まずは公式テキストを購入して勉強を始めてみてはいかがでしょうか。