ペット終活アドバイザーとは?資格の取得方法・費用・学習するメリットなどを紹介

ペット

ペットを自分の家族として迎え入れている方も多いでしょう。

毎日ペットと一緒に過ごすことで癒しをもらえますよね。

今から考えるのは悲しいことかもしれませんが、ペットの終活について知りたいと思ったことはありませんか。

今回は、ペット終活アドバイザーの資格についてご紹介していきます。

取得することのメリットなども合わせてチェックしてみましょう。

ペット終活とは?

資格・講座名金額(税込)学習期間
ペット終活アドバイザー39,600円3ヶ月

「ペット終活」という言葉を初めて聞いたという方もいるでしょう。

終活は人間だけではなく、ペットにも行えます。

ペット終活とは、ペットが生涯を終えるその時までお互いに幸せに過ごすためのものです。

具体的には、ペットが亡くなってから「もっとこうしてあげればよかった」などと後悔することのないようにします。

飼い主の方にとっては、ペットとの思い出を作ることが出来たり、ペットロスの辛さを出来る限り減らしたりすることが出来ます。

また、ペットにとっては、飼い主と共に最期の時まで穏やかに過ごせるようになるでしょう。

公式ページ お申込みをする前に!
>>「ペット終活アドバイザー」の通信講座を資料請求する(無料)

 

学習するメリットは?

ペットとの今を楽しめるようになる

ペットとのお別れを考えると、悲しくなってしまって憂鬱な日々を過ごしているという飼い主の方もいるかもしれません。

しかし、せっかくならペットと楽しい毎日を過ごしたいものです。

ペット終活アドバイザーの勉強をすれば、ペットと飼い主にとってベストな選択が何かわかるようになってきます。

そのため、少しずつペットの最期に向けて準備を進めることができ、今しかない瞬間を思い切り楽しめるようになるでしょう。

前向きな考え方ができるようになる

ペット終活をしっかり行っていないと、ペットロスで深い悲しみをずっと抱えてしまうことになります。

そうなると、ペットがいなくなった後の生活が不安ですよね。

その点、ペット終活アドバイザーの勉強をして準備していれば、前向きな考え方が出来るようになります。

また、学習を進める中で、ペットロスに関する知識も身についていくので、今から心の準備をすることが可能です。

アドバイザーとして活動できる

ペット終活アドバイザーについて学んでいくと、自分が飼っているペットに対して終活をすることはもちろん、身の回りにいる人たちのペットロスを支えてあげることも出来ます。

どのようにすれば悲しみを乗り越えていけるのかがわかるのは大きなメリットだといえるでしょう。

それだけではなく、ペットサロンなどでペット終活アドバイザーとして活動することも可能です。

講座の特徴は?

わかりやすい教材セット

ペット終活アドバイザーの講座で使われる教材は分かりやすくなっているため、初めてチャレンジするという方でも勉強しやすいです。

例が書いてあったり、監修講師による実体験が紹介されていたりするので、知識が頭に入りやすいでしょう。

また、テキストだけではなく映像講義で学習することが出来るというのもポイントです。

映像講義では、動物病院に行ったときにどのような行動をすればいいのか、ペットとの思い出作りは何があるのかなどを学べます。

もちろん、スマホなどでウェブを使って確認問題を解くことも可能です。

1日15分で学べる

仕事をしていたり、家事や子育てをしていたり、毎日忙しく過ごしている方も多いですよね。

この講座では、必要なポイントに絞って分かりやすく学べるようになっているため、勉強時間は1日15分です。

短時間で学習を進められるので、忙しい方でもチャレンジしやすいのではないでしょうか。

また、標準的な学習期間は3ヶ月になっていて、短期間での資格取得を目指している方でも安心です。

安心のサポート

初めてのことにチャレンジする時に気になるのがサポート内容でしょう。

この講座では、勉強をしていて分からないことが出てきたら、専任講師に質問することが出来ます。

そして、添削問題は採点するだけではなく、専任講師からアドバイスももらえます。

その他にも、自分にあった勉強スケジュールの提案を受けることも可能です。

これらのサポートは、学習期間の3ヶ月を過ぎたとしても、700日間は受けられるので焦る必要がありません。

学習のカリキュラムは?

基礎を学ぶ

最初の1ヶ月目では、ペット終活アドバイザーとして必要となる基礎知識を学んでいくカリキュラムが組まれています。

アドバイザーとしての心構えだけではなく、グリーフケアについても学ぶことが可能です。

具体的なノウハウを学ぶ

学習を始めて2ヶ月目には、ペットが終末期に入った時のグリーフケアについて、具体的なノウハウの学習です。

余命告知を受けた場合の乗り越え方や、治療している間のケアなどが分かるようになります。

それだけではなく、どうすればペットと飼い主さんが楽しく過ごせるのかも学べます。

死後のケアを学ぶ

3ヶ月目は、ペットの死によってペットロスになってしまった飼い主をどのようにサポートしていくのかを学ぶカリキュラムです。

ペットロスに関する知識を深められるので、ペット終活アドバイザーとしての活躍に向けて準備を進められるでしょう。

こんな人におすすめ!

プライベートで資格を活かしたいと思っている場合、自身がペットを飼っている方におすすめします。

学習をすることでペットの最期に向けて準備をすることが可能となるでしょう。

ペットの最期を考えて辛くなってしまう方はチャレンジしてみるのもいいかもしれません。

また、家族や友達など身の回りの人がペットロスで苦しんでいたりする方にも向いています。

ペットロスの乗り越え方についての知識を活かして、サポートしていけるでしょう。

そして、自分の経験からペットロスで苦しむ飼い主さんを救いたいと思っている方にも向いている資格だといえます。

ペット終活アドバイザーの資格を取得することにより、動物病院やペットサロンなど、動物にかかわる仕事で自分の知識を活かすことが出来るでしょう。

自分にも周りの人にも役立てられる!

ペットを飼っていると、いつか訪れるお別れの時を考えてしまいますよね。

悲しくなってしまいますが、少しでもお互いが幸せでいられるように知識を身につけることが大切です。

ペット終活アドバイザーの資格は、ペットを飼っている方はもちろん、周りの人をサポートすることもできるので、動物に関わっている方はチェックしてみてください。

公式ページ お申込みをする前に!
>>「ペット終活アドバイザー」の通信講座を資料請求する(無料)