動物介護士&動物介護ホーム施設責任者とは?資格の取得方法や費用など紹介

動物看護士・介護士

ペットを飼っている人の中には、介護のことで悩んでいる人もいるかもしれません。

動物達も高齢になり食事や排泄が上手くできないようになると、介護が必要になります。

そんな動物介護に関する知識やスキルを学びたいと考えている人達に人気なのが、動物介護士&動物介護ホーム施設責任者の資格です。

今回は動物介護士&動物介護ホーム施設責任者がどういうものなのか、学習するメリットなども合わせて紹介していきます。

動物介護士&動物介護ホーム施設責任者とは?

資格・講座名金額(税込)学習期間
動物介護士&動物介護ホーム施設責任者50,600円4ヶ月

年老いた犬や猫の介護を行うスペシャリストが「動物介護士」、動物介護ホームのスタッフとして活躍できる資格が「動物介護ホーム施設責任者」です。

高齢化が問題になっているのは人間だけではありません。

ペットを飼う人が増え犬や猫の高齢化も問題になっているということで、介護のニーズが増えています。

動物の介護を行う専門知識や技術を持った動物介護士&動物介護ホーム施設責任者は、注目を集めている資格なのです。

資料請求ページ お申込みをする前に!
>>「動物介護士&介護ホーム施設責任者」の通信講座を資料請求する(無料)

 

学習するメリットは?

ペットと最期まで穏やかに過ごせる

この講座では、ペットと最期まで穏やかに過ごす方法を学ぶことができます。

家族のように大切にしていたペットが亡くなるのは悲しいことですが、ペットの最期を看取るのも飼い主さんの大切な役目です。

その時、少しでも穏やかに最期を迎えさせてあげたいものですよね。

動物達は老化のサインを出しています。

喋ることができないので、飼い主さんがそのサインをキャッチし素早く対応してあげることが大切です。

適切な対応方法を身に付けておけば、ペットと一緒に最期まで穏やかに過ごせるでしょう。

ペットを介護してあげられる

ペットの正しい介護方法を身に付けられるのも、学習するメリットの1つです。

人間と同じように、高齢になった動物は認知症を発症したり歩行が困難になったりすることがあります。

そういった動物達の介護の仕方を身に付けておけば、自分が飼っているペットが高齢になった時も安心です。

また、動物病院や動物介護ホームなど、様々な場所で動物介護のスキルを活かすことができるでしょう。

講座の特徴は?

初学者目線のテキスト

初めて資格取得を目指す人でも、無理なく学べるように初学者目線のテキストが用意されています。

色々な専門用語が出てきますが、読みやすい文章やイラストを使って解説されているので、初めて目にする内容でもしっかり理解できるでしょう。

文章だけでは分かりにくい部分はポイントごとに写真が使われており、目で確認しながら学ぶことができるので安心です。

現場で学べるスクーリング研修

スクーリング研修制度が用意されているのも本講座の特徴です。

テキストを使って知識を身に付けるだけでは、現場でどのように介護を行うのか分からない部分もあります。

スクーリング研修を受ければ、実際に現場を訪れて指導を受けることができるので、より実践的なスキルが身に付くでしょう。

動物介護ホームを訪れて設備やスタッフさん達の働き方を見ておくことは、開業ノウハウを学ぶためにも重要なことです。

質問は何度でも無料

学習を進めていて分からない部分があった時、スマホで質問ができるサポートが付いています。

いつでも気軽に質問できるのは、学習を進める上で大きなメリットです。

疑問に思ったことを後回しにせず、すぐに専任講師に質問して解決することで、効率的に資格取得を目指せます。

もちろん、何度質問しても追加費用はかからないので安心です。

学習のカリキュラムは?

基礎知識を学ぶ

この講座のカリキュラムは、まずシニア期の基礎知識を学ぶことから始まります。

犬や猫が老化した時にどんなサインを出すのか、身体や性格にどのような変化が起こるのかなど基本的な知識を学ぶカリキュラムです。

また、老化を遅らせるための食事法や運動方法、快適な住環境の整え方なども学ぶことができます。

介護マニュアルを習得する

基礎知識を学んだ後は、実際にペットに対してどのように介護を行うのか学習します。

身体が弱ったペットへの食事の与え方、排泄の介護方法などを学ぶ実践的なカリキュラムです。

エサを自分で食べられなくなったペットに対して胃や鼻から食事を与える方法、自力で排泄できない場合の対処法など、細かな介護方法まで網羅されています。

ペットの病気について学ぶ

シニア期の動物がかかりやすい病気に関して学ぶカリキュラムも用意されています。

どんな症状が出たら危ないのか、動物が出す病気のサインの見極め方なども学べます。

犬がかかりやすい病気、猫特有の病気など、ペットの種類別に詳しく紹介されているのもポイントです。

錠剤や粉薬の飲ませ方、シロップ薬の飲ませ方などペットを飼っている人に役立つ情報もたくさん紹介されています。

開業ノウハウを身につける

カリキュラムの最後は、開業ノウハウを学ぶ内容になっています。

開業するまでの流れやお客様との信頼関係の築き方、必要な設備や道具など開業する時に役立つ知識を学ぶことができます。

動物介護に関することはもちろん、運営する場所の選び方や料金の設定方法など、経営に関わることまでしっかり学べるカリキュラムです。

こんな人におすすめ!

動物介護の仕事に就きたい人

動物介護士&動物介護ホーム施設責任者は、動物の介護に関わる仕事をしたいと考えている人におすすめの資格です。

キャリカレの講座では、動物介護に関する基礎知識はもちろん、実際の介護現場で役立つスキルを身に付けることができます。

また、動物介護士と動物介護ホーム施設責任者という、動物病院や動物の介護施設で働く時に有利になる資格を2つも取得可能です。

老犬や老猫の介護ニーズは増加傾向にあり、動物介護ホームの数も増えています。

有資格者の需要は高くなっているので、資格を取得しておけば就職や転職にも役立つでしょう。

独立・開業したい人

将来自分で開業したいと考えている人にも役立つ資格です。

介護に関する知識やスキルを身に付けるだけでは開業できません。

施設にどのような設備が必要になるのか、業務内容をどうするか、費用のことなど、経営に関わる知識も身に付けておく必要があります。

本講座は介護スタッフに必要な知識だけではなく、開業ノウハウまで学ぶことができるカリキュラムが組まれています。

スクーリング研修制度もあり、動物介護ホームがどうのような施設なのかを現場で学ぶことができるのも魅力です。

ペットを飼っている人

仕事にするつもりがなくても、ペットを飼っているのであれば動物介護の知識を身に付けておくことは大切です。

動物は高齢になると自分で食事や排泄ができなくなってしまうこともあります。

その時、介護の方法を知っている人なら最期まで自宅で介護をしてあげられます。

大切なペットですから、できる限り自分で世話してあげたいという人も多いでしょう。

大切なペットと少しでも長く一緒に生活を送りたい、そう考えている人にもおすめの講座です。

まとめ

動物介護士&動物介護ホーム施設責任者は、ペットを飼っている人に役立つ資格です。

ペットを飼っている以上、飼い主さんが動物の介護をすることになる可能性は十分あり得ます。

また、動物介護に関する知識やスキルは、動物病院や動物介護施設などで仕事をする時にも役立つものです。

動物が好きで何か役立つ資格を取得したいと考えている人は、動物介護士&動物介護ホーム施設責任者の資格取得を目指してみてはどうでしょうか。

資料請求ページ お申込みをする前に!
>>「動物介護士&介護ホーム施設責任者」の通信講座を資料請求する(無料)