動物看護師と動物介護士の違いって?働く場所や仕事内容などを比較

動物看護士・介護士
リズ
リズ

動物に関する資格は色々ありますが、似ている資格として動物看護師動物介護士があります。

どちらも動物の世話を行うことが仕事の1つですが、具体的にはどのような部分が違うのでしょうか?

また、動物看護師には国家資格化するという話題もあります。

国家資格化した場合、仕事内容はどのように変わってくるのでしょうか。

今回の記事では、動物看護師と動物介護士の違いを比較していきましょう。

動物看護師とは?

リズ
リズ

動物看護師とは、動物病院内でのペット・動物の診療時に、獣医のサポートをする役割を持つ仕事です。

動物病院によってはペットホテルを営業しているところもありますし、入院している動物たちもいます。

そんな動物たちのために、安心できる環境を作ったり、検査の補助や施設内の掃除や消毒などを行います。

また、窓口業務も行うため、業務内容は多岐にわたります。

資格としては、

・一般財団法人動物看護師統一認定機構の認定動物看護師

・NPO法人日本動物衛生看護師協会の動物衛生看護師

などの民間資格となっています。

リズ
リズ

基本的には、資格がなくても動物看護士の業務を行うことができるのです。

ただ、動物看護師は将来的に国家資格化する動きがありますので、そのことに関しては後から解説します。

動物介護士とは?

動物介護士は、動物の病気・健康管理や、食生活・しつけなどペットの生活全般に関する正しい知識やスキルを持っており、それを活かして世話をする仕事です。

ペットシッターとしての一面も持つため、ペットショップやホテル、動物病院など動物に関する幅広い業界で働くことが可能です。

資格は民間資格で、

・一般財団法人日本能力開発推進協会が主催し、キャリカレの講座で取得できる動物介護士・動物介護ホーム施設責任者

たのまなの講座で取得できる、一般社団法人日本ペット技能検定協会主催の動物介護士・動物健康管理士・ドッグシッター

などがあります。

リズ
リズ

動物介護士の資格がなくても仕事はできますが、資格があることでより信頼度を高めることができます。

働く場所が違う

動物看護士は動物病院がメイン

リズ
リズ

動物看護師の働く場所は、主に動物病院です。

獣医師が仕事をしやすいような補助を行い、動物たちが不安にならないような環境づくりが必要とされています。

中には、その知識を活かして動物園やペットショップなどで働く動物看護師もいます。

動物介護士はペットホテルや家の中

リズ
リズ

動物介護士の主な就職先はペットホテルやペットショップなど、動物の世話を必要としている場所です。

動物介護士は動物の体調管理だけではなくお世話のプロとしての一面も持つため、ペットシッターとして働いている人も多いです。

動物病院で働く動物介護士もおり、動物病院で動物たちのお世話を主に行う仕事をしています。

仕事の内容が違う

動物看護士は獣医のサポートなど

リズ
リズ

動物看護士の仕事内容は、獣医師のサポートがメインです。

診療の補助を行うため、必要な器具を用意したり、診察中に動物を押え、診察しやすくなるようにするなど、獣医師がもっと働きやすくなるような手伝いをするのです。

他にも、必要なものの発注や電話対応などの事務作業も行うことがありますが、動物病院によって業務内容がかなり異なるため、働きたい場合は業務内容を確認しましょう。

動物介護士は生活上のケア

リズ
リズ

動物看護士の主な仕事は、動物たちが快適に生活できるようなケアを行うことです。

毎日の健康管理を行い、その上でそれぞれの動物たちに必要なケアをします。

太り気味なら餌の量の調節や違う種類のものを検討したり、運動不足なら運動がたくさんできるような環境を整えるなど、その場その場での対応も必要となります。

ペットシッターとしての仕事を行う場合は、事前にどんな性格・体調であるかを確認し、計画表を作成し依頼主と計画を立てるなど、入念な打ち合わせを行ったりもします。

動物看護師は国家資格になる?

リズ
リズ

近年話題になっているのが、動物看護師の国家資格化です。

2019年に愛玩動物看護師を国家資格とすることが国会で可決され、2020年には愛玩動物看護師法の施行日が2022年5月1日になることが閣議決定されました。

動物看護師が国家資格となることで、更なる需要が増すことは間違いありません。

ここがポイント!

国家資格となる動物看護師の名称は愛玩動物看護師となり、対象が犬・猫などの愛玩動物の部類に入る動物となります。

ペットとして飼われている動物は対象となるのです。

対象外は牛や豚などの産業動物です。

愛玩動物看護師の資格を取得することで、現在の動物看護師が行っているような獣医師のサポートだけではなく、採血・一部の投薬・採尿・マイクロチップの埋め込みなど、現在獣医師にしかできない業務を行うことができるため、業務独占資格となるのです。

リズ
リズ

獣医師の仕事軽減はもちろん、動物看護師の活躍の幅がぐっと広がります。

国家資格の有無で就職率も大きく変わりますし、動物に関わる仕事を目指している人にとっては大きな目標になります。

国家資格の試験が始まるのはまだまだこれからです。

これからの情報に期待したいですね。

まとめ

動物看護師と動物介護士の2つはとてもよく似ている資格ですが、動物の医療に関わる仕事と生活のサポートをするという面で考えると全く違う資格であることがわかります。

それに、動物看護師に関しては国家資格化を控えているため、これからはさらに違いが分かれてくるでしょう。

この2つの資格のどちらかを検討している場合は、仕事内容と就職先をしっかり比較して、資格取得を目指しましょう。